生命は~『吉野弘 詩集』
吉野弘詩集

 例えば映画空気人形を観たとき

 きっと多くの人が一番感銘を受ける場面

 ペ・ドゥナ演じる「空気人形」のぞみが

 愛する人の「息」で満たされる場面なんだろうと思う。

 しかし私があの映画で一番心揺さぶられたのは

 ペ・ドゥナがたどたどしい日本語で朗読した「生命は」だったりする。

 こんな時は、自分がつくづく「映像的な人間じゃない」

 落ち込んだりもするのだけれど

 吉野弘の詩集を読みたくてたまらなくなる自分を

 無理に抑えようとも思わない

 私に欠けているものは
 
 きっと誰かが埋めてくれる

 (『吉野弘 詩集』 吉野弘・著/ハルキ文庫・1999)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2009/10/17 23:15] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<昭和の女~『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ』 | ホーム | いつか、また会える~『私の中のあなた』>>
コメント
ペ・ドゥナの朗読シーンも心に響きましたね。
鑑賞後に購入したサントラCDにあの朗読も収録されていました。
何度聴いても胸が詰まりそうになります。
[2009/10/18 00:20] URL | SOAR #yNivjtVU [ 編集 ]
SOARさん、こんにちは。コメントいただき、本当にありがとうございます。
『空気人形』は「音」もとってもよかったですね!
あの朗読は、「あ~、この言葉全部記憶したい!」と思いながら聴き入っていました。
サントラ・・・私も欲しいです・・・。
[2009/10/18 09:05] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
 真紅さん、はじめまして。

「空気人形」を昨日見て、吉野弘「生命は」にも興味を持ち、検索しているうちにこちらに辿り着きました。

 今週の週刊文春で小林信彦が「『空気人形』を変態映画と呼んでいる批評家が多い。」という内容のことを連載エッセイで述べていましたが、全くいやらしくなかったですし、私はいろいろな意味で頭を後ろから殴られたような衝撃を感じました。詩「生命は」もその一つです。

 私もサントラ買おうかな。
[2009/11/24 22:09] URL | 井上もやし #Qv6uoQSQ [ 編集 ]
井上もやしさん、初めまして。コメントありがとうございます!
ええ~、そんなこと言ってる批評家が多いのですか。。全然知りませんでした。
私も、全くそんな風には感じなかったのですが・・・。
小林信彦さんは褒めてたんでしょうか? 気になる。。
映像も美しく、ペ・ドゥナの演技も素晴らしく、詩的な映画だという印象だったのですが。。
貶めている方が多いのならすごく残念です。
サントラ、いいですね! 音も印象的な映画でした。
[2009/11/25 17:11] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
 説明が足りなくてご免なさい。

 小林信彦のエッセイ「本音を申せば」の流れは、無理矢理要約すると、「変態的とか中途半端とかと呼ぶ批評家が多いが、見当違いである。業田良家の漫画の精神を見事に映画化したファンタジー作品である。…CGを使わないでペ・ドゥナの顔につづく萎えた肉体をよみがえらせる描写は見事である。純一の息によってよみがえり、心も満たされる。…確かなのは、この物語はペ・ドゥナという女優なしには成立しないことである。…不思議な魅力の作品である。」です。珍しくベタ褒めしています。

 小林信彦って、最近の映画・演劇に苦々しいことを述べることが多い人ですが、突然、堀北真希を褒めちぎったりする人だからなあ…。バランス感覚に疑問を持つ時もあります。
[2009/11/26 00:25] URL | 井上もやし #Qv6uoQSQ [ 編集 ]
井上もやしさん、再びのコメントありがとうございます!
週刊Bは時々買って読みます。小林信彦氏のエッセイも買えば必ず読みますが、『空気人形』はベタ褒めなのですか。
それはうれしいなぁ~。。
小林氏は一言居士ですからね。。まぁ自分と意見が合わない時は読み流してます(笑)。
ペ・ドゥナなしでは成り立たなかった映画、私も同意見です。
[2009/11/26 20:36] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
はじめまして。
私も「空気人形」見ました。
とても大好きな映画です。
朗読のシーンは大好きです。
サントラを購入して、ずっと聞いています。
[2009/12/15 23:13] URL | Bell Bottom Blues #nBvikOGU [ 編集 ]
Bell Bottom Bluesさん、はじめましてこんにちは。コメントありがとうございます。
拙ブログへようこそ!
私も、『空気人形』は素晴らしい映画だと思いました。
朗読の言葉一つ一つが心に沁みましたね。
今でもペ・ドゥナの声が耳に残っています。
詩集もいいですよ!
[2009/12/16 21:42] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/04/24 13:15] | # [ 編集 ]
管理人宛てに鍵コメントを下さった方、ありがとうございます!
私はどちらかというとマイナス思考の人間なので、いつもつい落ち込みがちなのです。
しかし鍵コメさんのようにやさしい言葉をかけて下さる方々に、いつも励まされています。
コメントありがとうございました。涙が出ました。
[2010/04/26 08:18] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/746-530273aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!