あなたはそこに~『君が降る日』
君が降る日

 恋人・降一を交通事故で亡くした志保は、大学を休学し、彼の実家の喫茶店を
手伝うことで現実と折り合いを付けていた。そこに現れたのは、事故車を運転し
ていた降一の先輩、五十嵐だった・・・。

 島本理生の新作は、三編からなる短編集。表題作は素晴らしい出来だと思うけ
れど、作者自身があとがきで「ハードルが高い」と語っている通り、「恋人の死」
いうテーマがダイレクトに読後感に影響するタイプの作品。故に、好き嫌いは分
かれるかもしれない。『冬の動物園』は個人的に大好きで、共感を覚えた作品。
そして最後に収録されている『野ばら』は傑作。ラストで主人公・佳乃は泣いてい
ないが、その涙を読み手が引き受ける形で、心に大きな波紋が広がる。最後の
1ページには、しばらく他の本を読む気が起こらなかったほどに、心揺さぶられた。
ここに描かれているのはまさに「青春のリグレット」。島本理生さん、やっぱりあな
たは天才です。

 島本さんの作品に登場する男子は「だめんず」であることが多い。『君に降る日』
の五十嵐も、そうであると言えなくもない。しかし『冬の動物園』に登場する高校生、
森谷君のなんと快活で、大人なことか! 私は美穂のことを他人とは思えないこと
もあり(わかるな~、ああいう感じ!)、この短編が与えてくれる希望が大好きだ。

 そして『野ばら』。雪の日の出逢いから、祐と佳乃が互いを思いやりながらも分か
りあえなかったこと、踏み出そうとしなかったこと。共有できなかった思い、傷つき、
傷つけ続けた時間の重み。最後までわからなかった佳乃、最初からわかっていた
祐。彼が佳乃に教えた詩『あなたはそこに』谷川俊太郎のまいた言葉の破片が
形を変えて、痛ましい思春期のためのレクイエムに生まれ変わったような・・・。

 もちろん、読了した直後に『あなたはそこに』を探した。その話はまた、別の機会
に。

 (『君が降る日』島本理生・著/幻冬舎・2009)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り作品 - ジャンル:小説・文学

[2009/05/20 16:01] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<闇夜の疾走~『チェイサー』 | ホーム | 男と女のコン・ゲーム~『デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく』>>
コメント
お邪魔します~
三編のバランスが良かったですよね。
冬の動物園で、気分が浮上した感じです。
「野ばら」は本当、傑作、同感です。
最後の一ページはせつなさが一気に
こみ上げてきて、たまりませんでした。
→の詩集に、入っているのかしら。
いかがでしたか?私も是非手にとりたいです。
[2009/07/23 11:16] URL | みみこ #mQop/nM. [ 編集 ]
みみこさん~、こんにちは♪ キャー、この本読まれたのね、うれしい~。
コメントとTBありがとうございます~。
この小説、私ホントに好きなんですよ。
で、そうそう、谷川俊太郎の『魂のいちばんおいしいところ』っていう詩集に入っています。
私は最初図書館で借りたんだけど、結局2冊も購入してしまいました。
手元に置いておきたくて・・。1冊は友人にプレゼントして。
感想、楽しみです。後ほど伺います~。
[2009/07/23 11:52] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/678-f9434cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
君が降る日   著  島本理生
君が降る日   著  島本理生 恋人の死、その恋人の友達との関係を描いた表題作「君が降る日」 英会話教室で出会った高校生に失恋シ...
[2009/07/23 11:18] ちょっとお話
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!