紹介できなかった本たち~読書カテゴリの記事が100を超えました~
 こんにちは。今年も残すところあと一月となりました。皆さまお元気ですか?

 もうすぐ祝☆3周年を迎える当ブログですが、先日ようやく「読書」カテゴリの
記事
100を超えました。ちなみに100番目の記事北村道子著衣裳術です。

 ブログ開設当時は映画メインのブログにするつもりでは全くなかったのですが、
成り行き上(?)こんなことになっている次第です。しかし昨年まではあまりに読書
記事が少なく
「これはイカン」と今年は一念発起(笑)いたしました。

 ブログの文章読書感想文とは違うので、少し難しく考え過ぎて記録を残せな
かった
のですね。未だにその傾向はあって、今年だけでもたくさんの記事にでき
なかった本
があります。あまりに残念なので、少しご紹介しますね。
----------------------------------

東京島


 『東京島』

 /桐野夏生・著
 /新潮社・2008



 無人島漂着した31人の男と、たった一人の女・清子極限状況での人間たち、
その剥き出しの「生」への欲望凄まじい本です。さすが桐野夏生さん、という感じ


長い終わりが始まる


 『長い終わりが始まる』

 /山崎ナオコーラ・著
 /講談社・2008



 「自分の将来に興味が無い」女子大生小笠原マンドリンサークル演奏活動
打ち込む彼女の痛々しい青春が描かれます。自転車二人乗りとか、人セク彷彿
させる描写もあり。好き嫌いが別れる小説だと思いますが、私は嫌いではないです。


図書館戦争


 『図書館戦争』

 /有川浩・著
 /メディアワークス・2006



 自ら「ライトノベル作家」と称する有川浩さんの大人気シリーズ第一弾阪急電車
好感したので読んでみたのですが、私にはちょっと合わなかったかな・・・。
『トップランナー』に出演した有川さんがダンナさんについて「あの人、私の外付けハード
ディスクなんですよ」
ノロけていたのが印象的でした。言うよね~(笑)。


時が滲む朝


 『時が滲む朝』

 /楊逸・著
 /文藝春秋・2008



 芥川賞候補だった前作ワンちゃん「日本語が未成熟」という理由で選外だった
のに、いきなり受賞(笑)。北京オリンピックがありましたからね・・・。しかし、著者
の大陸的な気性
はとっても魅力的今後も期待したいです。


あの戦争から遠くはなれて


 『あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅』

 /城戸久枝・著
 /情報センター出版局・2007



 2008年大宅壮一、講談社ノンフィクション賞をW受賞した力作です。日本生まれ
の中国残留孤児二世
である著者が自らの父の過酷な人生をたどり、あの頃と今の
日中関係を描き出します。リアル『大地の子』と言っても過言ではない本。ずっしりと
重みがありますが、多くの方に読んでいただきたいです。ちなみに、本作は来年NHK
にてドラマ化
されるのだとか。それは必見!


夏から夏へ


 『夏から夏へ』

 /佐藤多佳子・著
 /集英社・2008



 北京五輪、男子陸上400メートルリレー(4継)決勝を憶えていますか? 史上初、
日本陸上界にメダル
をもたらした4人の選手を追ったノンフィクション。北京での
メダルはいかにしてもたらされたのか、オリンピックに至る選手たちの一年丹念
な取材
で追っています。お嬢さん陸上をされているという著者がいかに陸上を愛
し、リスペクトしているか
がヒシヒシと伝わってきます。

-----------------------------------

 今回はほんの6冊だけですが、これからも自分が感動した本、面白かった本
どんどん紹介していきたいです。
長い記事、最後まで読んで下さってありがとうございました。今後ともよろしく♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2008/11/30 00:59] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<闘神~『最後のブルース・リー/ドラゴンへの道』 | ホーム | 白の闇~『ブラインドネス』>>
コメント
真紅さん、もうすぐ3周年になるのですね。
私のブログも来年1月で祝☆3周年となります。
祖母の思い出に始まり、映画と読書が好きな真紅さんのブログ、自分に正直で、多角的な観察眼をもっていて、いつも感心して読ませてもらっています。
読書では、映画の匂いがプンプンの「ナラタージュ」、映画では「パンズ・ラビリンス」に特に共感しました。お勧め映画と読書の紹介、これからも頼りにしています。
[2008/11/30 17:55] URL | 筆知 刻久 #- [ 編集 ]
筆知 刻久さま、こんにちは。コメントありがとうございます。
おお、ほとんど同時期にブログスタートしたのですね、私たち・・。
あっと言う間のような気もしますが、三年前のことは遥か昔のような気もします。
「自分に正直」そうですね。。各方面に配慮はしつつ、自分がどう感じたかを残したいなと思っています。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
こちらこそ、今後ともどうそよろしくお願いいたします!
ではでは~。
[2008/12/01 14:12] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
図書館戦争、真紅さまも、いまひとつだったみたいですね・・・^^
世間ではかなり評判が良いシリーズなので、ハマれないのって私だけかあ・・・・って淋しかったので、お仲間発見出来て、嬉しいです(^^;)

東京島は、興味があったんですが、まだ読んでいません。リクエスト数が凄かったので、予約しなかったんですが、どうしようかな~
[2008/12/01 19:24] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさま、こんにちは~。コメントありがとうございます。
図書館戦争シリーズ、凄いですよね~。スピンオフとかいっぱいあって。
でも、私はハマれなかったんですよ。。『ラブコメ今昔』も途中で止めました。
『阪急電車』は大好きだったのですが・・・。
私も、秘かに「肩身が狭い」と感じていたので、うれしいです。なんか後ろ向きなうれしさだけどね、ハハハ。

『東京島』これはなんともエグイ小説ですよ・・。
でも最後まで読ませるのは、やはり桐野さんの力量だと思いますね。
ではでは、私もまたお伺いします~。
[2008/12/01 20:13] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/595-221e3709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!