最強の夫婦~『ストーリー・セラー』
ストーリー・セラー

 プレゼント包装された美しい装丁のこの本は、ライトノベル作家・有川浩さん
の新作。「面白い物語を売る」というコンセプトで作られたアンソロジーに提供
された「Side:A」と、単行本化にあたり書き下ろされた「Side:B」の二篇から成
る。どちらも夫婦の物語で、作家の妻と彼女を支える献身的な夫、という設定。

 有川さんは以前NHKの『トップランナー』に出演したとき、自ら夫のことを「あ
の人私の外付けハードディスクなんですよ」
とノロケていた。本作を読みながら、
この作品は有川さん夫婦がモデルなのでは、、と誰もが思うのではないだろうか。
最愛の伴侶の死、というショッキングな出来事はフィクションであるとしても(いや、
絶対にそうだと願うが)、主人公の「彼女」が夫に向ける感謝のまなざしや、「彼」
が妻を思う愛の深さは、トゥルー・ストーリーなんじゃないかと思う。

 「書ける側」、翼を持って飛ぶことができたものの心労や払った代償もリアル
描かれていて、有名税とはこれほど過酷なものなのかと胸が痛む。

 有川さん、逆夢は起こせましたか。

 ( 『ストーリー・セラー』 有川浩・著/新潮社・2010)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

[2010/09/15 21:49] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<淋しい人間が多過ぎる~『悪人』 | ホーム | 情熱の行方~『瞳の奥の秘密』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/910-453f6677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
有川浩『ストーリー・セラー』
以前読んだアンソロジー「Story Seller1」 に収録されていた有川さんの作品「ストーリー・セラー」、それに新たに書き下ろしのSideBを加えた作品です。 アンソロジーで読んだ時も、ちょっと有川さんぽくないなーと思ったり、暗めのテイストでそんなに好
[2010/09/17 11:08] 日々のつぶやき
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!