人はなぜ布を織り、纏うのか~北村道子『衣裳術』
衣裳術





 Michiko Kitamura

 The method of Costume


 スキヤキ・ウェスタン ジャンゴサムライたちを美しく飾り、メゾン・ド・ヒミコ
オダギリジョー完璧なゲイ・スタイリングを担当したトップスタイリスト、北村道子
を知っていますか。

 この本は、前半が著者のスタイリングした写真、後半が「服の力」と題されたロン
グ・インタビュー
で構成されている。アート・ディレクション中島英樹

 私が彼女の衣裳を意識したのはアカルイミライ『スキヤキ~』では、「ただの
時代劇じゃない」映画の世界観
衣裳がベストマッチしていた。しかし『アカルイ
ミライ』
では、浅野忠信オダギリジョーのスタイリングは異彩を放っていた。
 私はあの映画から同性愛的な匂いは嗅ぎ取れなかったのだけれど、北村さんが
表現したかったのは「ゲイ的な世界」だったのだそう。また『メゾン~』の感想で「ゲイ
たちの衣裳が汚い」
レビューされていたブロガーさんがいらした。私はそうは思わ
なかったのでビックリした記憶があるのだが、メゾンの住人たちは近所の人にいじ
められているという設定
だったため、あえてそう見える衣裳にしたのだという。鋭い方
には、ちゃんとそういうことがわかるのだなぁと反省。

 生い立ちから、世界を放浪した若き日々、スタイリストになったきっかけや俳優と
の出会い、映画の仕事
について。独特の価値観センスを感じさせる彼女の言葉
は、「孤高の仕事師」として耳を傾けるに、十分値すると思う。タオイズム「道」
追求する北村道子の「衣裳道」。まさに人生の先達です。

 (『衣裳術』北村道子・著/2008・リトルモア)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2008/11/12 09:33] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<危険な罠~『彼が二度愛したS』 | ホーム | 私の庭師との会話~『画家と庭師とカンパーニュ』>>
コメント
こんにちは♪
読んでくださったのね~!
北村さんの生き方考え方がビシーっとしていて、なんだか近づきがたい雰囲気を感じました。
そんな彼女に見込まれてるオダジョー始め何人かの俳優たちは幸せですよね。
北村さんが同じ町出身なのがちょいと自慢です(笑)
[2008/11/12 23:04] URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集 ]
ミチさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます♪
この本、ミチさまのお宅で拝見しなかったら知らないままだったと思います。
ご紹介、ホントに感謝しています。すっごく刺激的な本でした!
北村さん、石川県の方なのですよね。自慢、しまくって下さい(笑)。
ではでは、またお伺いします~。
[2008/11/12 23:28] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/583-f89c6f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「衣裳術」 北村道子
{/book/}「衣裳術」北村道子 北村道子さんの名前は、知ってる人は知ってるけど、知らない人は全く知らないかもしれません。ちなみにオダギリジョーファンだったら絶対に知ってる名前だと思います。 北村道子さんはトップスタイリスト、衣裳デザイナーとして数々の衣裳を...
[2008/11/12 23:01] ミチの雑記帳
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!