映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

なぜマイケルは誤解されたか~『マイケル・ジャクソン』

マイケル・ジャクソン

 新しいマイケル・ジャクソンの教科書の著者による、MJ本第二弾。新書であ
ることで、間口がぐっと広がったのではないでしょうか。そのものズバリ、なタイ
トルに、著者の「覚悟」自信、矜持が伺えます。またブックデザインが非常に
カッコイイ
のですが、講談社現代新書って中島英樹さんが装幀されているので
すね。COOL!

 著者によると、この本は「大きく誤解されている93年の「少年虐待疑惑」につい
て真正面から切り込んだ、日本で初めての本」
ということらしい。しかし私は、MJ
の最後の日々を鮮明に焼き付けた映画THIS IS ITについての記述(第五章)
が、この本の白眉だと思う。もう、今すぐにでもあの映画が観たい! という気持
ちになります。(恐らく)日本で一番、MJを愛している西寺さんだからこその、臨
場感溢れる文章だと思う。そして欲を言えば、ジャクソン兄弟に言及する箇所を
削って、MJのキャリアのハイライトである「モータウン25周年」ライヴについて、
触れてほしかったと思う。

 今月25日の命日には、『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』
いうドキュメンタリー映画も公開されるMJ。WOWOWMJ特集を組むようだし、
まだまだマイケル熱は収まりそうにない。

マイケル・ジャクソン2

 ( 『マイケル・ジャクソン』 西寺郷太・著/講談社・2010)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン
ジャンル : 音楽

2010-06-01 : 読書 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

真紅さま
こちらで以前紹介されていた西郷さんの前著はなかなか読めそうにないなぁと思っていましたが、新書であれば手が出しやすいとさっそく買って本日読み始めました。記事アップ、本当に感謝します。
2010-06-13 02:21 : ぴかちゅう URL : 編集
ぴかちゅうさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうなんです、新書ってとってもありがたいですよね~。
読み応えのある本だと思いますので楽しんで下さいませ♪
こちらこそありがとうございます~。
2010-06-13 20:10 : 真紅 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-06-16 14:42 : : 編集
鍵コメさん、ありがとう~。
そう、もう一年なんだよね。。ドキュメンタリー映画も公開されるし、WOWOWでマイケル特集があるしで楽しみに待っているところです。
TIIも再々上映されるみたいだし、TDLでキャプテンEOも復活するんだよねー、来月から!
行きたいーーー!! ああ~、こういう時関東の人はいいなぁと思うよ。

マイケルって、痛み止めの飲み過ぎで薬物中毒になった、という説もあるんですよ。
で、私もお医者さんに「痛み止めはあんまり飲みたくないんです」って言ったんですよ。
「どうして? 何かアレルギーでも?」ってお医者さんが言うからね、「マイケル・ジャクソンが痛み止めの飲み過ぎで亡くなったから・・・」って言ったんですよ。マジで。
そしたら「僕はねぇ、毎日70人くらい診てるけど、そんな患者さん一人もおれへんよ」って言われてしまった。。。
でもやっぱり、あんまり飲みたくないんだよねー。
最近、自分ってもしかして我慢強いのでは? と思い始めたよ(笑)。
明日も病院なんだけど、時間あったら映画観たいなー、と思ってます♪
2010-06-17 21:49 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!