母の愛~『チェンジリング』
チェンジリング



 CHANGELING


 1928年、ロサンゼルス。電話局で働き、女手一つで一人息子を育てるクリ
スティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)
。やむを得ず休日出勤した3月
のある土曜日
、彼女の9歳の息子・ウォルター行方不明になる・・・。

 名匠クリント・イーストウッドアンジー主演に迎え、息子を我が手に取り
戻そうと奔走する母の強さ、美しさ
を描いた、実話に基づく社会派ドラマイー
ストウッド78歳
、ますます冴え渡る映画屋としての、もう脱帽です。素晴ら
しい映画
でした。
 イーストウッドってバリバリの共和党支持者だし、マッチョなイメージがある
けど、こんなにもフェミニストだったとは・・・。「女」が持つ弱さ、粘り強さ、母性、
勇気
。その全てに、彼が最大限の敬意を払っているのがよくわかる。アンジー
も、自身の母としての立場リンクせざるを得ない、精神的に辛かったであろう
役柄
を演じ切っていて見事! 拍手喝采です。

チェンジリング2

 この映画は実話だと最初にクレジットされる。本当に、こんなにも残酷惨い
こと
が起こったのかと背筋が凍る思い。少年の誘拐・監禁事件はもちろん、ロス
市警
によるずさんな捜査違法な取り締まりには怒り心頭「失うものはもう何も
ない」
と微笑んで、警察と対峙するクリスティンの強靭な精神力・・・。そして彼女
「戦い方」「戦う大義」を授けたコールガール、キャロルを演じたエイミー・ラ
イアン
がまた、素晴らしいの! 女だって時には、身体を張って生きるんだ。言
うべき時には言うべき言葉がある!
 精神病院を出るキャロルとクリスティンが
無言で相手を見とめ、言葉も抱擁もなく別れる場面感動的。生きる場所や暮
らす環境が違う二人は、二度と会うことはないだろう。けれど、かけがえのない
「同志」
なのだ。エイミー・ライアンって本当に、いい女優さんだと思う。得難い

チェンジリング3

 卵型の帽子グローブ、スレンダーなラインのワンピースヒールという、ア
ンジーの「モガ」ファッション素敵1920年代のロスには市電が走っていたと
いうのも面白いし、ラジオの前に椅子を出して聴き入る姿も興味深かった。
 そしてこの映画は、過去の様々な作品を想起させる映画でもあった。精神科
病棟
を描き、アンジーにオスカーをもたらした『17歳のカルテ』、『カッコーの巣
の上で』
死刑執行を描いた『デッドマン・ウォーキング』カポーティ、数々
法廷劇。。そして1935年のアカデミー作品賞受賞作『或る夜の出来事』
看板がスクリーンに登場する。しかしだからと言って散漫な印象を受けたわ
けではなく、2時間22分の長尺を、緊張感を途切れさせずに引っ張る演出はさ
すが


 観る者を煽ることなく、しかし静かに確実に心に沁み込んでくる、イーストウ
ッド自身によるスコア
。ああ、早く『グラン・トリノ』観たい、観たい!!

 (『チェンジリング』監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
   主演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ/2008・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

[2009/02/20 22:36] | 映画 | トラックバック(51) | コメント(22) |
<<いつの間にか・・・ | ホーム | 慈雨の言葉~『一日一生』>>
コメント
真紅さん、こんばんは。
イーストウッド作品だから、絶対に間違いないと確信していたとはいうものの、
テーマも内容も主張も役者たちの演技やコンビネーションも、
何から何まで文句がつけられない作品でした。アカデミー賞の作品賞候補じゃないのが不思議なくらいです。

今日行ったシネコンに、『グラントリノ』のポスターがあって大喜び。
こちらも早く観たいですねぇ!

[2009/02/20 23:32] URL | 悠雅 #- [ 編集 ]
真紅さんこんばんは♪

いちばんに来て下さってありがとー☆^^絶賛ですね!
良かったですよね☆ほんとイーストウッドは女性を描いた今作も素晴らしく感情の揺れを演出していたし、脇のマルコやもちろん主演のアンジーも良かったですよね!
[2009/02/20 23:50] URL | mig #JTxNwRAU [ 編集 ]
こんにちは♪
みなさんおっしゃっているように、イーストウッド監督は押しも押されぬ大監督になりましたよね。
どの作品も平均以上のレベルだし、ブレがない。
静かな緊張感を持続させるのが上手いな~って思います。
当時のファッションとかラジオ生活とかとても興味深かったです。
劇中のアカデミー賞の話題も、今ちょうどタイムリーですよね。
[2009/02/21 20:11] URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集 ]
うんうん!あのキャロルと見つめ合うシーンなんて最高でしたね!
こうゆう演出が見受けられて本当に素晴らしかったです。
これだけ緊張感を保った演技をしてくれたアンジー、
それを演出したイーストウッド監督、
本当に脱帽ものでしたね~。
[2009/02/21 21:32] URL | miyu #- [ 編集 ]
真紅さま,こんばんは
私も今日観ましたよ~
イーストウッド監督作品のレベルの高さは
まったく,安心して観ていられますね。
無駄がまったくないのよね~
そして今回も監督みずからの音楽も素敵でした。
これが実話と思うと,途中,腹がたってたまりませんでした。
女性ならみんなそうじゃないかな。
アンジーはアカデミーノミネートも納得の演技でした。
[2009/02/21 22:54] URL | なな #- [ 編集 ]
こんばんは
そうそう、キャロルの存在はいいですね。本筋と関係ないようでいてちゃんと大きなテーマと関わっている。そういうプロットをちゃんと逃さず形にすることができているので、この映画はその重たさの一方で幸せなのですね。
[2009/02/22 03:29] URL | manimani #- [ 編集 ]
真紅さん

なんでわざわざ「true story」ってタイトル語に
出すのかなーと思ったんですが、あれが
無いとフィクションだと思ってしまう内容です
よね!
それにしてもイーストウッド、ほんとスゴイです。
[2009/02/22 10:14] URL | kazupon #mQop/nM. [ 編集 ]
真紅さん~こんにちは! 
これ、人ごととは思えなかったですよね。子供がいなくなっちゃった・・・って恐怖・・・。
いやぁ~それにしても、このオジサマ、ただもんじゃないですね。一体どこからそのパワーは溢れてくるのやら??アンジーの演技もさすがでした。
ところで、私は、今さっきまで、桜庭一樹さんの「ファミリーポートレイト」って本を読んでいて、そこに何度も「真紅」って言葉が登場するの。しかも、ちょっと色っぽい意味合いで(^^ゞ そのたび、真紅さんの事が頭に浮かんでしまっていたわん~。(あっと、本は長すぎて・・ダレてしまい、あんまり面白く読めなかったけれど・・)
[2009/02/22 16:47] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
悠雅さま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます!
レスが大変遅くなってごめんなさい!!

さて。私も絶大の信頼を置いて観ましたが、素晴らしい作品でしたね。
どうしても「母目線」になってしまうのですが、男性が観てもきっと素晴らしい映画だと思います。
『グラン・トリノ』もそうですが、アカデミー賞候補じゃないのが不思議ですよね~??
早く観たいです♪
ではでは、またお伺いします~。
[2009/02/24 18:40] URL | 真紅 #6O7sSeyw [ 編集 ]
migさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
そうそう、一番乗り~って喜んでたんだけどTBが飛ばなくて。。
でもさっき再送したら届きました♪
もう、これは絶賛したですね。文句なしの映画でした☆
ではでは、またお伺いしますね~。
[2009/02/24 18:42] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
ミチさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます♪
そうなんです。イーストウッドって演技も演出もやるし、音楽まで!
本当にすごい映画人だな~と思います。
静かな緊張感、そのとおりですね。長尺でしたけど引き付けられっ放しでした!
あのオスカーの予想場面もよかったです。
ではでは、またお伺いします~。
[2009/02/24 18:45] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
miyuさま~、こんにちは♪ コメントとTBをありがとうございます。
あの場面ね、私ほんっとーに!しびれました。くぅ~~~
カッコエエ~~。。
アンジーも、今までの作品で一番いい演技だったのでは?と思いました。
それを引き出したのはイーストウッドなんでしょうね~。
ホント、いい映画でした。
ではでは、後ほどお伺いします~。
[2009/02/24 18:48] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
ななさま、こんにちは♪ コメントとTBをありがとうございます。
全く、本当に素晴らしい映画だったと思います。
音楽もよかったですよね。シンプルなんだけど、心に響くというか・・・。
これが実話って、本当に理不尽で酷過ぎる話ですよね。。
でも、現実の世界でも十分起こりうる話だとも思いました。
ある意味、ものすごい恐怖を味わった映画でもあります。
アンジー、オスカー惜しかったね。。
でも、彼女ならまだまだいい演技を見せてくれると思います♪
ではでは、後ほどお伺いします~。
[2009/02/24 18:52] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
manimaniさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます!
アンジーをはじめ、役者さんは皆さん素晴らしかったですね。
私は個人的に、キャロルが印象的でした。
悲惨ではあるけれども、決して希望を失わない人々の映画ですね。
だからこそ暗いだけの映画にはなっていないのだと私も思います。
ではでは、後ほどお伺いします~。
[2009/02/24 18:54] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
kazuponさま、こんにちは! コメントとTBをありがとうございます。
本当に、事実は小説よりも奇なり、、なストーリーでしたね。
イーストウッドは向かうところ敵なしですね。
『グラン・トリノ』も楽しみです♪
ではでは、後ほどお伺いします~。
[2009/02/24 18:58] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
latifaさま~、こんにちは! コメントとTBをありがとうございます。
そうそう、私も観ながら「こんな映画観たら、もう子ども置いて仕事行けない!」と思ってました。
もう、恐怖だよね~。
イーストウッドのパワーの源って、何なんでしょうね。本当にすごい映画人だと思います。

桜庭さんの本はね~、『私の男』が私には「ギョギョ!!」だったので、他は読んでないんですよ~。
でも、自分の名前が出てくるなら読んでみようかな~、ムフフ。
色っぽい意味?! キャー、照れるな~♪♪
あ、でもあんまり面白くないんですね(爆)。
ではでは、後ほどお伺いします~。
[2009/02/24 19:03] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
これって、すっごいヒドイ話ですよね~。こんな時代に育たなくて良かった。私なんか一発で精神病院に入れられてしまいそうです。

http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-639.html
[2009/02/25 23:04] URL | チュチュ姫 #- [ 編集 ]
チュチュ姫さま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
そうそう、ほんっとヒドイ話よ・・・。
私も間違いなく病院送りだわ。
後で伺いますね。ではでは!
[2009/02/26 19:23] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは~真紅さん♪
先日は温かいコメントを頂き、どうもありがとうございました!

これは素晴らしい作品でしたね~
『「女」が持つ弱さ、粘り強さ、母性、勇気。その全てに、彼が最大限の敬意を払っているのがよくわかる』
私も同感です!中身の濃い映画でしたし、アカデミー賞の作品賞にノミネートされてもいいのに・・・と思いました。
ただ、子どもを持つ身としては、辛いシーンが多くってもう一度観る気にはなれそうにありません。亡くなった少年たちを思うと胸が苦しいわ~
[2009/03/01 15:56] URL | 由香 #- [ 編集 ]
由香さま~、こんにちは! コメントとTBをありがとうございます。
いやいや、こちらこそお忙しいところご訪問感謝です♪
私も、この映画は素晴らしいと思いました。
なかなか終わらないんだけど、それを差し引いても素晴らしかった。
私はね、主人公と同じ年の息子がいるので(しかも一人息子)、もう辛かったです。
泣けて泣けて、仕方ありませんでした。
観たの失敗だったと思いながら観てたくらい。
でも、最後の「HOPE.」ってセリフがとってもよかったですよね~。
だから後味は悪くなかったです。
ではでは、後ほどお伺いしますね~。
[2009/03/01 20:19] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さま こんにちは。
やっと今頃見てきました。公開が始まって一カ月以上経ってますからもう映画館はがらがら。お客さん3人しかいませんでした(汗)。
でも見てよかった!今スクリーンで見なかったら一生損したと思うほどすごい映画でした。握る拳に思わず力が入ってしまい、上映時間があっという間でした。重くて恐ろしい真実のお話。でも「残念なことに、こんな事件は二度と起こらないと断言することはできない」(パンフレットより)というイーストウッド監督の言葉が胸にずしんときます。当時の街並み、そして男優、女優の服装が素敵でした。
私にとって「アンジーの№1映画」です。でもちょっとやせすぎ・・・?この役のためにアンジーは心身けずったのかしら。名演でした。
帰ってきて真紅さんのこの映画評を拝見し、まさに共感。何度もうなづいてしまいました。
[2009/03/31 16:07] URL | メグ #OSjUVFqk [ 編集 ]
メグさま、こんにちは。コメントありがとうございます!
お久しぶりですね。
お客さん3人って、すごいな~(笑)。貸切状態ですね。
陰影が美しい映画だったと思います。スクリーンで観るのにふさわしい映画でした。
私はストーリーの結び方にちょっと難ありかな?とも思ったのですが(詰め込み過ぎ?)、それでも傑作には違いないと思います。
監督は、そんなことをおっしゃっているのですね。。
私も、今まで観たアンジーの作品では一番いいと思います!
やせ過ぎ、っていうのは私もすっごく感じました。
何でも、この映画の撮影前にお母様を亡くされて、激痩せ状態だったようですよ。
心身を削ったでしょうね。。彼女自身、母親でもありますし。。
オスカーノミニーにふさわしい名演だったと私も思います!
ではでは、またです~。
[2009/03/31 20:44] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/646-824ee185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
チェンジリング
ただ1人のわが子を求めて
[2009/02/20 23:28] 悠雅的生活
チェンジリング / CHANGELING
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました~ 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫ぶ
[2009/02/20 23:51] 我想一個人映画美的女人blog
チェンジリング
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネー...
[2009/02/21 02:41] LOVE Cinemas 調布
[映画『チェンジリング』を観た]
☆昨夜、『少年メリケンサック』を観たのだが、『チェンジリング』が本日公開で、速報性を重視し、先に報告させて頂く。  ・・・イーストウッド監督作品である。  今、最も安心して、その新作を観ることができる監督だと思う。  観てみると、驚くほど、その作家性は...
[2009/02/21 05:24] 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
「チェンジリング」  CHANGELING
息子が突如失踪し、その5ヵ月後見知らぬ少年を警察から押し付けられるものの、本物の我が子を取り戻すため権力の圧力に屈せず戦い続けるという1928年にロサンゼルスで実際に起きた「子供入れ替え」と「猟奇連続殺人」事件に巻き込まれた母親の姿を描いたクリント・イース...
[2009/02/21 10:09] 俺の明日はどっちだ
チェンジリング
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
[2009/02/21 11:07] Akira\'s VOICE
『チェンジリング』
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映...
[2009/02/21 13:42] めでぃあみっくす
『チェンジリング』
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
[2009/02/21 19:57] Sweet*Days**
映画 【チェンジリング】
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する
[2009/02/21 20:08] ミチの雑記帳
チェンジリング
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリ
[2009/02/21 21:31] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
「チェンジリング」クリント・イーストウッド
チェンジリングCHANGELING 2008アメリカ 監督・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 撮影:トム・スターン 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バ...
[2009/02/21 22:05] Mani_Mani
チェンジリング
ある日突然消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった・・・・・。1928年のロサンゼルスで実際に起きた,ひとりの母の物語。 あらすじ: 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリ
[2009/02/21 22:56] 虎猫の気まぐれシネマ日記
チェンジリング
本作に登場するゴードン・ノースコットの 事件にまつわる記事をちょっと読んでしまい、 あまりの陰惨さ故、気分的に観るのを ためらってましたが、観てみると事件の一番キツイ 部分をメインに描いている訳では無かったんですね。 息子が行方不明になり捜査を頼んでも...
[2009/02/22 10:11] It\'s a Wonderful Life
「チェンジリング」予想していたのとは違った
子供が誘拐され、戻って来た時には、別人だった・・・という「実話」だというのに、すごくソソられ、見たのですが。いや・・・クリント・イ...
[2009/02/22 16:35] ポコアポコヤ 映画倉庫
映画「チェンジリング」
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件~ 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザ...
[2009/02/22 17:18] 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
チェンジリング
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ
[2009/02/22 22:15] 小部屋日記
チェンジリング 心に刺さる映画
話題の映画「チェンジリング」を早速見てきました。 愛情の深い母親が、子どもの行方を探す物語だと思っていましたが、いい意味で違っていました。 行方不明になった子どもが、5ヶ月後に別人として帰ってく...
[2009/02/23 17:43] 事務屋の日記
「チェンジリング」
怒りと憤りで胸の震えがとまらなかった・・(涙)
[2009/02/24 01:03] ★ Shaberiba ★
【チェンジリング】
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
[2009/02/25 14:50] 日々のつぶやき
求めているのは希望。『チェンジリング』
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
[2009/02/26 14:25] 水曜日のシネマ日記
チェンジリング 2009-10
「チェンジリング」を観てきました~♪ 1928年の初春、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子のウォルターと映画を観に行く予定をしていた土曜、突然休日出勤を強いられる。約束よりかなり遅くなって家に帰ったクリスティン、一...
[2009/02/26 19:09] 観たよ~ん~
チェンジリング
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外
[2009/02/26 23:53] Yuhiの読書日記+α
チェンジリング(映画館)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
[2009/02/27 13:13] ひるめし。
【映画】チェンジリング
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜...
[2009/02/28 11:05] 新!やさぐれ日記
「チェンジリング」:古川橋バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}時代屋なんて、村松友視の小説みたいな骨董屋ね。 {/kaeru_en4/}しかし、古き良き時代を感じさせるものはいいよな。 {/hiyo_en2/}1920年代のロサンゼルスでも? {/kaeru_en4/}そりゃあ、クリント・イーストウッド監督の映画「チェンジリング」みたいに息
[2009/02/28 12:04] 【映画がはねたら、都バスに乗って】
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド。主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年
[2009/02/28 14:08] シネマ親父の“日々是妄言”
「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問
「チェンジリング」★★★☆ アンジェリーナ・ジョリー主演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分 「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、 数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は 別人だった、主人公は自分の子供でないと 主...
[2009/03/01 00:39] soramove
チェンジリング
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消
[2009/03/01 15:46] ★YUKAの気ままな有閑日記★
「チェンジリング」 苦さの意味
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
[2009/03/02 09:06] はらやんの映画徒然草
『チェンジリング』
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
[2009/03/03 12:19] 京の昼寝~♪
チェンジリング
チェンジリング’08:米 ◆原題:Changeling◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー...
[2009/03/03 20:57] ☆C\'est joli~ここちいい毎日を~☆
「チェンジリング」
「チェンジリング」、観ました。 子供を誘拐されたシングルマザーの身に起る、戦慄すべき実話を巨匠クリント・イーストウッド。主演はア...
[2009/03/04 12:24] クマの巣
『チェンジリング』の光と影
最近のハリウッド映画の画面には影がなく、闇もない。例えば顔をアップにしても、影に
[2009/03/04 21:33] Days of Books, Films
チェンジリング
Changeling (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン 1920年代のロサンゼルスで、横暴な警察権力と戦いながら、行方不明の息子を探し続ける母親の姿を実話に基づいて描く。 腐敗した警...
[2009/03/05 01:52] Movies 1-800
チェンジリング
★★★★☆  信じられないが、これは1928年のロスで本当にあった話である。当時悪名高かったロス市警は、行方不明になったウォルター少年を探し出し、母親に引き渡すのだが…。シングルマザーのクリスティンは、自分の息子ではないと主張する。       しかしロス
[2009/03/08 13:56] ケントのたそがれ劇場
チェンジリング
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、死...
[2009/03/08 15:46] 利用価値のない日々の雑学
「チェンジリング」観てきました♪
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 192
[2009/03/11 22:48] りんたろうの☆きときと日記☆
「チェンジリング」のオスカー授賞式のこと
この映画の中に登場したアカデミー賞授賞式のこと。「或る夜の出来事」と「クレオパトラ」が最もオスカーに近い作品のようであった。「クレオパトラ」といえば、我々はエリザベス・テイラー主演のあの愚鈍な超大作を思い浮かべるが、このときの「クレオパトラ」は、セシル...
[2009/03/14 11:39] 映画と出会う・世界が変わる
チェンジリング
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
[2009/03/14 13:26] 映画どうでしょう
チェンジリング
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
[2009/03/14 14:14] エンタメ日々更新
チェンジ・リング を観ました。
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
[2009/03/14 21:23] My Favorite Things
チェンジリング
映画館で観た予告編が面白そうだったので。 監督はクリント・イーストウッド。 ミステリーっぽくて面白そうなのだけれど、 彼の作品は、結構後味が悪かったりするので、 要注意。( ^ _ ^; 映画館で観ました。 1928年。 ロサンゼルスの郊外で 9歳の息子・ウ
[2009/03/23 11:28] 映画、言いたい放題!
チェンジリング(アメリカ)
珍しくマット(夫)が観てきた。ので、んじゃ私も! と、「チェンジリング」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー...
[2009/04/07 14:08] 映画でココロの筋トレ
『チェンジリング』
ちょっと前に観ていたんですけど、なかなか忙しくて記事があげられずにいた『チェンジリング』の感想をあげますー。 思っていたよりも感情の抑揚が静かな映画だったかなーっていう印象が。 ******************** クリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジ...
[2009/04/24 03:06] cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
チェンジリング
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの――?
[2009/07/21 15:59] Addict allcinema 映画レビュー
「チェンジリング」
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
[2009/07/24 00:02] 心の栄養♪映画と英語のジョーク
チェンジリング-(映画:2009年)-
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 評価:91点 信じ難い実話を、適度な演出で心に....
[2009/09/24 21:48] デコ親父はいつも減量中
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
[2009/10/10 10:36] ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
『チェンジリング』
チェンジリング 1928年L.A.電話交換手主任の息子が失踪。 5ケ月振りに警察が保護した息子は別人だった... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自...
[2010/01/19 02:22] 『映画な日々』 cinema-days
『チェンジリング』'08・米
あらすじ1928年。シングル・マザーのクリスティンの9歳の息子ウォルターが失踪する。5か月後、警察に息子を発見したと聞かされるが・・・。感想オスカー監督『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドによって信じられない実話を基に作られ、アカデミ...
[2010/03/03 00:25] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
「チェンジリング」
作品を作るたびに評価が高いクリント・イーストウッド監督と、 最近は奥さん役も板に付いて、母性愛の塊のような演技が光るアンジー姐さん。
[2010/08/17 02:38] ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!