女の一念~『聖女の救済』
聖女の救済

 IT企業社長、真柴義孝遺体自宅で発見された。捜査線上に浮かんだのは
第一発見者で被害者の愛人、若山宏美と、パッチワーク作家被害者の妻、真柴
綾音
だった。完璧に見えた綾音のアリバイ、しかし。。

 東野圭吾によるガリレオシリーズ最新長編。湯川准教授や草薙刑事ら、お馴染
みのキャラクター
に加え、映画化された容疑者Xの献身原作には登場しなか
った刑事、内海薫が登場。彼女がipodで福山雅治を聴く場面や、湯川が眼鏡を押
し上げる仕草
など、映像が小説に与えた影響の大きさを感じる。本作も、映画化
もしくはドラマ化されるのは間違い無いだろう。

 「おそらく君たちは負ける。僕も勝てないだろう。これは完全犯罪だ」

 相変わらず読み易く、面白い小説だけれど、犯行のトリックがなかなか明かさ
れないのでイライラしてしまった。犯人は冒頭で提示されているので、早くネタを
教えてくれー
、と叫びたいような気分。実際の捜査となると、もっと地道で退屈
ものなのだろうけれど・・・。湯川先生は、三分の一近く読み進んでやっとご登場
事件のキィとなる人物、綾音の友人である津久井潤子に内海たちが辿り着いて
からは怒涛の展開

 ★以下、激しくネタバレします。未読の方はご注意下さい★




 実は私、綾音と潤子は同一人物なんじゃないか、と予想して見事に外しまし
(爆)。幻夜美冬みたいにね、整形して他人に成りすましてるんじゃない
かと思ったんですよ。全然違ったけど・・・。ストレートヘアの和風美人、っていう
のが東野さんの女性の好みですね(笑)。これは間違いなく。

 ラストで初めてわかる、タイトルの意味納得行かない部分もあるけれど、
虚数解を導き出す作者の手腕、お見事でした。

 (『聖女の救済』東野圭吾・著/文藝春秋・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

[2009/01/14 09:14] | 読書 | トラックバック(7) | コメント(6) |
<<その男、ゲバラ~『チェ 28歳の革命』 | ホーム | 僕の彼女を紹介します~『ラースと、その彼女』>>
コメント
真紅さん、こんにちは。
ミステリーは動機とかトリックとかを想像しながら読むのが楽しいですよね^^
もちろん、ハズす事の方が多いですけど。
主人公は完全犯罪を狙っていたのではないのかもしれないと思ったりします。
ただ生殺与奪の権利を握りたかっただけなのかも。
…やっぱり怖い話です。
今年もよろしくお願いします。
(最近、映画を観る波が遠のいてしまってます^^;
でも「007」は絶対観るぞ~!)
[2009/01/14 18:57] URL | miyuco #ubwH2qN2 [ 編集 ]
miyucoさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
私は、結構スススーっと何も考えずに読むほうなんですが、本作はあまりにもイライラしたので考えてしまいました(笑)。
完全犯罪とか虚数解とか言っても、やっぱり綾音の執念というか、そこが一番凄い・・・と思いました。
ホント、怖いですよね~! でもダンナが酷すぎるわ。
どうしてあんな男と結婚したんだ~、っていうのが一番納得行かなかった部分です。
『007』、私も絶対!観るつもりですが前作を観てないんですよ~。
「ありえん」と友人には言われてますが(汗)。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします~、ではでは!
[2009/01/15 08:43] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは~♪
体調にお気づかい頂き、どうもありがとうございました。お陰さまで復活しました!(笑)
今は変な風邪が流行っていますので(汗)、真紅さんも気を付けて下さいね!

本ですが、見事に映像に引っ張られている感じはありましたね~
以前は湯川と福山さんは全くイメージが違っていた気がしますが、今となっては作品を読んでいる間中福山さんが頭に浮かんじゃって、、、

『綾音と潤子は同一人物なんじゃないか』
ああ~面白い発想ですね。
私はそうは思わなかったのですが、途中、なかなか話が進まなくて、同じくイライラしました(笑)

私は短編の方も読みましたが、個人的にはソチラの方が好きでした。やっぱり映像の影響を受けていると思いましたが。
[2009/01/25 15:34] URL | 由香 #- [ 編集 ]
由香さま、こんにちは! コメントとTBをありがとうございます~。
そうそう、今「ボンド熱」っていうのが流行ってるらしいですね~(笑)。
私は今週は感染するか微妙なところなんですが。。あ~、でも早く観たい~。

この小説、ホント映像ありきでしたよね~。
内海薫も登場するし、湯川先生も福山くんの顔が浮かぶし!
トリックのタネあかしまでが長くて・・・。
でも常人では考え付かないトリックですよね。
『~苦悩』のほうも読んでみようかな~。
由香さんって古書店でゲットされてるんですね。
私も一度行ってみようと思います。
ではでは、またです~。
[2009/01/26 13:15] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん~こんばんは!
やっとこ図書館で順番が回って来たわ~。
で、今まさに読み終えたばかり。
感想だけど、真紅さんと同じ~~。
途中からイライラしてきた(^^ゞ
いつも通り、ハラハラドキドキ、どうなるんだ?一体どうやったんだ?何故なんだ?って楽しく読みました。

でもね・・読み終わって全体像が見えたら、なんだかちょっとだけ拍子抜けしたような気持ちも・・・。

で、同一人物説っていうのは、面白いね~!発送が凄いわ。私は実はあの冷血旦那が、潤子を殺して、実は妻をも狙っていたが、逆にそれを妻に察知されて、殺されたんでは?などという推理をしてましたが、外してた~~^^
後で感想書いたら、TBさせてね☆
[2009/07/24 22:58] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こんにちは~。コメントとTBありがとう♪
東野作品ってホント人気あるよね~。うちの図書館でも予約待ちがいつも凄いです。
根気よく待つしかないんだよね。。
気軽に読めるし、ドラマの影響もあってガリレオ先生人気はすっかり浸透している感じだし。

この小説は、トリックは「あり得ね~~」って思うよね、確かに(笑)。
同一人物説(?)は、やっぱり『白夜行』→『幻夜』の影響かな。。
これからも東野さんには、白夜行クラスの大作を期待したいですね。
後ほどお邪魔します~。
[2009/07/26 21:06] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/620-acda8b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『聖女の救済』 東野圭吾
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。                (「BOOK
[2009/01/14 18:59] milk pan,milk crown 
「聖女の救済」/東野圭吾
「聖女の救済」/東野圭吾(文芸春秋刊)  映画『容疑者Xの献身』の余韻がまだ少し残っているのだが、かみさんがブックオフでこの本を買って来たので便乗して読んでみた。 東野圭吾は今年の年間ベストセラーランキングで「容疑者Xの献身」、「聖女の救済」、「流星の絆
[2009/01/24 23:21] 京の昼寝~♪
聖女の救済
装幀は石崎健太郎。写真はゲッティー・イメージズ。初出「オール讀物」。 真柴義孝の毒殺の時、離婚を切り出されていた妻・綾音には鉄壁のア...
[2009/01/25 04:19] 粋な提案
【本】聖女の救済
        『聖女の救済』       東野圭吾        文芸春秋【comment】本作は、ガリレオシリーズの短編集『探偵ガリレオ』『予知夢』、長編『容疑者Xの献身』の続編として2冊同時刊行されたうちの一冊である長編だ。フジテレビのドラマ化や映画『容
[2009/01/25 15:16] ★YUKAの気ままな有閑日記★
東野圭吾 2作
「ガリレオの苦悩」 「聖女の救済」 
[2009/01/25 16:43] Akira\'s VOICE
東野圭吾『聖女の救済』
聖女の救済東野 圭吾文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『聖女の救済』を紹介します。ガリレオシリーズの長編作品です。真柴義孝が殺された。誰が殺したかは見当はついているが、その人のアリバイは完璧である。湯川が推理した真相は「虚数解(理論的に
[2009/03/14 01:45] itchy1976の日記
「 聖女の救済」「ガリレオの苦悩」感想
2冊同時に発売され・・
[2009/07/26 10:22] ポコアポコヤ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!