Never Let Me Go ~『わたしを離さないで』 映画化
NeverLetMeGo.jpg

 めちゃくちゃうれしいです。初めて読んだとき、「映画化して欲しい!」って
思ったから。原作の感想こちら⇒

 キャストは、主人公キャシー・Hキーラ・ナイトレイトミーアンドリュー
・ガーフィールド
! う~ん、最高♪

キャシー トミー

 キーラは若いけど、演技力は確かだと思います。「綺麗すぎる」ことくらい
かな?(笑) ルース役はキャリー・マリガンという女優さん。お顔を拝見する限
り、何かやってくれそうな気がしませんか?

ルース

 監督は知らない方ですが、脚色アレックス・ガーランドが担当するそうです
からきっと大丈夫でしょう。

 文庫も出ています、未読の方は是非! オススメですよ♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★映画ニュース★ - ジャンル:映画

[2009/03/03 18:21] | 映画雑談 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<空も飛べるはず~『金髪の草原』 | ホーム | いつの間にか・・・>>
コメント
真紅さま こんにちは~。
映画化の一報は昨年、週刊誌の記事によってでした。その時は、この本が映画化されることに腰が抜けるほど驚いちゃいました(ちとオーバーか:汗&笑)。
そしてこのたび、真紅さん宅のこのトップの写真を拝見し、「え?もう映画のポスターができてるの?!」とまたまたびっくり・・・でもこれは映画のポスターではなく、海外で売られている原作本の表紙なのですね?あの素晴らしい、日本語版のカセットテープの装丁は日本だけのものだったようですね。で、あらためて自分が持ってる本を調べたら「装丁/坂川栄治・・・」と記してありました。この名前で検索してみると坂川氏の洒落たHPがありました。装丁家としてかなり実績のある、有名な方のようです。どおりで!と納得。書籍は、内容もさることながら装丁も重要な要素ですよね。この日本語版の「カセットテープの表紙絵」はほんとうに、読んだ人の心に深く残るとても良い装丁であったと思います。
映画は・・・映像にするのは結構難しそうだと思うから、あまり期待大にしないで、
でもこっそりと、近い将来の楽しみとして待ってみます(笑)。
主人公が(胸が豊満でない)綺麗な女優さんに決まって良かった~♪
[2009/03/05 20:39] URL | メグ #OSjUVFqk [ 編集 ]
メグさま、こんにちは~。コメントありがとうございます。
私は、初めて読んで大感動したときから「映画化されそうだな~、して欲しいな~」と思っていました。
でも、「難しそうだな」とも思いましたね。
そうそう、↑の写真は原作本の表紙だと思いますよ。
女の子が、な~んとなくキーラに見えなくもないですが・・・。
日本版の表紙は素晴らしいですね! 文庫も同じ表紙でとってもうれしかったです。
期間限定で女の子バージョンも出てたけど。。
本屋さんで本に出会い、手にとるかどうかって装丁が重要ですよね。
しかし、(胸が豊満でない)には笑うな~。
キーラは、どちらかというと「えぐれて」ますから(汗)。ハハハ。
私はトミーを演じてくれるアンドリュー・ガーフィールドくんに超・期待してますよん♪
映画、楽しみに待ちましょう! ではでは~。
[2009/03/05 22:19] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/648-4ba2cd07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!