感動します、まじで~『トーチソング・トリロジー』
20061001215633.jpg

 幼い頃からゲイであることを自覚し、成長したアーノルドハーベイ・ファイアス
ティン
)は、ニューヨークのナイトクラブでトーチソング(悲恋歌)を唄う、女装の
エンターティナー
。たくさんの男たちと寝てきたけれど、満たされない思いを抱えて
いる。彼が出会う三人の男たち、教師でバイセクシャルのエド、美しい青年アラン
養子として迎えるディヴィッドとの関係を描いたトリロジーになっていると同時に、
セクシャリティの問題、ヘイトクライムの現実、家族との葛藤、とりわけ人間の、人生
の尊厳とは何かを描き、理屈抜きで心の奥深くに響く感動作だ

もともとは舞台劇であったというこの作品、舞台でも主演を務めたハーベイ・ファイ
アスティン
が、原作戯曲と映画脚本を手がけている。

★以下ネタバレします★

 主人公であるアーノルドが、忘れられない印象を残す。独特の声と風貌、中年にさ
しかかっていても愛に素直で、うさぎグッズをコレクションするお茶目さ。好きな相
手には健気でも、自分に正直に生きない、特に"バイ"であることを隠れ蓑に、ゲイで
あることをカミングアウトしない恋人エドには三行半を突きつける強さ。自分がどう
したいか、どう生きたいのかを常に考えて行動する彼はとても気高く、愛するものの
死と言う辛い現実の前でも、自己憐憫に浸ることなく、前を向いて強く生きている
私はそんなアーノルドが大好きだ。抱きしめたいくらい、押し掛け友達になりたいく
らいに。

 そんなアーノルドも、口うるさいジューイッシュ・マザーである母(アン・バンク
ロフト
)だけには本心を打ち明けられない。誕生日には息子の元を訪れ、何かと気を
かける母。夫の死後、慣習に従ってフロリダに行くと言う母に「どうすべきかじゃな
くて、ママはどうしたいの
?」と尋ねるアーノルド。うさぎのスリッパを愛用する似
たもの同士であり、深く愛し合っていながらも反発し合う親子。宗教や人種に自らの
アンデンティティを委ね、「普通」という基準を捨てられない母と、ゲイであろうと
まず「人間である」、そこから始めたいアーノルドとの埋められない溝。激しい口論
のシーンは圧巻で、特に母親を演じるアン・バンクロフトの演技は真に迫る。この、
アーノルドと母親を巡るエピソードが一番胸に残った。

 親が子に「普通」を望むことは、とてもありふれた当たり前の情なのかもしれない。
私自身も、母に「普通が一番幸せよ」と諭されたときのことを鮮明に憶えている。し
かしアーノルドは、そんな上っ面だけの言葉には決してブレない。「普通」じゃない
かもしれない自分にも、「普通」の感情はある、人間として自分を尊重できないのな
ら、たとえママでも出て行って! どこまでも自分の、人間としての尊厳を求めよう
とするアーノルドの気高さ、強さに圧倒
された。

 ラジオから流れる曲、手を振ってタクシーに乗り込む母を見送り、愛するものたち
のかけらを抱きしめるアーノルド。それは戻ってきた愛(エド)であり、新しくやっ
てきた愛
(ディヴィッド)であり、自分の中に生まれる前からある愛(母)であり、
失っても永遠に指輪のように身体の一部となっていく愛(アラン)だ。
 愛を求め、愛を得、それをいとおしむラストのアーノルドの表情が素晴らしい。
かい涙が止めどなく流れるけれど、心の泉は満たされていく


 なお、本作の戯曲は日本でも上演されており、近々再演される模様。
20061001215644.jpg 篠井英介さん、アーノルドにとってもはまると思います。

(『トーチソング・トリロジー』監督:ポール・ボガート/
       主演:ハーベイ・ファイアスティン、マシュー・ブロデリック、
                     アン・バンクロフト/1988・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

[2006/10/01 22:06] | DVD/WOWOW | トラックバック(3) | コメント(8) |
<<King of cooool!~『ゲッタウェイ』 | ホーム | 吹替えの理想と現実~ブロークバック・マウンテン#17>>
コメント
真紅さん、またまたこんにちは。やっとこの記事にコメントすることができます・・・。TBも送らせていただきました。

真紅さんの記事を読んで、わたし泣いてしまったんです。すごく嬉しくて。

>私はそんなアーノルドが大好きだ。抱きしめたいくらい、押し掛け友達になりたいくらいに。

本当にありがとうございます!(わたしが感謝するところではないけれど、感謝せずにはいられない~。)わたしもアーノルドが大好きなのです。アーノルドのように生きていけたらいいなあと心から思います。・・・難しいけど。

ラスト近くのお母さんのせりふ、覚えていらっしゃいますか?わたしに字幕翻訳家の夢をみさせたのは、あのせりふなんです。そしてBBMのラストのイニスにこの‘傷’についてのお母さんの考えを教えてあげたいと、強く思ったのでした。いや、教えてあげなくてもイニスはもう気がついているかな・・・。

真紅さんにこの映画を気に入っていただけて、とても嬉しく安心しました。素晴らしい記事をありがとうございました。何度も言ってますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
それではこの辺で。

追伸・:いくつもコメント差し上げてしまって申し訳ありません~。我慢していたので再会のキスのように爆発?してしまいました・・・。お返事は無理のない範囲でお願いいたしますううう。
[2006/10/03 11:47] URL | かいろ #- [ 編集 ]
かいろさん、こちらにもコメントとTBをありがとうございました。
こちらこそ、素敵な作品を教えていただいて感謝です。かいろさんの大切な映画、私も大好きになりました。
ああ、DVDが激しく欲しい~。。アマゾンで「全品20%オフ」とかやらないかな(笑)
私もアーノルドが大好きですし、あのお母さんも大好きです。あのセリフ、もちろん憶えていますよ。
彼女のような、激しいキャラのお母さん大好きなんです。『愛と追憶の日々』のシャーリー・マクレーンとか。最高。
コメント、たくさんありがとうございました。いつでも大歓迎ですので、どんどん「爆発」しちゃって下さい(笑)。
ではでは、またね。
[2006/10/03 14:29] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
TB&コメントありがとうございました!

すっかりお返事が遅くなってすみません。
この作品大好きです!!
私も、好きな作品なのに格安で~などと考えてしまっております(苦笑)

ママとの会話、養子にした息子の優しさ、ラストの暖かさが大好きです!
[2006/10/14 05:06] URL | D #k0GcsowQ [ 編集 ]
Dさま、こちらにもコメントとTBをありがとうございます!TB、私もまたトライしてみますね。
私もこの作品のDVD、激しく欲しいです。ハーベイのコメンタリがすっごく面白そうで・・。
でも運良くレンタルで見つけられて、本当にラッキーでした。
アーノルドが大好きなんです。ママとのシーンから暖かいラストまで、涙が止まりませんでした。
また遊びにいらして下さいね。ありがとうございました。
[2006/10/14 13:03] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、初めまして。
いつも悠雅さんのところでお見かけして、こちらにも度々お邪魔して隠れ常連になっておりましたのに、いつコメントさせて頂くか迷って今になってしまいました。
ご挨拶遅れて本当にすみません。
この映画、BBMファンの私にとってはとてもタイムリーな作品だったように思います。
BBMのDVDを観るたび、今の世の中にも少なからずイニスのように殻に閉じこもっている人がまだまだいるのだろうなどとつい思ってしまったりして、また切なくなっていましたから。
アーノルドは凛としていてホントに素敵でした。
彼の、そしてお母さんの台詞の一つ一つがキラキラしてました。特に・・・心の傷が指輪に・・・素敵な台詞でした。
私の心の泉も真紅さん同様かなり満たされ満タンです!あんなに涙が出て行ったのに…。
また、お邪魔させて下さい。よろしくお願いします。
[2006/10/14 23:49] URL | aki #RS4k0RpE [ 編集 ]
akiさま、こんにちは!コメントありがとうございます。
確か以前、BBM#13の記事で、イニスについてakiさまにコメントをいただいた事があると記憶しているのですが、違うakiさまなのでしょうか?
「隠れ常連」、おお~、読んでいただいていたのですね、ありがとうございます!
この作品のことは、かいろさんに教えていただくまで知らなかったのですが、私も観て本当によかったと思っています。
何より、アーノルドの生き方にとっても惹かれます。私も、彼のように強く、やさしく生きていきたいと思うのです。
お母さんとの会話もいいですよね・・。しみじみ。。
今後とも、どうぞお気軽にコメントして下さいませね。どうぞよろしくお願いします!ありがとうございました。
[2006/10/16 08:47] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは。
こちらにもようやくお邪魔できました。
これも初見で大好きになって、続けて観てしまったほどなのに、
スラスラと感想や思いの丈を伝えるのが難しい作品ですね・・・
コミカルだけど悲しくて、痛いけれど温かくなる、
とってもとっても素敵なお話。

コメンタリ、面白いだけじゃなくて、彼の思いが一杯詰まっていて、胸が詰まるところも多々…やっぱりDVD、欲しいですね。
[2007/06/24 16:25] URL | 悠雅 #- [ 編集 ]
悠雅さま、こんにちは。こちらにもコメントとTBをありがとうございます。
この映画、あまりメジャーではないと思うのですが、隠れた名作ですね。
もう20年近く前の映画ですよね。。人間の普遍的な側面を描いているから、今でも心に響くのでしょうね。
レンタルでもあまり見かけませんし、やはりDVDを買うしかないですよね。
欲しいDVDはたくさんあるのですが・・。もう、ここは覚悟を決めて、レンタル店をやるしかないかも(笑)
で、欲しいDVDを買いまくる。すぐ潰れそうですが・・。
ご覧になれてよかったです!ではでは、またお伺いします。
[2007/06/24 19:49] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/86-59922dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
皆様にぜひ観ていただきたい映画
今日はBBM好きの皆様にぜひとも観ていただきたい映画について。ご存知の方もいらっ
[2006/10/03 11:29] カイロの紫のバラライカ
トーチソング・トリロジー
タイトル: トーチソング・トリロジー ENTERTAINMENT COLLECTION GOLD Torch Song Trilogy アメリカ 1988年 ハーヴェイ・ファイアスティン、アン・バンクロフト、マシュー・ブロデリック、ブライアン・カーウィン オフ・オフからスタートし遂にブロー
[2006/10/14 05:03] 映画を観よう
トーチソング・トリロジー
愛する気持ちは同じ。誰を愛しても。
[2007/06/24 15:41] 悠雅的生活
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!