最終便に間に合えば~『旅する力 深夜特急ノート』
旅する力

 朝日新聞に月一回掲載される『銀の街から』というコラムがある。沢木耕太郎氏
による映画評なのだが、ネタバレしている事が多く、私は未見の作品の回は斜め
読み
しかしない(その代わり、切り取っておいて観た後にちゃんと読む)。

 しかし先日、テアトル梅田にそして、私たちは愛に帰るを観に行ったときの事。
斜め前に座った御婦人が、上映前に沢木氏の『銀の街から』切り抜きを読んで
いた。やっぱり、新聞の映画評って影響力あるんだなぁ、としみじみ思ってしまった。

 沢木耕太郎の『深夜特急』は、私も夢中になって読んだ。電車の中で読んでいて、
駅を乗り過ごしそうになったほどに。ちょうど「マカオ」の賭場の辺りだったと思う。

 多くの若者がそうであったように、あの本に影響され、会社を辞めて旅に出た
友人
もいた。「知らない街を歩いてみたい」旅という抗しがたい誘惑『深夜特急』
とは、そこに新たな媚薬を付け加えた作品なのかもしれない。

 本書は、その「最終便」とでも言うべき一冊。若き日の「取り返しのつかない旅」
を、何とかその手に留めようと著者は述懐する。

 何年か前にブームを巻き起こした「猿岩石」についても、記述があることに驚いた。
そして少なからず、沢木氏が彼らとその現象について、快く思っていないことにも。
それは当然といえば当然の思いなのだろうが、クールなイメージの彼が、タレントの
テレビ番組に反応するとは意外な感じがしたのだ。

 きっとそれだけ、あの旅は沢木氏にとって特別な時間だったのだろう。旅を終えて
何十年も経てからもなお、「最終便」と称して回顧せずにはいられないほどに。取り
返しのつかない旅、取り返しのつかない時間
。そこには経験した者にしかわかり得
ない「かけがえの無さ」がある。

「恐れずに。しかし、気をつけて」

 (『旅する力 深夜特急ノート』沢木耕太郎・著/新潮社・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

[2009/04/10 19:50] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<この世に映画がある限り~『キネマの神様』 | ホーム | 大統領の敗北~『フロスト×ニクソン』>>
コメント
真紅さま こんにちは!
先日の『さまよう刃』では大変失礼なこと書いておりましてすみませんでした!「このような懐かしいところ」と書くところ、久しぶりに拝見したらコメント欄のトップにいきなり自分の書き込みがあって「どひゃー!なんだか私、半年前に恥ずかしいこと書いてるっ」と思ったらつい「懐かしい」を抜かしていました。いただいたレスを拝見してホントにお恥ずかしい。申し訳ありませんでした。
ところで、沢木さんの月一連載映画評は、紙面のスペースが広いからいつも読み応えありますね。私も毎回楽しみにしています。そして未見の作品でもつい先に読んでしまいます(笑)。沢木さんはクールなイメージがありますが、以前、林真理子さんとの対談を読んだとき「香港返還の日に香港に行った」という林さんに対して「みんなが香港、香港言ってるときに自分も行くのはシャクだから俺、絶対行かないもんね、と思ってマカオに泊ってたんだ」と答えていらして、沢木さんの意外な一面を見たような気がしたことがありました。そしてこのクールな男性をそのとき「なんだか可愛いかも♪」と思ってしまいました。
[2009/04/11 00:13] URL | メグ #OSjUVFqk [ 編集 ]
メグさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
ハハハ。このようなところですがまた来て下さってうれしいです(笑)。
さて。沢木さんですが、ハヤシさんとのその対談は私も憶えています。
マカオから、香港の花火を見ていたと・・・。
実は私、『深夜特急』を読んで沢木さんが大好きになり、講演を聴きに行ったことがあるんですよ。
でも、話のあまりのつまらなさにガッカリして帰ってきました・・・。
まぁ、文章を書く方ですから、大勢の前で話すのが巧くなくてもいいんですけどね。
新聞の映画評は楽しみにしているのですが、ネタバレ気味なのが気になるところです。
いつかまとまって単行本になるのを楽しみに待っています。
ではでは、また遊びにいらして下さい~。
[2009/04/11 21:24] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/661-d120aee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!