純粋悲性批判~『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』
そらすこん

 ヘヴン感動冷めやらぬまま、『そらすこん』に突入。

 川上未映子ブログ川上未映子の純粋悲性批判に綴った文章を集めた一冊。
2003年からの三年間、三十路直前、凪いでいるような疾風怒濤のような、日々の
記録。デビュー随筆集である本作が文庫になると知り、早速購入。「キャロルとナ
ンシー」
でいきなり「えーん」がきた。

 彼女が弟を大学に行かせるために新地で働いていた、という話は知っていたけ
れど、断片的に語られるその生い立ちはかなりショッキング。イズミヤの冷蔵庫
で働いているお母さん。サボテンと暮らす上京娘。本を一冊も読破したことがな
いお姉ちゃん。猫パニック。欠落と過剰の大波小波に揺られながら、生むことが
できる自分に違和感。饒舌でどこか醒めていて、でもとことん情が深い、浪花節
全開
な文章に惹きつけられる。

 『ヘヴン』村上春樹的な何かを感じたけれど、『羊をめぐる冒険』が出てきて
納得。ちなみに私の持っている上巻、フォントは異常なしです。『フラニーとゾー
イー』
関西語訳をやりたい、と何年も前から村上春樹は言っているけれど、川
上未映子はあっさり、ここでやってしまっていて、唖然。グルーヴ、確かに出てま
すね。

 好き嫌いが極端に分かれる文体かもしれない。「オススメ」って言い切るのは
躊躇、でもでも、私は、

 未映子にいうたりたい。
 めっちゃいうたりたい。

 「
『ヘヴン』 を読んで感動しました、大好きです」 って、


 『そらすこん』 も好きやったよ。

 (『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』
                   川上未映子・著/2009・講談社文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2009/11/29 00:00] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<名誉なき野郎ども~『イングロリアス・バスターズ』 | ホーム | すべての人に祝福を~『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】>>
コメント
こんにちは♪

文体には衝撃を覚えましたが読んでよかった本です♪
サリンジャーが亡くなったとき川上さんが
コメントを寄せていたんですよね。
思い入れがあるんだな・・・と思ったら
この本でも書いていましたね。
村上さんの本に関するお話も面白かったですが
確かめようがなくって・・(持っていなく・・)
私も思わず関西弁で感想述べたくなりましたけど・・。真紅さんのようにはいかないわ・・・。
[2010/02/17 15:46] URL | みみこ #mQop/nM. [ 編集 ]
みみこさん、こんにちは~。コメントとTBありがとうございます!
わ~い、やっとこの本についてお話ができるよ~♪
私もサリンジャーについては書きたいことがあるのですが、時間がなくて・・。
これはエッセイですからまだ読み易いほうかも・・。
ウチの母なんて『乳と卵』は途中リタイアしたと言ってましたし。
しかし、リズミカルで中毒性がある文体だと私は思います。慣れてくると大丈夫よね。
だから「うつる」んですよね。。関西弁で感想、よくわかりますよ(笑)。
でもみみこさんの関西弁って想像できないよ~。
小説の感想も、気長に待ってますね~。
[2010/02/17 19:42] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/767-a3307249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります     著  川上未映子
そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります     著  川上未映子 2003年から2006年にかけて 川上未映子さんの(「未映子の純粋非性...
[2010/02/17 15:47] ちょっとお話
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!