優しい先生~『神様のカルテ』
神様のカルテ

 信州の総合病院内科医として勤務する栗原一止は、深夜の救急外来で
奮闘していた。写真家の妻・榛名との初めての結婚記念日も失念してしまう
ほどの激務に疲労困憊する彼に、大学病院への復帰が打診される。

 自らも医師である、夏川草介氏のデビュー作。小学館文庫小説賞受賞作
本屋大賞にもノミネートされ、堂々の2位だった作品。櫻井翔くん、宮崎あお
いちゃん主演で映画化
されるそうで、もうすぐ続編も出版されるらしい。う~ん、
これはなかなかピッタリなキャスティングではないでしょうか。

 お医者さんで、かつ文章も書かれる方、多いですね。渡辺淳一さんとか、
井万起男
さんとか。やはり、それだけ頭が良くて、才能豊かであるということな
のでしょう。

 孤高のメスでも描かれていましたが、地域医療に従事するお医者様には、
本当に頭が下がります・・・。大学病院で、専門的な高度医療を研究することも、
必要だということは勿論わかっています。しかし、救急外来を365日、24時間
開放している病院
に勤務するということが、どれほど過酷なことであるか。。
そこには、報酬や労働時間では計れない「重み」が存在すると思うのです。

 本庄病院での日常を縦糸に、一止が暮らす「御嶽荘」での人間模様を横糸に、
物語はバランスよく展開します。一止は文語調でしゃべり、夏目漱石の『草枕』
を全文暗誦する「変わり者」ですが、このキャラは作者自身を投影したものなの
でしょうか? ペンネームに表れていますね。作者が一止のようなやさしい好人
物であるか否かは別として、作者自身の経験が存分に物語に取り入れられてい
るのは間違いないでしょう。

 ちなみに、装画はカスヤナガトさん。中村佑介さんではないです、念の為(笑)。

 ( 『神様のカルテ』 夏川草介・著/2009・小学館)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2010/06/22 23:31] | 読書 | トラックバック(7) | コメント(2) |
<<14歳の地図~『リリィ・シュシュのすべて』 | ホーム | 静かなる反戦映画~『マイ・ブラザー』>>
コメント
真紅さん、こんにちは☆
そうそう、桜井翔君だってね?私はちょっとイメージ違ったよ。あんなにカッコ可愛い子じゃなくて、う~んと・・・しいていえば、ルックス(かお)は、乙武君っぽい感じで、性格は、もうちょっとオープンじゃなく、閉鎖的にしたイメージだった(なんかはちゃめちゃな表現だな)
知ってから読むのと、知らずに読むのとじゃ、読んでいる最中とかの意識が違うよねー。

で、リリィシュシュ、見たのね・・・?
今記事見てびっくり!あの子(また名前が出て来ない・・・)、こんなに少年ぽくて可愛らしかったんだね。 そうなんだよ・・・すごい酷いイジメで、辛すぎる映画なのにもかかわらず、映像とかが綺麗で、残酷度が増してるのよね・・・
あおい優ちゃんもまだ若かったでしょう?若いって変だね、幼かったという方が合ってるかな。
あの畑の緑の青々しいシーンが、印象に残っています・・・。
[2010/06/24 09:00] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こんにちは~。コメント&TBありがとう~。
私も、もっと早く読んでいたら櫻井くんは絶対頭に浮かばなかったと思う!
とは言いつつ櫻井くんって、何故か白衣のイメージが合うわ。私の中では、お坊ちゃんかつインテリ、という印象なんですよ彼って。
だからそう違和感はないかな~。
でもあおいちゃんは納得よね~。
キャスティングってホント難しいよね。

リリィシュシュ、WOWOWさんが放映してくれたんで観れました^^
最近、自宅鑑賞の映画はほとんど感想書く時間がないんだけど、これは何か書いて記録に残したいと思ったわ。
市原くん、ホントあり得ないくらいかわいらしかったよ。。でも、イタイケでね、可哀想な役だったよ。。しくしく
もう、星野って悪ガキグループの頭、マジで憎んでしまったわ。
ホント、風景とか綺麗な分、残酷さが際立って。。罪深い映画ですよね。
蒼井優ちゃん、この頃から演技巧いな~、と思いましたわ。
顔が全然変わってないよね~、微笑ましいです。
[2010/06/24 19:58] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/871-aaab1cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
1週間読書のまとめ
最近読んだ本をまとめてUPします★ありがとう、さようなら・・・瀬尾まいこ【STORY】せんせいの毎日はありがとうに満ちている、そして訪れる、さようなら。小説みたいな瀬尾まいこの毎日。「僕は先生のことを愛しています。今度のテストで100点取るので結婚してください...
[2010/06/23 15:26] C'est joli~ここちいい毎日を~
「神様のカルテ」 夏川 草介
私もこんなお医者様に診てもらいたい
[2010/06/24 09:02] ポコアポコヤ
本『神様のカルテ』夏川草介
「古めかしい言葉遣いの栗原一止、地方の総合病院の内科医である。 医局に属さずこの病院で激務に追われている毎日。 大学病院からの誘いを受け迷う一止だが、カメラマンの妻、同じアパートの住民、患者やナースと触れ合う毎日の中で急がず自分らしく結論を出していく
[2010/06/29 09:50] 日々のつぶやき
夏川草介『神様のカルテ』
神様のカルテ夏川 草介小学館このアイテムの詳細を見る 今回は、夏川草介『神様のカルテ』を紹介します。2010年に発表された本屋大賞第2位の作品。現役の医師が書いた作品だそうだ。 主人公は、栗原一止(くりはらいちと)といい、5年目の内科医である。夏目漱石に影響さ
[2010/08/03 17:55] itchy1976の日記
いいお話です。
小説「神様のカルテ」を読みました。 著者は 夏川 草介 地方病院で働く 青年の心温まるお話 なんとも、いい話です 誰も傷つかない よさがありますね 出てくる人が 皆さんいい人ばかりで ちょっと ファンタジーを感じるほどに・・・ 病院を舞台にしているため そこに...
[2011/06/19 17:56] 笑う学生の生活
「神様のカルテ」/夏川草介
「神様のカルテ」夏川草介(小学館) 夏川草介氏自身が現役の医師。2010年本屋大賞2位。現役の医師でもある夏川草介さんの2010年本屋大賞第2位に輝いた作品です。8/27から公開される『神様のカルテ』の原作。主人公・栗原一止が&amp;ldquo;24時間36...
[2011/08/02 17:34] 京の昼寝~♪
神様のカルテ (夏川 草介)
主人公は栗原一止という名の、 夏目漱石を敬愛する内科医。 信州の小さな病院で働いています。 この病院は慢性的な医師不足で、 専門以外の診療をすることも常態化、 そして激務ゆえいつも睡眠不足。 そんな日々を送る栗原に、 最先端の医療を学ぶことができる、 母校...
[2011/08/03 19:29] 花ごよみ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!