吹替えの理想と現実~ブロークバック・マウンテン#17
 DVDの音声で「吹替え」を初めて選択した。普段なら絶対に字幕なのだが、BBM
の吹替えキャストについては話題になっていたし、「吹替えのほうがセリフを忠実
に訳している場合がある
」というのをかいろさんに教えていただき、一度は聴いて
みることにしたのだ。
20060929152115.jpg

 やはり、最初は違和感でいっぱい。アギーレの声がなんだかやさしいし、イニス
とジャックの声に高低差が無いような。でも女性陣(アルマ、ラリーン、ジャック
ママ)や他のキャストはさほど違和感はなかったから、イニスとジャックのオリジ
ナルの声音
を耳が憶えすぎているのだろうと思う。
 好き嫌いもあると思うが、やっぱり吹替えは難しいと思う。たとえオリジナルの
イメージと合っていたとしても、吹替える声優さんが有名な方だったりした場合、
どうしてもギャップを感じてしまう。先日の地上波『ロック・ユー!』のように、
チョーサーの声がかいけつゾロリ」なんて事も起こりうる。確かに字幕よりも情
報量は多いから、山で混ざった羊が「チリ人」の羊だったことや、アルマが越した
がったリバートンのアパートが「ランドリーの上」なこともわかった。しかしそれ
も程度の問題で、ドライブインシアターの映画の音声まで吹替える意味があるのだ
ろうか? あれはかなり興醒めだった

 そして最後の逢瀬の場面。ここはジャックが積年の思いの丈を早口でぶつけるシ
ーンで、字幕とセリフに一番齟齬があると思い、ちょっと吹替えに期待していたの
だ。案の定、「ローマ法王」なんて言葉まで出てきて、字幕よりははるかに言葉数
が多い。そしてこの吹替えを聴いて初めて、このシーンが理解できた気がした。
 ジャックが「それは前に言ったはずだ」と言った後、イニスがいきなり「メキシ
コに行ったのか?」と言い出す。ジャックはブロークバックで別れてから4年後に
再会した時のキャンプで、一緒に暮らそう、と持ちかけたこと、もしくはイニスの
離婚後、テキサスに誘ったことを言っているはず。それなのに、イニスはついさっ
きジャックが言った「暖かいところ、メキシコで会いたい」という言葉がずっとひ
っかかっていて、「前に言った」=メキシコ、と早合点してしまったのだな、と・・。
何度も観ているのに今更のようだけど、このシーンは、観るたびに、理解するとい
うよりも切なさで、ただただ胸が一杯になってしまっていたのだ。ヒースとジェイク
の演技から目が離せない
のに、字幕も読まなければ、しかも涙もどんどん溢れてく
るし・・。
「数回の行為」を「何回かヤル」とズバリ、言っているのも潔くていい。イニスは
ジャックに責められて、字幕では「俺は負け犬だ、俺はクズだ」と泣くのだけれど、
吹替えの「俺は自分も行き場も見失った」、このセリフはグサリと来た。
 自分=ジャックの半身である自分、行き場=ジャックと一緒にいられるところ
見失ったのではなく、心の底ではわかっていながら、それが認められず、そこにど
うしても辿り着けなかった
。だから、ずっとずっと辛かったんだ・・。今まで、辛
いのはジャックだと思っていた。20年間、辛かったのはジャックだと。先に泣き崩
れるイニスを「ずるい」なんて思ったこともあった。でも本当は、イニスもジャッ
クと同じくらい、苦しくて、日々を耐えていたんだと思う。

 そしてラストのイニスのセリフ。ここが直訳になっていて驚いた。「ジャック、
俺は誓う・・
」。でもやっぱり、日本語で言われると「何か違う」と思ってしまう。
私が一番好きなセリフ
"Truth is, sometimes I miss you so much I can hardly stand it..."
や、映画史に残るこの名セリフ
"Jack, I swear..."
これらは絶対、オリジナルで聴きたい。こうなったら、音声オリジナル、字幕なし
で観るしかない

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:色あせない名作 - ジャンル:映画

[2006/09/29 15:30] | ブロークバック・マウンテン | トラックバック(1) | コメント(12) |
<<感動します、まじで~『トーチソング・トリロジー』 | ホーム | 彼らが生きている~ブロークバック・マウンテン#16>>
コメント
こんばんは~。いつも楽しく拝見させていただいてます♪

日本語吹き替えはそうですよね、情報量が多い。ですから私も違和感を抱きながらも最後まで吹き替え版で見てみました。

しょっぱな「アギーレ、やさしいやん(笑)」 (はっきりわかりませんが、最後のジャックのパパの声も石田太郎さんじゃありませんでした?あれ?アギーレといっしょか?って思ってしまったんですけど。違うかもしれませんが。)
で、ドキドキしながらジャックのセリフを待つ。「・・・・・。」 
やはりジャックの声の違和感があまりにも大きくて。山での若々しくてかわいいジャックにはちょっとふつりあいに大人びていて....。イニスと声が良く似ていましたし、どっちのセリフじゃ?って思うところも多々あって....。
でも、我慢して(笑)最後まで見ていると、年をとってからはわりとなじんでいたかな?と感じました。

でも、真紅さんがおっしゃるように、女性陣の声にはあまり違和感を抱かなかったので、イニスとジャックへの思い入れが強すぎたせいかもしれません。
ちなみに一番本人の声にそっくり!だと思ったのは、イニスに食料を運んでくるおじさんです。あら、日本語でもしゃべってるって思っちゃった。(^_^;)

吹き替えのセリフは直訳で味が無い、という意見もみうけられますが、真紅さんと同じく、私も意味がはっきりわかったところも多くて、これはこれでBBMをより理解するのに役立ちますよね。
私はテントを一生懸命はるイニスの横で、ジャックがお気楽にハーモニカを吹いているラブリーなシーンで、「she got lucky♪」が、「運が良かった」とか「運が悪かった」とか簡単に訳されていましたが、「(オレを振り落とすなんて)あの馬は運がいいやつなんだ。」ってセリフでジャックのおちゃめさがよくわかりました。
あと真紅さんの指摘されているところもまさにそう。「何回かヤル」も、より感じがでてますよね。(#^.^#)

でもって、ドライブインシアターとイニスがリビングで見ているテレビの役者の吹き替えは、やっぱりいらないでしょう(笑) ここまでするなんて、ご苦労なこったって思いました。
[2006/09/29 19:52] URL | spring-n #1fN/OmPY [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは。またお邪魔します。
私も普段は演じている俳優の声が聞きたいので吹替えで見ることはほとんどありません。でもBecause of youやI swearなどが気になってたし、、、期待もこめて吹替えを見ました。
私もまずアギーレの声に違和感が、、、(よりによって1番最初に聞こえてくる台詞なんですね)
そして、イニスとジャックの声にもとても違和感を感じました。2人の声に高低差がない事のほかにも、口がまわりすぎるというか、、、。でもこの二人の吹替えの声は歳を取っていくにつれ、オリジナル同様にトーンダウンして行ったので、そこはまあ良いかなぁと。
そして最後の逢瀬のシーン。
台詞はほぼ脚本どおりです。イニスの「コーヒーポットのまわり」や真紅さんも取り上げたジャックの「ローマ法王」まで言わせてます。そこまで~と思うくらいの台詞の洪水(?)。Becuse of youは真紅さんの記事のとおりで私は大満足でした。そして1番の注目Jack,I swear・・・。これも原作通りになっていたのは良いのですが言い方がね~。もっとヒースの演技に合った言い方(つぶやくような?)にしてほしかったと思います。
実はDVDを見てから私はすっかりジャックに感情移入してしまい、そんな自分に驚いています。どちらかといえば私はイニス擁護派(?)というか、ずっとイニス寄りで物語をとらえていました。以前びあんこさんのお宅でBecause of youが「お前のせい」ではないという話題になった時も断然イニス援護でコメントしたのです。・・・が、DVDを見てからジャックの気持ちが痛いほど胸にせまって泣きました。今まで私が泣いたのはイニスの気持ちに寄り添っていたからというのも自覚できました。。
そして今日、この真紅さんの記事を拝見してその理由がわかりました。私もあの最後の逢瀬のシーンを吹替えで見たからだと。イニスを理解した真紅さんとは全く正反対に、私はジャックの苦しみや悲しみが吹替えられた言葉によって胸に突き刺さったのです。同じ映画なのに吹替え版を見たことによって、今まで字幕では気付かなかったものが見えたかのように、、。今はかいろさん宅のトップページのサイドミラーの画像を見ると、それだけでウルウルしてしまいます。あれはジャックの気持ちそのものですものね。
長くなってすみません。

[2006/09/29 19:56] URL | kママ #7iSbDyII [ 編集 ]
真紅さん★「♯17」、DVD吹き替え版のすてきな感想をありがとうございます。
公式HPのBBSで多くの方が「吹き替え版は“別物”」と書いていらっしゃるのを読んで「わー、皆さん厳しいっ!」と思っていたのですが、でも「別物」とまでは言わないものの、やっぱり吹き替え版は、しばらくは(それとも永遠に?)私も違和感ありの状態だと思います。多くの方が指摘しているように、ジャックの声がイニスの声と似ているし(ということは結局、ジェイクご本人の声とは大違いということ)、最後の重要な台詞も感情の入り方がやっぱり「違うなぁ」と思ってしまうし。真紅さんが書いていらっしゃるように、私たち、「オリジナルの声を耳が憶えすぎている」のでしょうね。ただ、吹き替え版には吹き替え版の良さも(当然ながら)あって、真紅さんがそこのところを評価しながら詳細に書いてくださったので読んでてとても嬉しかったです(「負け犬」という言葉が使われなくて、私も良かったと思いました)。

真紅さん、時間を置いてからで構いませんので、是非また♯18、♯19・・・と書いてくださいませ~★

(おまけ★)
「チョーサーの声がかいけつゾロリ」・・・に爆笑!私も昔「天空の城ラピュタ」を最初に見たときは、シータの台詞を聞くたびにドラミちゃんの顔が浮かんできて困ったものでした。「声優さん選び」って、決定するまで現場ではいろいろ思考錯誤の困難極める仕事なのでしょうね。ではでは。
[2006/09/29 21:03] URL | メグ #- [ 編集 ]
spring-nさん、kママさん、メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます。まとめてレスさせて下さいね。

☆spring-nさん
お久しぶりですね~、お元気でしたか? 私も、特にジャックの声には違和感ありまくりでした。
しかし、二人の年齢が上がるにつれて徐々に馴染んできましたね、やっぱり慣れの問題なのでしょうか?
一番残念だったのは、イニスとジャックの声が似ていたことです。
声優の方、お二人ともベテラン(?)で声の演技は巧いとは思うのですが、声の質だけはどうしようもないですもんね~。。
アギーレはやさし過ぎだし。
でも、吹替えも観てよかったです。もう聴かないとは思いますが(笑)
ではでは、またお話しましょうね。ありがとうございました。

☆kママさん
また来て下さいましたね、ありがとうございます。
しかし今更謎ですが、どうして吹替えで「俺は誓う」にできるものが、字幕では「永遠に一緒だ」になってしまうのでしょうね?
吹替えは全く聴いたことがなかったので事情に疎いのですが、字幕=意訳、吹替え=直訳、というような慣行があるのでしょうか。
自分が英語が理解できればこんな疑問は生じなかったのですが、考えさせられてしまいました。
字幕と吹替えで、シーンの印象が変わってしまうようなことも起こり得るのですよね・・。
最後の逢瀬の場面、二人の気持ちがすごく胸に迫ってきましたよね。
kママさんイニス擁護派だったのですね。。私は初見からずっとジャックに感情移入して観ていますが、イニスも大好きです。
もう、愛していると言っても過言ではありません(笑)、そう、二人とも愛しています。
長いコメントでも短い一言でも大歓迎です、またいらして下さいね。
ありがとうございました。

☆メグさん
こんにちは。やはりオリジナルが一番なのは皆の一致するところだと思いますが、吹替えも聴いてみてよかったと思います。
字幕翻訳は「コピーライターのような仕事」と聞いたことがあります。いかに少ない字数で要点を伝えるか、ということなのでしょうね。
ラストはやっぱり"I swear.."じゃないとダメですね。
#18以降も続けていいでしょうか? 書きたい気持ちはあるのでまたよろしくお願いします。
それから「ゾロリ」に反応して下さってありがとうございます! 
山寺さん、とってもベタ兄さんに合っていたのですが、ゾロリじゃんと思った瞬間に観る気が失せました(笑)
難しいですよね吹替えって・・。担当の方も苦労されていると思います。
ではでは、また是非いらして下さい。ありがとうございました。
[2006/09/30 07:39] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは、真紅さん。吹替えの違和感は、やはり、ジャックとイニスの声の高低差があまりないことなんですかね、、。
本人達の声が役のイメージとピッタリあっているのもありますよね。
しかし、ラストは「俺は誓う」で、ホッとしました。
そうですね、もう少し、囁くように表現してほしかったかも、、でも、最後の逢瀬は、真紅さんが言うように、吹替えの言葉の応酬で、理解しやすかったです。
でも、英語でのこのシーンの、イニスが怒りながら「ジャック・・・」と呟き「殺す・・」と言うところは毎回、背筋が電流が走るくらい、ヒースの演技に釘づけになってしまいます。対して、ジャックの諦めの瞳が悲しすぎますが、、、(涙)。
やっぱり、2人の声で本編を繰り返し観たいです。

[2006/09/30 11:13] URL | sumisu #- [ 編集 ]
sumisuさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
吹替えの声は、二人の声に高低差がなかったとして不満だったかもしれません。
結局オリジナルじゃないと納得できないんですよね。。
最後の逢瀬の場面は、ホント迫力ありますね。愛し合っているのにどうにもできない絶望が伝わってきます。
あのセリフの場面は、特にイニスの激情が溢れていて、私もいつも釘付けです。
ジャックの瞳もね~、ほんま何とも言えません・・。
私もこれからも何度も繰り返し観ると思います。
またお付き合い下さいね。ではでは、ありがとうございました。
[2006/09/30 19:23] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、再度こんにちは。
わたしはまだ吹き替えで通して観ることができていません・・・。各人の声を確認したあと、ここぞ!という場面をチャプターで観るという言語道断な荒技を使ってしまいました~。皆さまお許しください。

>見失ったのではなく、心の底ではわかっていながら、それが認められず、そこにどうしても辿り着けなかった。

この部分、もうおっしゃるとおりです!真紅さん、ありがとうございます!わたしがずっと思っていたことはこういうことなんです・・・。だから、イニスの肩を持つわけではないんだけど、彼が自業自得なだんてことはわたしにはやっぱり言えなくて・・・。甘すぎるでしょうか。うーむ。

きちんと吹き替えで観て細かいところまで確認した後は、もう一度英語で。いろいろなパターンで観ていったらもっとこの映画に対する理解を深めることができるでしょうか。よし頑張るぞ。
しかし、DVDについてものすごく不満なこと・・・なんで音声解説がないの!『クラッシュ』と『ルワンダ』にはあってBBMにはないなんてどう考えてもおかしいでしょうが~。日本のファンの為だけにでも今から3人を集めて収録しなさい!ギャーーー!
と、取り乱してきたのでまた次の記事へ・・・。
[2006/10/03 11:24] URL | かいろ #- [ 編集 ]
かいろさん、こちらにもコメントありがとうございます。
そうですね・・。イニスはある意味「自業自得」ではあるのですが、その言葉を彼を非難する意味では使いたくないです。
吹替えも、一度通して聴いてみることをオススメしますよ。しかしDVDっていいですよね~、吹替えも字幕も選べるし、特典も付いてるし。
そう、その特典!私もコメンタリが無いのはとっても残念です。
三人、そうですね、ヒース&ジェイクは無理でも、監督と脚本のお二人、この三人でも十分ですからコメンタリ聴きたいですね。
『ルワンダ』まだ観てないのよ。早く観たいと思いつつ・・。
ではでは、またお話しましょうね。ありがとうございました。
[2006/10/03 14:21] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
おはようございます。
ブロークバックの記事ひとつひとつがとても丁寧で緻密で、思い入れにあふれていてこの映画大好き人間にとってはたまりません(笑)。
実はDVD所持しながらもまだ吹き替えで見ていないんですよ。
かなり精神を消耗するので、見るにはけっこう勇気が要るもので…
でもやっぱり情報量がかなり多いみたいですね!
「俺は自分も行き先も~」の台詞はぐさっときますね…。これは早々に見ておかないと!です。
[2007/02/26 08:38] URL | リュカ #- [ 編集 ]
リュカさま、こんにちは。ご無沙汰しております。コメントありがとうございます!
私もBBMは大好きで大切な映画なので、記事は思い入れ満載ですよ(笑)
吹替えは一度観たきりなのですが、やはり一度は観ることをオススメします。
最初はかなり違和感がありますが、字幕を追わなくてよい分映像に集中できますし。
私も観るとかなり消耗するので、なかなか観る勇気がないのですが・・。
アカデミーの季節なので、昨年を思い出してまた観たくなっています。
またリュカさま宅にもお邪魔しますね。ではでは~。
[2007/02/26 14:50] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
Mizumizuです。
トラバ、記事内容に対応した拙ブログのエントリーを送らせていただきましたが、失敗していたら、すいません。またトラバが多すぎたら削除してくださいませ。
さて、最後の逢瀬でのジャックの台詞、拙ブログでは原文の台本からアプローチしています。
よければ遊びに来てくださいね。
[2008/02/06 15:51] URL | Mizumizu #JUrcbCqk [ 編集 ]
Mizumizuさま、こちらにもコメントとTBをいただきありがとうございます。
TBは多すぎるということはなかったです。全て反映させていただきました。
後ほどお伺いしますね。ではでは。
[2008/02/07 00:13] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/85-0f5dba29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブロークバックマウンテンでのジェイク・ジレンホールの演技(続き)
<きのうから続く>さて、ジャックとイニスに話を戻すと、ジャックの表情ががらりと変わるのは、アルマと離婚したという知らせを聞き、これでイニスとやっと一緒に暮らせると勘違いしたジャックが喜び勇んでワイオミングまでやって来て、「今週は娘と過ごすから」とイニス...
[2008/02/06 15:48] Mizumizuのライフスタイル・ブログ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!