映画とは別物です~『きのうの神様』
きのうの神様

 映画ディア・ドクターがなかなかよかったので、西川美和監督自身が書き下
ろした原作『きのうの神様』を読む。

 5つの短篇から成る小説で、「ディア・ドクター」はその一篇。しかし、医師・伊野
を思わせる人物が登場はするものの、映画とは全く違った内容であることに驚く。
西川監督が取材を重ねる中で出会った、僻地を中心とする様々な医療現場での
エピソードが基になっているのだろう。しかしほとんどの短編で、ああ、これは映画
の彼(彼女)だな、と思われる人物が出てくる(「ありの行列」だけわからなかった)。

 ・1983年のほたる (神和田村に暮らす小学生時代のりつ子)
 ・ありの行列 (三日間だけ離島に派遣された医師)
 ・ノミの愛情 (大竹朱美が医師の妻だった頃)
 ・ディア・ドクター (倒れた父の傍で久々に再会した兄弟)
 ・満月の代弁者 (後日談:そしてまたあの場所へ)

 個人的には「ノミの愛情」以降の三篇がよかった! 特に「ディア・ドクター」
はこのまま映像化してもらいたいと思うほど。「満月の代弁者」のラストでは、
何故かが・・・。瑛太くんの表情が浮かんできてしまった。

 西川監督の中では、登場人物のバックグラウンド--生い立ちから将来まで
--全てが出来上がっていて、その上で映画が生まれているのだな。少し技巧
に走っていると感じさせる部分もあるけれど、人間の老いにまつわる悲喜こもご
を描いて読ませる。直木賞候補も納得の一冊。映画とは別物として楽しめるし、
こちらを先に読んでいても、映画を観る楽しみは損なわれない。映画を観た人も、
観ていない人も、読む価値のある一冊だと思う。

 (『きのうの神様』 西川美和・著/2009・ポプラ社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

[2009/09/07 22:40] | 読書 | トラックバック(7) | コメント(8) |
<<ラーメン食べたい!~『南極料理人』 | ホーム | いい奴、悪い奴、変な奴~『グッド・バッド・ウィアード』>>
コメント
おはようございます・。
それぞれの物語の中にとても印象深いシーンがあって、頭の中に残っています。
映画の中で「この人」って思う人が出ているんですね。
真紅さんの映画のレビューも読ませていただいて
ますます映画が楽しみになってきました。
[2009/09/08 08:23] URL | なな #- [ 編集 ]
こんにちは。
どのお話も映像にしたら面白そうなもの
ばかりでしたよね。監督の中では映画だけでは語りつくせないものが沢山あったのね。
満月の代弁者のラスト・・・ドラマチックでしたものね。映画も楽しみにしたいと
思います♪
[2009/09/08 11:40] URL | みみこ #mQop/nM. [ 編集 ]
ななさん、こんにちは! コメントとTBをありがとうございます。
一つ一つの物語がとても印象深いものでしたね。
映画の記事、ネタバレ大丈夫でしたか?!
偽・・っていうのは公開前から西川監督がテレビでもおっしゃっていたので大丈夫だと思うのですが。。
映画も是非お楽しみくださいね♪
[2009/09/08 18:45] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
みみこさん、こんにちは! コメントとTBありがとうございます~。
そうなんですよ、やはり映像作家だけに、心情ももちろんですが情景も目に浮かぶようでした。
(私は映画を観ていますから特にそうかもですが)
「満月の代弁者」は映画の十数年後のお話です。ラストがよかった。。
映画も是非、是非観て下さいね~♪
[2009/09/08 18:49] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、本当にご無沙汰しています。
お元気に夏をお過ごしでしたか?
私も7,8月は忙しかったんですけれど、ようやく落ち着いた生活が戻ってきました。
秋もいい映画がたくさん公開されるといいな~と思ってます。

西川監督って綺麗だし、映画を撮らせても一流だし、小説を書かせても直木賞候補だし、本当にすごい人ですね~。
私も「ディアドクター」が好きでした。
なんか泣けちゃった~。
映像作家だけあってどのひとコマも目に浮かぶような文章なんですよね。
[2009/09/08 22:21] URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集 ]
ミチさん、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しております。。いつも伺ってはいるのですがなかなか余裕がなく、コメントも残せずです。
今年の夏はあっと言う間でしたね。

西川監督って、中身はかなり「漢」な方なんじゃないかと思っています。
『トップランナー』での自信に満ち満ちた表情が忘れられません。
これからもどんどんいい作品を撮ってくれそうですね。
きっと頭の中の映像を文章に起こしているのでしょうね。
夢を元に映画を作る、みたいなことを言っておられたし。
本当に才能ある方だと思います!
[2009/09/08 22:47] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さ~ん、こんにちは!
映画と小説の人物を=で書かれていたところは、シッカリではなく、ぼや~っとスルーして、読むのを我慢したわん^^
早く映画が見たいよぉ~。

ところで!真紅さんも、トップランナー見てたのね?!(^▽^) な~~んだ!こんな側に、あれを見ていた方がいらっしゃったとは!!(あれ・・・話したっけ・・・?話してないよね?)
あの番組見た後、色々な人に「見た?見た?」と声をかけては、全滅だ・・・と思ってたら、私としたことが・・・真紅さんが見ていたとはー!!!
幼少時代のエピソードとか、写真から文章(脚本)を書く人へ変わって行った経緯とか、色々聞けて、ほんとに凄い見る価値高い番組だったよね^^
[2009/09/09 08:44] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こんにちは! コメントとTBありがとうございます。
ウフフフフ、読んでも大丈夫よ~。映画は本とは全く違う話だから。。
でも、監督の中ではこんな風に細かく人物造形がなされてるんだ~、と思うと感動でした。
いわばスピンオフですけど、どれも質が高いと思います。

トップランナー、観た観た♪ この前の小栗旬くんのも観たよ!!
西川監督って浅香唯に似てる~、と思いながら観てました。
ホント、美人さんよね~。なんかこう、自信に満ち溢れてる~、って、思いました。
実家で数か月籠って本を書く、ってうらやましい~って思ったな~。。
ウチだったら絶対無理だわ。。恵まれてる人だな、とも思った。
あと、トップランナーでは有川さんとか、印象に残ってます☆
[2009/09/09 22:22] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/725-8b2ff886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ディアドクター モントリオール映画祭
おともだちブロガーを探そうβ ×「骨折:喜怒哀楽(*^^*)/」 「「癒しの島」から「冷やしの島」へ:『ディア・ドクター』」 &middot; http://earthcooler.ti-da.net/e2571365.html. 読者登録. メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールで...
[2009/09/07 23:35] 最新よもやまニュース
「きのうの神さま」西川美和
きのうの神さま 西川 美和 JUGEMテーマ:読書 『ゆれる』の映画監督が、“真実と嘘の境界”をテーマに人間の本性を炙りだした短篇小説集。映画『ディア・ドクター』から生まれた、もうひとつの物語。 最後に書いてある謝辞を読むと「僻地の医療を題材にした映画を...
[2009/09/08 08:23] ナナメモ
きのうの神さま   著   西川美和
きのうの神さま   著   西川美和 5つの作品からなる 短編集。 「1938年のほたる」 「ありの行列」 「ノミの愛情」 「ディ...
[2009/09/08 11:42] ちょっとお話
「きのうの神さま」 西川美和
{/book/}「きのうの神さま」西川美和 西川美和という名前を聞いてすぐにピンと来る人は映画ファンなのではないかしら。 映画『ゆれる』が高い評価を得た映画監督で、この夏には『ディア・ドクター』が公開されました。 また、小説では処女作の「ゆれる」が三島由紀夫賞候...
[2009/09/08 22:17] ミチの雑記帳
「きのうの神さま」 凄く良かったです 西川美和
映画「ディア・ドクター」(私は未見)の取材時に得た題材を西川美和監督が描いた短編集。最初の話以外は、お医者さんが出て来ます。舞台は田舎町がほとんど。
[2009/09/09 08:39] ポコアポコヤ
◆映画のアナザー・ストーリーズ/「きのうの神さま」西川美和
『ディア・ドクター』、『ゆれる』などで知られる映画監督・西川美和の書いた本「きのうの神さま」を読みました。 閉ざされた地方に暮らす小学生や、地方医療に取り組む医師などの姿を描いた「1983年のほたる」、「ありの行列」、「ノミの愛情」、「ディア・ドクター」、...
[2010/12/27 10:17] Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
「きのうの神さま」/西川美和
「きのうの神さま」/西川美和(ポプラ社)   先日、西川美和さんの「映画にまつわるXについて」を読んだばかり。  これは2009年、笑福亭鶴瓶主演で映画化された『ディア・ドクター』の 原案であり、その小説にあたるのが「きのうの神さま」です。 そして、...
[2014/03/20 17:33] 京の昼寝〜♪
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!