「女は一人にかぎる」のか? ~『言い寄る』 『私的生活』 『苺をつぶしながら』
言い寄る 私的生活 苺をつぶしながら

 大阪のマンションで一人暮らす31歳のデザイナー、乃里子を主人公にした三部
作。彼女の結婚前の独身生活、結婚生活、離婚後の独身生活が、軽妙洒脱な大
阪弁で活き活きと描かれる。初出は30年以上前で、2007年に講談社から復刻出
されたもの。そんな昔(?)の物語だとは信じ難いほど、ここに描かれる男女の
心の機微
は、現代に通じると思う。

 あるブロガーさんが紹介されていて、田辺聖子を何十年ぶりかで読んだ。登場
人物たちが、本当にこの街で生きているように、自分の知り合いのように思えて
くる。大阪という土地と、方言への愛情も嬉しい。

 自他共に認める「いい女」の乃里子は、怖いものなしの発展家。自由奔放に、自
らの欲望に忠実に生きる姿が眩しくて仕方がない。怖がりで臆病で、冒険を避け
てきた自分の生き方が、情けなくて悔しいよ・・・。

 しかしそんな乃里子でも、恋い焦がれた五郎にはついに言い寄れず、「相性」
いい財閥の御曹司・剛と結婚する。剛は乃里子より二つ年下の色男。東神戸の海
が見えるマンションでの新婚生活は、芸術家仲間と疎遠になり、嫉妬深い剛に半
ば監禁されている状態。そんな「刑務所」から「出所」し、「看守」の剛と乃里子は
別れる。「人間が幸福になるには離婚すべきだ」。再び人生を謳歌する乃里子だっ
たが、大雨のある日、剛と偶然再会する・・・。

 してもしなくても後悔するのが結婚、とは昔々から言われ続けている。どうして
結婚したら、ときめきや幸福感が消えてしまうんだろう。女は、結婚したら大抵苗
字が変わるわけで、結婚相手の家族とも良好な関係を築かねばならない。それ
が案外難しくて、ストレスを感じないわけがない。係累の煩わしさに疲れるのは、
女だけなんだろうか。

 一人を満喫しながら、それは一人で死んで行くことだと気付く乃里子。再会し
た剛と、あわや元サヤか? というギリギリのところで、物語はやわらかく着地
する。男と女を巡る、普遍的な真理。読み終わったとき、古い唄が胸の奥から
聴こえてきた。

 思い出を燃やし尽くしたら 男と女には 友情が残るはず

 ( 『言い寄る』 『私的生活』 『苺をつぶしながら』 田辺聖子・著/2007・講談社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2010/10/02 00:00] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<調和と解放~『食べて、祈って、恋をして』 | ホーム | 軍神の妻~『キャタピラー』>>
コメント
真紅さん、こんばんは☆
ものすごくご無沙汰しておりますが、お変わりありませんでしょうか。
昨日は、嬉しかったです。ありがとうございます。
明日から早速お天気心配しつつお弁当作り・・・モードに突入です~

ところで、わ、田辺さん。
しかもこの3部作。めちゃめちゃ好きです。宝物くらいに。
乃里子は昔から大好きなのですけど、30過ぎてからは剛のいい男さ加減がよーくわかるようになりました。(ほんまかな)
なんの予定もなくて、のんきに転がって田辺さん読んでるときが至福です。
年齢と共に お と感じる部分がすこ~し変化するのも。

また遊んでください♪
[2010/10/01 20:14] URL | 武田 #4ARdecsc [ 編集 ]
武田さん、こんにちは♪ こちらこそご無沙汰しておりました。コメントありがとうございます!
さて、明日の天気ですが、、微妙~ですね。強行するかもな~、ですね。

武田さんも田辺さんお好きですもんね~。
この本は、最近離婚された方が紹介されてまして。久々に、田辺さん読んでみたい!と思ったんです。
ずっと以前に読まれたんですね~、さすが!
私も、もっと若い頃に読んでいたらよかったな~と思いました。
でも、今だからこそわかるアレコレもありますよね。
年を経るに連れて、感じるところが変わって来る小説かもしれません。
剛は離婚前はゴーマンDV男でしたが、離婚して随分丸くなったんだと思います。
いい男だけど、毛深い人はダメだわ(爆)。

こちらこそ、またお邪魔させて下さいね~。
[2010/10/02 15:38] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/919-8998918a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!