旅するコーラ~『男と点と線』
男と点と線

 山崎ナオコーラの新作は、六編からなる短編集。「今も、世界中で、男と女が
出会っている」
というフレーズが軸になっているらしい。
 
 山崎ナオコーラは、とにかく文章が巧い。と言うか、私は彼女の文体をすごく
気に入っているのだ。短いセンテンスで、物事の核心を容赦なく描写していく。
まったりとした作風に、その文体の勢いがアンバランスなようでもあり、不思議
な読後感
を覚える。取り留めのないことを書いているようで、ハッとさせられる
名言がいきなり差し出されることも、しばしば。これが人生の、人間の本質なん
じゃないですか?
と。

 物語の舞台は世界の様々な都市で、登場人物の年齢も様々。六編の題名は
以下で、カッコ内は私が勝手にサブタイトルをつけてみました。なかなかオスス
な作品ですよ。

 慧眼クアラルンプール (菩薩と老人)
 スカートのすそをふんで歩く女パリ (女子大生の長い終わりの始まり)
 邂逅上海 (コーラの胡蝶の夢)
 膨張する話東京 (草食系男子の色即ぜねれいしょん)
 男と点と線ニューヨーク (40男の初恋貫徹宣言)
 物語の完結ウシュアイア&ブエノスアイレス (モラトリアムな物書きの憂鬱)

 (『男と点と線』 山崎ナオコーラ・著/新潮社・2009)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

[2009/06/16 00:00] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ここでしか生きられない~『レスラー』 | ホーム | 受難~『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/06/18 00:46] | # [ 編集 ]
鍵コメをくださった方、ありがとうございます。
後ほど伺わせていただきますね。
[2009/06/18 09:49] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/689-104c38cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!