僕が僕であるために~『カラフル』
カラフル

 黄泉の国への入り口で「プラプラ」と名乗る少年に呼び止められた「僕」。抽選
により、輪廻のサイクルへの再挑戦が認められたのだという。それは小林真とい
瀕死の中学生の魂に入り込み、「ホームステイ」して自らの犯した罪を思い出す
と言う修行だった。

 森絵都の小説を原作とする、原恵一監督によるアニメ映画。原恵一と言えば、
『河童のクゥと夏休み』の監督・脚本を担当した方。あの作品は自宅鑑賞だった
のだけれど、本当にいい映画に画面の大きさなんか関係ない、とつくづく思わせ
てくれた名作だった。そして期待通り、本作も胸にグッとくる映画でした。ハンカ
チ必須。中学生以上は必見
です。

 「小林くんは、いつも一番深いところを見つめていた。この世界の悲しみの
  全てを受け止めていた」


カラフル2

 いじめや背が低いことへのコンプレックスに悩み、母の不倫現場を目撃したこ
とで衝動的に自殺してしまった真。もう一度人生を生き直すことで、彼は「人生
は明日があるだけで素晴らしい」
という、当たり前過ぎてなかなか気付けない、
大切なことを学んでゆく。学校の行き帰りや昼休み、挨拶したり、誰かと肩を並
べて歩けるだけで、心が震えるほどうれしいと感じる真。ずっと、ずーーーっと、
君は寂しかったんだね。そんな真には、コンビニの前で友だちと食べる肉まん
とフライドチキンが、何ものにも代え難い御馳走になるのだ。
 最後にプラプラは正体を明かすけれど、ラストシーン、真の「初めての友だち」
早乙女くん
こそが、真の守護天使なんじゃないかと思った。

 「生きてるよ、ちゃんと」

 声優さんも皆いい仕事をしていたと思う。真の両親、麻生久美子さんと高橋克
さんはさすがにすぐわかった! そして驚いたのは真をずっと見ていたメガネ
少女(大木凡人似)・佐野唱子
。なんと、宮崎あおいちゃんだったとは・・・。全然
わからなかった。彼女、やっぱり巧い女優さんなんですね。そしてこれは『クゥ』
でも感じたことなのだけれど、唯一の難は絵がかわいくないこと! これは好み
ですから仕方ないですね。

カラフル3

 どんなに孤独であろうと、人は決して一人で生きているわけではない。誰かに
支えられて、誰かの支えになって生きているんだ
。中学時代って、なんだかいろ
いろあって難しいけど、誰もが通る道だから。エンディングテーマもよかったけれ
ど、何故か私の頭の中ではミスチルの『彩り』が回っているのだった。

 ( 『カラフル』 監督:原恵一/2010・日本)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カラフル - ジャンル:映画

[2010/09/01 08:52] | 映画 | トラックバック(20) | コメント(13) |
<<DRAGON RIDERS ~『ヒックとドラゴン』 【2D・吹き替え版】 | ホーム | ああ青春~『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』>>
コメント
真紅さま
〈絵がかわいくない〉のは残念ですね
アニメの大きな部分を占めますものね
でも内容は魅力ある作品に仕上っていそうで
興味が湧きました
私は宮崎アニメより好きかもしれません
いまは映画館にあまりいけませんから
DVDが出たら観てみたいと思います!
[2010/09/01 09:19] URL | Maria #3m4C9JA6 [ 編集 ]
真紅さん、おはようございます。
この作品ちょっと地味目に公開中ですが本当に良作ですよね~!
>早乙女くんこそが、真の守護天使
本当にその通りですね。
クラスメート全員が自分の敵と思っていても心を開いてみたら絶対に理解しあえる人物はいる。
真がそれを知らずにあのまま死んでしまわなくて本当に良かった。
2人で1日玉電の廃線跡めぐりをするエピソードは素晴らしかったですね。
声優陣もそれぞれナイスでした。
宮崎あおいちゃんがうまいのは言わずもがな・・・ですね。
確かに佐野さん大木凡人はいってました。(笑)
[2010/09/01 09:29] URL | sabunori #JalddpaA [ 編集 ]
ミスチル「彩り」がピッタリですよね!

早乙女くんの存在に泣けたぁ~

まっすぐなメッセージが響く良い映画でした。
[2010/09/01 10:08] URL | AKIRA #- [ 編集 ]
Mariaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうなんですよ、でも絵は好みですから。。
私も『クゥ』のときはなかなか映画館に行く時間が取れず、やむなく自宅鑑賞になりましたがとても感動しました。
だからこの作品も、ご自宅で鑑賞されてもきっと大丈夫だと思いますよ。
是非是非ご覧くださいませ~♪
[2010/09/01 17:10] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
sabunoriさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
この映画、sabunoriさんの記事を見かけなかったら観逃していたと思います。ありがとうございます!
早乙女くんのやさしさに感動しました。きっと一番後ろの席から、ずっと真を気にしてくれていたんだろうな、と。
学校って、ある意味自分を殺してみんなに合わせないといけない場所なんですよね。
でも、校外だったら意外とみんな違う顔を持っているものなんだと思います。
真が早乙女くんと、教室以外での時間を共有できてよかったと思いました。
佐野さん、、彼女は強いですね。佐野さんにも守護天使がいてくれたらいいなと思いました。
[2010/09/01 17:17] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
AKIRAさん、こんにちは! コメント&TBありがとうございます。
♪僕のモノクロの毎日に~~♪ ですよね^^
早乙女くん、ホント善い人でしたね~。
良作だったと私も思います。
[2010/09/01 17:19] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん~、これ原作を少し前に読んだんだ。
映画版はどんな感じなのかな・・・って気になっていたんだ。なかなか良かったみたいだね(^▽^)クゥも良かったもんね。絵は確かに・・・・うん・・。

私は原作で、援●してる女子(自分のこと、やたら名前で呼ぶ)が苦手でね・・・その子は映画ではどんな風になってるのかな・・。
内容はとても良かったと思うし、特に真紅さんがツボだった部分は私が本を読んでジーンと来た部分だったよ。
ただ、なにも援●してるキャラがいなくても・・・って思っちゃったんだけどね(^^ゞ

スパムになっちゃったので、黒●で隠したよ。
[2010/09/02 08:44] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
こんにちは♪
私もこれ原作を読んだわ。
子どもは感想文も書いたし・・。
メッセージ性のある作品なので思春期の子どもにも見せたいよね。
そうなのね・・絵は好みが分かれるのね?
尾崎さんのカバーが流れるようなので
ちょっとみてみたいな・・
でもDVDかな・・・
[2010/09/02 14:42] URL | みみこ #mQop/nM. [ 編集 ]
latifaさん、こんにちは。コメントありがとうございます~。
うん、これなかなか良かったですよ。もう、泣けて泣けて。。
私は原作を読んでいないから先入観なくすっと観られたし。

映画の中では「サポートしてくれてる」って言い方してましたわ。
で、その子は南明奈が声を演じてたんだけど、結構重要な役回りだったよ。
八方美人なんだけど憎めない子、っていうキャラ設定で、彼女に真が言うセリフもすっごくよかったな~。
真の成長を表わしてるセリフだった。人間にはいろんな面があって、それを丸ごと受け入れよう、みたいな。。
機会があったら観てみてね~。
[2010/09/02 21:45] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
みみこさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
これ児童文学が原作なんですよね。私も原作読んでみたいと思いました。
お子さん、凄いな~。うちの子、もう一生読書感想文から逃げ回る気みたい^^;
絵はね、すっごい写実的な描写もあり、でも人物がちょっとかわいくないと言うか・・・。
まぁ、これは好みですが。
お子さんとご一緒に、是非DVDででも鑑賞してみて下さいね~。
あ、歌もいろいろ流れますが、とってもよかったですよ♪
[2010/09/02 21:50] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは。
あわっ・・・上に自分のコメントが==

いやぁ~~良かったです。
本よりも感動しちゃったかも。
見たのは1ヶ月くらいまえに、旦那とだったんだけどね。
後半は、泣けちゃった~~。
あと、あおいちゃんは、やっぱりすごいね!
[2011/08/04 10:18] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こんにちは~。コメントありがとう!
この映画のこと、私今でも時々思い出すんだよね。。いい映画だったなぁ~って。
ダンナさまも感動してはったかしらん。
あ、原作はまだ読んでないなぁ。
あおいちゃん、今何かと話題だけど(汗)、やっぱり巧い女優さんだなって再認識しますよね。
好きじゃ、ないんだけどね。。ハハハ
[2011/08/04 20:34] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/05 10:39] | # [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/903-c3bfe4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カラフル
「おめでとうございます!あなたは抽選に当たりました」 死んで魂となった「僕」は自殺して死んだばかりの中学3年生、 小林真の身体に一定期間「ホームステイ」することになる。 本当の「僕」が一体なぜ死んだのかもわからないまま小林真としての生活を スタートする
[2010/09/01 09:22] 龍眼日記 Longan Diary
カラフル
公式サイト。森絵都原作、原恵一監督、(声)冨澤風斗、宮崎あおい、南 明奈、まいける、入江甚儀、藤原啓治、中尾明慶、麻生久美子、高橋克実。冒頭、白い光が遠くから光っているだけの世界がだんだんぼんやり浮かび上がって来る。そこはおよそカラフルではない駅だ。いっ
[2010/09/01 09:36] 佐藤秀の徒然幻視録
Colorful カラフル/冨澤風斗、宮崎あおい
先日感想をアップした森絵都さんの同名小説「カラフル」をあの傑作アニメ『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督が映画化したアニメーション作品です。劇場予告編もとても好印象で楽しみにしていましたが、この物語の結末を知った上での鑑賞がどうなるのかがちょっと気がかり...
[2010/09/01 09:39] カノンな日々
カラフル
十人十色の輝き。  
[2010/09/01 10:05] Akira's VOICE
カラフル
8月1日(日)@よみうりホールで鑑賞。 休みの日の試写会だから当てたかったが外れた。 まあ、いっかってことであきらめていたら、rose_chocolatさんから嬉しいお誘いがあり、急遽行って参りました。 rose_chocolatさんありがとうございました。 それにしても、暑い...
[2010/09/01 11:04] あーうぃ だにぇっと
カラフル
<<ストーリー>>突然現れて当選を告げる天使の計らいで、死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年・真の体に“ホームステイ”...
[2010/09/01 16:54] ゴリラも寄り道
『カラフル』 行き先はどこでもいいのか?
 【ネタバレ注意】  『カラフル』のエンディングで、THE BLUE HEARTS の名曲『青空』のカバーが流れる。  その歌詞には、こんな一節がある。 ...
[2010/09/01 21:11] 映画のブログ
『カラフル』・・・“生きてる?”from P
待望の原恵一監督最新作! なんだかんだ言ってこの夏私が一番楽しみにしていたのが本作『カラフル』である。温かさに優しさ、そして時には残酷さをも容赦なく描きあげる原テイストは今回も如何なく発揮されていた。 あ~やっぱり原監督の世界はいいなあ。今のところ私に...
[2010/09/01 21:39] SOARのパストラーレ♪
カラフル
直木賞作家・森絵都のベストセラー小説のアニメ化。罪を犯した魂が抽選に当たり、自殺した少年の体を借りて現世にホームステイするというファンタジードラマ。監督は『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の原恵一。声の出演は宮崎あおい、麻生久美子、高
[2010/09/01 22:13] LOVE Cinemas 調布
カラフル・・・・・評価額1750円
原恵一監督の最新作「カラフル」は、ファンタジーの形で魂の再生を描いたホームドラマ。 制作は「ガンダム」などで知られるサンライズで、同...
[2010/09/01 22:39] ノラネコの呑んで観るシネマ
カラフル
森絵都の名作児童文学を『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ 帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督でアニメ映画化した感動 ファンタジー・ドラマ。死んだはずの主人公が天使から再挑戦のチャンスを もらい、自殺した少年の体を借りてその家族や周…
[2010/09/01 23:33] だらだら無気力ブログ
【映画評】カラフル
生まれ変わって新しい身体を手に入れた〈ぼく〉の魂が、友情を育む中で成長していく姿、彼の家族の再生を描いた青春ファンタジー。
[2010/09/02 00:09] 未完の映画評
人生はカラフル アニメ編
1日のことですが、映画「カラフル」を鑑賞しました。 死んだ主人公の魂が 当選によって 天使により 自殺した少年 真の体にホームステイすることになって・・・ なんともファンタジーな感じながらも その後はあくまで普通の青春劇 派...
[2010/09/07 17:41] 笑う学生の生活
カラフル
一度死んだ魂が別の人間の体に入り込んで新たに生きるというポジティブな再生ドラマ。直木賞作家・森絵都の同名小説を『クレヨンしんちゃん アッパレ!戦国大合戦』、『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督が映画化したアニメ作品。物語:ある罪を犯して彷徨っていたひとつ...
[2010/09/14 10:18] パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
『カラフル』'10・日
あらすじ突然現れて当選を告げる天使の計らいで死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年真の体に“ホームステイ”をすることに・・・。感想KAT-TUNの田中聖主演で、ひっそ...
[2010/09/23 22:22] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
カラフル
直木賞作家の森絵都のベストセラー小説を、「クレヨンしんちゃん」シリーズや「河童のクゥと夏休み」などで知られる原惠一監督がアニメ映画...
[2010/09/25 00:21] 単館系
「カラフル」
エンドクレジットに主題歌が流れる映画って多いけど、ほとんど映画と関係ないような耳触りがいいだけの曲ばかりの中で、この映画の主題歌は今年ピカいちだな。 既製曲よ。ブルーハーツの「青空」のカバー。 だから、...
[2010/10/23 17:30] 【映画がはねたら、都バスに乗って】
カラフル(原恵一監督)
『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 』、『河童のクゥと夏休み 』が 大好きな作品になった原恵一監督の作品とあれば、 是非観に行かなくては! しかし、公開終了間近に行った映画館は満席でした。(T^T) 評判良かったのに、あまりやってなかったんですよね。 ...
[2011/06/03 01:58] 映画、言いたい放題!
カラフル
Colorful カラフル ★★★★☆(★4つ) ボクは、一度死んだ。 気がつくと、僕は小林真だった。 前世で罪を犯したボクは抽選に当たり、自殺したばかりの小林真の体に入り、もう一度下界に戻って再挑戦するチャンスが与えられる。家族、友人を新たな目で見て、ボクは
[2011/06/20 15:19] 食はすべての源なり。
から揚げと肉まんだけでも世界の色は変わる ─ Colorful(カラフル) ─
─ Colorful(カラフル) ─ 直木賞作家・森絵都の同名小説を映画化したアニメ作品「colorful(カラフル)」をレンタルで鑑賞。さてその内容ですが、一度死んだ魂が人間界で新しい身体 ...
[2011/06/24 12:47] Prototypeシネマレビュー
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!