有里ちゃんの今~『わたし、男子校出身です。』
わたし、男子校

 モデル、タレントとして大活躍中の椿姫彩菜嬢による「早過ぎる」自叙伝。衝撃
的、かつこれ以上わかり易いタイトルはない。女の子の心を持って生まれてきた
男の子
が、自分自身の人生を掴み取るまで。

 彩菜嬢が出演した『情熱大陸』を観て、一番驚いたのは高校時代の文化祭、
演劇のビデオ。ヒロインを演じた彼女が登場するや否や、会場全体がどよめいた。
TVを観ていた私も、そのあまりにもリアルな「女の子っぷり」に度肝を抜かれた。

 椿姫彩菜って、一体、どういう人なんだろう?? その思いから、どうしても
この本を読んでみたくなった。

 幼少時からの苦悩や、家族、とりわけ母親との葛藤がストレートに語られる。
普通の女の子以上に内面はフェミニンに生まれついたのに、その「前についた
しっぽ」
のある外見から「男の子」としてカテゴライズされる悲しみ、苦しみ。しか
し彼女は自力で「本当の自分」を手に入れる。

 私は弱い人間なので、思いが叶わなかったりすると「来世で。」と思いこもうと
する。生まれ変わったら、きっと、、、と。しかし彼女は自分の意志と力で「生ま
れ変わった」
のだ。なんて、強い人なんだろう・・・。

 昔々に読んだ、『フィメールの逸話』という漫画を思い出す。女の子の心を持っ
て生まれてきた男の子が交通事故死し、その魂が自殺した少女の身体に入って
甦り、好きだった男の子に告白する、というお話。結末は苦いものだったけれど、
現代を自分の足で強く生きる椿姫彩菜=有里ちゃんの未来は、幸多かれと祈り
たい。

 尚、本書はコミック版も発刊されたそう。多くの方に読んでいただきたい。

わたし、男子校2

 (『わたし、男子校出身です。』椿姫彩菜・著/ポプラ社・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

[2009/06/23 19:24] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<救済/セカンド・チャンス~『ターミネーター4』 | ホーム | ここでしか生きられない~『レスラー』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/691-031ff96d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!