誰かが泣くとき~『真綿荘の住人たち』
真綿荘の住人たち

 大学入学のため、北海道から上京した天然キャラの少年・大和葉介は、真綿荘
という古めかしい木造二階建ての下宿に入居する。そこで彼を待っていたのは、
個性豊かな住人たちとの、奇妙で心温まる日々・・・。

 島本理生の新作は、東京の下宿に住まう人々の心模様、人間模様を描き出した
連作小説。「島本理生応援団」を自称する私だけれど、素晴らしい作品だと心から
思う。過去に受けた、肉体的、精神的暴行による傷、身体的なコンプレックス、コン
トロールできない感情、親に愛されなかった子ども、様々な愛のかたち
。そのどれ
もが過去作で語られてきた素材でありながら、既視感やマンネリ感は全くない。
文章の巧さは言うまでもないが、彼女の選ぶ言葉は「理解」や「共感」を越え、私の
心の裸の部分にダイレクトに響いて、涙腺を刺激する。

 どこかな、真綿荘の住人たち。謎めいた画家の真島晴雨と、大家であり小説
家の綿貫千鶴内縁関係にあるこの二人の頭文字を取って、「真綿荘」なんだろう
か。性格と恰幅のいい鯨井小春、「天然の空気清浄機のような」女子高生八重子
と付き合う山岡椿。皆どこか「わけあり」で、付かず離れずの彼らの生活。そこに
飛び込み、さざ波を立てる葉介。読み進むにつれ、続編が読みたい、彼らの「それ
から」
が知りたい、と強く思っていた。最後のページを読むまでは

 最後の1ページ。この、閉じ方。この、落とし前のつけ方。これ以上も、これ以外
にも絶対にない
、このラストシーン参った

 ( 『真綿荘の住人たち』 島本理生・著/文藝春秋・2010)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

[2010/04/13 00:00] | 読書 | トラックバック(3) | コメント(4) |
<<閉ざされた島~『シャッターアイランド』 【超日本語吹き替え版】 | ホーム | 境界線を越える~『シリアの花嫁』>>
コメント
こんばんは。

>内縁関係にあるこの二人の頭文字を取って、「真綿荘」なんだろうか。
そういえば二人の頭文字だ。
全然気がつきませんでした。

最後を読んで「うわーそう来るのか…」としばし呆然。
島本さん、本当にいい物語を書きますよね。
[2010/04/12 22:07] URL | なな #- [ 編集 ]
ななさん、こんにちは! コメント&TBありがとうございます。
そうなんですよこのタイトル・・・。意図的なんでしょうね。
でもカバーの写真はあんまり好きじゃないんですよね。。裏は素敵なんですが。
このラストにはやられました。
私も島本さんは全部読んでいるんですが、これからも読み続けたいです。
[2010/04/14 08:34] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
お邪魔します~~
最初の章の主人公が、面白キャラだったので
クローバーのような明るい話かと
思っていましたよ。私は他の作品あまり読んでいないので、住人達の過去に
おお~~~と、素直に驚きました。
こういう素材多いのね。
他の作品もぼちぼち読んでみますね。
あ・・・「六つ星星」はヘヴンの後の方が良いのね。
こっちの方が早く手に入りそうで
困ったわ~~。
[2010/05/06 11:07] URL | みみこ #mQop/nM. [ 編集 ]
みみこさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
そうなんですよ~~~。。これ、最初明るいお話かな、と思って読んでたらいつものドロドロ系だった(笑)。
でも、島本さんの作品の中ではちょっと突き抜け感があると思います。
島本さんってあんまり賞に縁がないんだけど、いいもの書く人だと私は思うな~。
いろいろ読んでみて下さいね。みみこさんの感想聞きたいです。
では今から伺いますね~。
[2010/05/07 13:17] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/838-7d1c16d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「真綿荘の住人たち」島本理生
JUGEMテーマ:読書 レトロな下宿、真綿荘に集う人々の恋はどこかいびつで滑稽で切ない。不器用な恋人たち、不道徳な純愛など、様々な形を描く恋愛小説。 島本さんの作品は痛々しいのが多いので、ちょっと注意しながら読みました。今回はそれほどでもなかったかな。触
[2010/04/12 22:08] ナナメモ
「真綿荘の住人たち」島本理生
真綿荘の住人たち(2010/02)島本 理生商品詳細を見る それは由緒正しい木造二階建てのアパートだった。東京は江古田にあるレトロな下宿「真綿荘...
[2010/04/14 22:38] しんちゃんの買い物帳
真綿荘の住人たち    著    島本理生
真綿荘の住人たち    著    島本理生 江古田にある下宿「真綿荘」。 下宿人たちの日々を描いた連作小説集 青少年のための手引...
[2010/05/06 11:08] ちょっとお話
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!