公園生活~『パーク・ライフ』
パーク・ライフ


 日比谷公園。地下鉄で話しかけてしまった女と再会した「ぼく」。名前も知らない
彼女との、束の間の時間。

 悪人で大ブレイクした作家、吉田修一芥川賞受賞作。併録は『flowers』
都会に生きる男女の掴みどころのない日常を描いた表題作は、正直「これが芥川
賞?」と思ってしまった(すみません)。しかし、選考委員の村上龍氏によれば、
「現代に特有の居心地の悪さと、不気味なユーモアと、ほんのわずかな、あるの
かどうかさえはっきりしない希望のようなものを獲得することに成功している」らし
い。

 『flowers』も共感し難い物語ではあるが、九州出身の主人公(と、その従兄)
がしゃべる九州弁が、『悪人』を思い出させる。小さな会社の中の、複雑怪奇
人間関係。こういう人たちって、いるんだろうなぁ、、と妙に納得させられる、
悲しいリアリティ
。きっと作者は、年賀状を眺めながらこの物語を思いついたん
だろうな。映画化されたら面白いかも。。

 ( 『パーク・ライフ』 吉田修一・著/2004・文藝春秋)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2010/12/02 23:29] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<英国の宝たち~『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 【吹き替え版】 | ホーム | セカンドバージン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/959-9987cfdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!