人生の旅人~『右岸』
右岸



 Rive droite


 福岡に生まれた祖父江九は、不思議な能力を持つ少年。その宿命ゆえに波乱
の人生
を歩む彼のには、常に幼馴染の兄妹、惣一郎と茉莉の面影があった。

 辻仁成江國香織『冷静と情熱のあいだ』以来のタッグを組み、男女の異な
る視点
から同じ登場人物を描いた長編小説文芸誌『すばる』5年に渡って
連載されていただけに、ずっしりと重い二段組、500ページを超える長編。

 実は私、こう見えても(?)江國香織さんのファンなんです・・・。彼女の作品
は、全て読んでいると思う。直木賞受賞以来、仕事熱心じゃなくなったな~、と
寂しく思っていたのだが、こんな企画が進行していたとは! 文芸誌って読ま
ないので、全然知らなかった江國バージョン『左岸』が読みたいがために、
この長い長い小説、読了しました。長かった~

 「辻仁成ってこんなこと書く人だったっけ?」と驚くほど、スピリチュアルワー
ルド全開
です。主人公のがどうも魅力的な人物に思えず、その九が思い続
ける茉莉も捉えどころがなく・・・。人間関係年代設定も、よくわからない部分
が多々。しかし読了してしまえば、そう悪い小説でもなかったな~、と思ってし
まう不思議な作品人がただ生きている、そのことこそが「奇跡」だという真理
を描くのに、随分遠回りしたね、という印象。

 さあ、今から『左岸』読むぞ~!(嬉)

 (『右岸』辻仁成・著/2008・集英社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2008/12/18 00:57] | 読書 | トラックバック(2) | コメント(4) |
<<今日も、明日も。~☆ 祝・ブログ三周年 ☆~ | ホーム | ネットショップでトラブル、ありますか? ~二重請求~>>
コメント
こんばんは。
最近TBいただくのみなので、こちらからコメントさせていただきます。
スピリチュアルな出来事が多い作品でした。
長い放浪の後にたどり着いたふたり。
結末に、ほっとしました。

「左岸」もお楽しみに。
[2008/12/18 21:34] URL | 藍色 #- [ 編集 ]
藍色さま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
TBのみでコメントを残さず、失礼してすみません。

辻仁成がこのようなスピリチュアル・ワールドを描いたことが意外でした。
『左岸』、まだ途中ですがこれは江国さんらしい文章で、楽しめそうです。
ではでは、またお伺いします。
[2008/12/19 12:57] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんばんは。
TBありがとうございました。
「スピリチュアル」でしたね。
私、辻さんの物語は「冷静と…」以外
2冊程度しか読んでないのですが
こんな作風なのか?と驚きました。

映画もたくさん観ていらっしゃるんですね。
私も映画好きなので、選ぶ時の参考にさせていただこうって思いました。
[2008/12/19 19:17] URL | なな #- [ 編集 ]
ななさま、初めましてこんにちは。こちらこそコメントとTBをありがとうございます。
私も、辻さんは数冊しか読んでいません。
だから、この作品のスピリチュアルな内容には驚きでした・・・。
私はそういう精神世界的な内容には抵抗はないのですが、引く方もいらっしゃるだろうな~、と思います。

映画、大好きなんですよ。
なかなか観たい映画が全て観られるわけではないのですが。。
また映画のお話もできるとうれしいです。
ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!
[2008/12/19 22:38] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/607-2ec49529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
右岸 辻仁成
装幀は新妻久典。写真は澁谷征司。「すばる」連載に加筆訂正。敬称略。 授かった不思議な力で人を救えずに苦しむ九。運命に翻弄されながら、...
[2008/12/18 21:20] 粋な提案
「右岸」辻仁成
右岸 辻仁成 JUGEMテーマ:読書 福岡で隣同士に住んでいた九と茉莉―。不思議な力を授かりながら、人を救うことができず苦しむ九。放浪の後、パリで最愛の女性・ネネに出会うが、いつも心の片隅には茉莉がいて…。辻仁成と江國香織の奏でる二重奏ふたたび。愛を信じ
[2008/12/19 19:18] ナナメモ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!