FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅   ★劇場鑑賞した映画はインスタにアップしています@ruby_red66

美味しい小説~『スープ・オペラ』

スープ・オペラ

 35歳・独身のルイは、還暦間近の叔母・トバちゃんと二人暮らし。ある日トバ
ちゃんがに落ち、家を出て行ってしまった・・・。ひとりぼっちになったルイの
もとに、二人の男性が現れる。

 映画スープ・オペラ原作小説阿川佐和子氏の書いたものは、エッセイ
も含めて初めて読んだ。テレビ番組の司会や雑誌対談のホステスとしてはお
馴染みだったけれど、こんなにも面白い小説を書く人だったなんて・・・。映画
の世界観も大好きだったけれど、小説は映画以上に素敵。映画とキャラクター
は少しづつ違ったりもするのだけど、登場人物の一人一人が、活き活きして、
愛おしくて。。早く読みたいんだけど読み終わるのがイヤで、ゆっくりゆっくり、
読み進んだ。最後には、ルイが自分の大切な大切な親友のような気がして、
ぽろぽろが出た。奈々子のセリフにも共感。

 実は、あの小さな映画が私にもたらした影響は結構、大きいのです! 映画
を観て以来、夕食には必ずスープを一品、作るようにしているのだ。ルイみたい
鶏ガラを煮込んで、というわけではなく、コンソメのキューブや顆粒を使った手
抜きですけど、お野菜たっぷり入れてね。身体によさそうでしょ?

 この小説を読んで、「映画にしたい!」って思って、走り出してくれた方に、心
から感謝したい。そして出来上がった映画が、原作の雰囲気を大切に作られた、
地味だけど温かい作品であったことが、何よりうれしい。

     スープ・オペラ2

 ( 『スープ・オペラ』 阿川佐和子・著/新潮社・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り作品
ジャンル : 小説・文学

2010-11-19 : 読書 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
来年は早起きするぞ! «  ホーム  » 悲しくてやりきれない (でもうれしいこともあった)
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「スープ・オペラ」 阿川 佐和子
雑誌で読んだ阿川佐和子さんのスープのエッセイがあんまり美味しそうだったんで、小説「スープ・オペラ」を読んでみました。 ルイは小さいころ母親に死に別れ、母の妹・トバちゃん(とうこおばちゃん)に育てられる。 あるときトバちゃんが年下の医者と恋に落ち、家を...
2011-06-15 00:20 : 日々の書付
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

真紅さんへ
私も阿川佐和子さんの小説ははじめて読んだのですが、こんな面白い本を書く人だったとは知りませんでした。
阿川さんの食の描写がすごくおいしそうだったので、今はエッセイ「残るは食欲」を読んでいます。

そのエッセイによると、トニーさんのモデルになった男性がいるのだそうです。
2011-06-15 19:55 : 日月 URL : 編集
日月さん、こんばんは! コメント&TBありがとうございます。
私、この小説(と映画)大好きなんですよ。。だから立ち寄っていただけてとってもうれしいです♪
『残るは食欲』ってすんごいタイトルですね(笑)。面白そう~。
そしてそして、なな、なんとトニーさんのモデルさんがいるですと!!
それは読んでみないとですね。。情報ありがとうございました♪
2011-06-15 20:02 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Archives

Search this site

Thank You!