いかにして詩人・銀色夏生は生まれたのか?~『銀色夏生 その瞳の奥にある自由』
その瞳の奥にある自由

 詩人・銀色夏生による初めてのムック本。ロングインタビューからお馴染みの
家族写真、対談、一問一答など、ファンサービス満載の一冊。

 最初は詩と写真に惹かれ、20年以上銀色さんの本(つれづれノート)を読み
続けていた私。でも実は最新刊の「つれづれ 19」は読んでいません。

 前作つれづれ 18には「これはちょっと違うんじゃないか」っていう違和感
が大きく、近年は銀色さん自身の(文章の)魅力というよりも、カーカやさくち
ゃん
(銀色さんのお子さんたち)の成長ぶりが知りたくて購読していたようなも
でした。だからもう、買ってまで読まなくていいかな、と。

 しかし、このムックは発売を知ってから、ずっとずっと、楽しみにしていまし
た。もちろん発売日にゲット。付録のポストカードの写真、懐かしい!

 一番うれしかったのは、銀色さんの詩の中で一番好きな「君のそばで会お
う」
「夢の嵐」が再録されていたこと。泣きました・・・。あと、一問一答の中の
「海」という詩にも、泣かされた。
 
 巻末には本人による略歴もあり、いかにして詩人・銀色夏生が生まれたの
か?
 という(?)が解明された感じ。

 これからも「つれづれ」シリーズは続いていくようだし、次はまた読んでみよ
うかな、、な~んて思ってしまう、私なのでした。

 ( 『銀色夏生 その瞳の奥にある自由』 銀色夏生・責任編集/河出書房新社・2010)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

[2010/12/05 17:48] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<突き進む母~『レオニー』 | ホーム | 老上海二題~『紫胡蝶/パープル・バタフライ』 『茉莉花開/ジャスミンの花開く』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/962-f811b5c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!