きっつい、きっつい、芸の肥やし~『必死のパッチ』
必死のパッチ

 「いやぁ、まだこんなアホな子がおったんやねぇ・・・大変よかったですぅ」

 落語家・桂雀々自叙伝11歳母親が家出し、父親も蒸発ライフラインの
止められた家
で、借金取りに怯えながら、たった一人で生き抜いた中学時代
2002年、29年ぶりの母との再会プロローグに、落語と出逢い、桂枝雀に入門
するまでを描く。には「はっきり言ってホームレスの方が楽でした」麒麟・田村
がコメントを寄せている。

 『ホームレス中学生』では、家族「解散」した田村裕「亡くなったお母さんの
ところへ行きたい」
と、「生」よりも「死」に惹かれた部分が印象的だったし、無理も
ないことだとした。しかし、本書の松本貢一少年は違う。あくまで「生きること」
しか考えず、ギリギリの状況でも「必死のパッチ」で頑張る。凄いよ
 ちなみに「必死のパッチ」とは昨年、阪神・矢野選手お立ち台で使ってすっか
全国区(?)になった言葉。関西における「一生懸命」の最上級語であると、本書
では説明されている。

 親に捨てられ、先輩に罵られ、打ちのめされた貢一少年「落語」と出逢い、
を得た魚
のように活き活きと落語に魅せられてゆく姿天職と言えば簡単だけれど、
自分の試練「落語の神様が、ボクを落語に出会わせるために仕組んだ」と彼は
言う。その爽やかなまでの強さ、ひたむきな前向きさ涙し、心打たれない人が
いるだろうか


 願わくば、枝雀師匠と過ごした内弟子時代の話も読んでみたかった。それって
『ホームレス中学生』赤めだかで、最強の自叙伝間違いなしだったのに!
続編で是非、お願いしたいです。

 (『死のパッチ』桂雀々・著/幻冬舎・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2009/01/26 13:36] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<天国のほとりで~『そして、私たちは愛に帰る』 | ホーム | おばあちゃん、大好き~『西の魔女が死んだ』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/630-118203a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!