隣人Xの犠牲~『容疑者Xの献身』
容疑者X文庫

 天才的な数学の才能を持ちながら、高校教師として不遇な日々を送る石神
孤独に生きてきた彼はある日、アパートの隣室に住む母子が、しつこくつきまとう
元夫を殺してしまったことを知る・・・。

 当代きっての人気作家、東野圭吾直木賞受賞作福山雅治主演映画容疑者
Xの献身
原作小説。映画を観てからの読破ゆえ、映画作品と比較しての感想
なるのをお許し下さい。

 まず、映画が原作にほぼ忠実に作られていることに驚いた。セリフや状況も原作
のまま
使われている場面が多く、映像を思い浮かべながら読み進む。石神=堤真一
のキャスティング
は、容貌でなく堤さんの演技力を買ってのものであることは明らか。
原作通りの「ダルマの石神」なら、容姿的には木村祐一(キム兄)でしょう。彼も俳優
として評価が高い
ようなので(私は個人的には好きではないが)、キム兄版石神
観てみたいような気もする。湯川=福山くんは全く違和感なし。原作ではその人と
なりがイメージし難い靖子も、松雪泰子が演じることで石神の「献身」の為の必要
十分条件
が満たされた気がする。

 原作との一番の違いは、内海薫=柴咲コウの存在。これはいらないんじゃない
でしょうかね・・・。草薙=北村一輝で十分でしょう。工藤=ダンカンっていうのも、
ちょっと残念な印象。もう少し「バリバリ誠実」オーラが出ている俳優さんのほうが
よかったのでは? 緒方直人とか。上川隆也とかね。

 と、なんだかすっかり映画の感想になってしまったが(汗)。。この小説は文庫化
されて以来、150万部売れているそうです。理路整然として難解でなく、エンタメ
に徹した小説
であることが人気の秘密でしょうか。

 (『容疑者Xの献身』東野圭吾・著/文春文庫・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

[2008/10/25 14:14] | 読書 | トラックバック(9) | コメント(12) |
<<ゴヤの亡霊たち~『宮廷画家ゴヤは見た』 | ホーム | 映画作ろう!~『僕らのミライへ逆回転』>>
コメント
真紅さま こんにちは。
原作お読みになったのですね♪ありがとうございます!原作ファンとしてたいへん嬉しいです。
真紅さんがイメージした「石神」はキム兄でしたか。私はずっと温水洋一さんをイメージして読んでました(汗)。でもヤフー!映画でのレビューを読むと映画版の石神役は堤さんで大正解だったみたいですね。ガリレオ役は、かつてずっと、真田広之さんをイメージしながら原作を読んでいたので、福山くんに決まったときは「う~ん」と思ったものでした。福山雅治というとどうしても「古畑任三郎」での車椅子殺人犯の印象が強かったので。でも真田さんでは今となってはちょっと年とりすぎですね。TVドラマの方は、原作にない柴咲コウの女刑事が設定されていると知り、実は私も見ていないんです。真紅さんのおっしゃるとおり「いらない」ですよ。出るのは「イイ男」だけでいいの(笑)。

『ダークナイト』も、原作(screenplay)を読むと、レイチェルの登場シーンが結構多いのです。きっと編集段階でバッサリCUTして、作品の的を「イイ男対決」に絞ったのでしょう。マギーさんには申し訳ないけどそれで正解だったと思います。
原作に忠実だといわれる「X」の映画版、早く見に行かなくては・・・ますます期待大です。ありがとうございましたっ★
[2008/10/25 21:38] URL | メグ #OSjUVFqk [ 編集 ]
メグさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
ぬっくんですか~。ハハハ!いいかも~。でも私の中では、彼は「ダルマ」のイメージじゃないかも?
それに彼が福山くんとタメ、というのは無理があるな~(笑)。
でも『人のセックスを笑うな』で、永作ちゃんと同級生の役でしたから、彼ってもしかして若いのかな~(汗)。。
真田さん、確かに学者っぽい怜悧な雰囲気もありますね。
映画では、コウちゃんパワハラされてて可哀相でしたよ。。
福山くんが古畑シリーズに出てたとは知りませんでした。
彼は若い頃より全然イイ男になってますね。大好きです。
映画は大ヒットしてロングランだと思いますから、年内目標で是非ご覧下さいね!
ではでは、またです~。
[2008/10/26 00:54] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん~こんにちは!
ダルマ=キム兄 っての、すんごいピッタリで、ヒザを叩いたわ。でもキム兄ってああ見えても(失礼(^^;))モテモテなのよねぇ~ だから、ちょっと実生活的には違うみたいね。(私も好きな人ではない)
私は ダルマ=重松清さん(こりゃまた失礼過ぎ!!大汗)ってイメージして読んでいたわ。

堤さんが演じることで、小説版以上に、石神の献身的な愛とか哀愁とかがプラスされたのね。
さっすが、堤さん!!評判が良くて堤さんも嬉しいでしょうね^^

で、上でのコメントに横からすいません。
ぬるみずさんって1964年生まれなのよお~~~!!(!!の意味は本当は若いのね?の意味)
 私は福山君といえば、ひとつ屋根の下の時の印象をず~っと引きずってます。  
[2008/10/26 08:22] URL | latifa #5lgk84Pk [ 編集 ]
真紅さま
原作お読みになったのですね
堤さんの評価は高い様ですが〈ダルマの石神〉を見てみたい気持ちがありますね
配役の中でピッタリしたのは松雪泰子ですね
やつれた美貌と自分でも忘れてしまっている〈女〉が滲み出ている感じがピッタリだと思います
柴咲コウは好きなんですが、いらないですよねー笑
東野圭吾はもういいよ!になってしまった私ですが、そうか…〈エンタメに徹した小説〉ねぇ…真紅さまの表現、納得!
胸にストンとつかえがおりました(^^)
[2008/10/26 10:51] URL | Maria #3m4C9JA6 [ 編集 ]
latifaさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます!
そうそう、キム兄ってモテるみたいですよね。。謎(爆)。
重松さんか~、それも、爆笑! 確かに「ダルマ」のイメージありますね(ごめんなさい~)。
私はあまり重松さんの小説読まないんですが、この間『ブルーベリー』読みました。
小説版の石神って、やっぱり不気味キャラだと思うんですよ。
でも、堤さんはさすがにスマートと言うか、頭いいんだろうな~、っていう感じを醸し出しておられましたよ!←ファンの贔屓目?

で、ぬっくんの生年情報ありがとうございます!
64年生まれか~、容姿的には年齢不詳ですよね(笑)。
でも、『人セク』で永作ちゃんの同級生、っていう設定には突っ込みましたよ。
映画の登場人物たちも、思いっきり突っ込んでたけど。。
福山くんのチィ兄ちゃん、大好きでしたわ~。ケンケンのポーズね!
本当に、素敵な方だと思います。ずっと独身でいて欲しい~。。
ではでは、またお伺いしますね。
[2008/10/26 15:17] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
Mariaさま、こんにちは~。コメントありがとうございます!
今年は東野作品がマイブーム(?)で、割と読みました。
この作品は、映画化を知り、読むのは観てからにしようと思っていたんですよ。
映画はテレビ的な部分もありますが、堤さんと松雪さんの演技でよい作品になっていると思いました。
コウちゃんには、もうちょっと頑張って、女優さんとして一皮剥けて欲しいと思います。
東野作品、「もういいよ」っていう気持ち、なんとなくわかります~(笑)。
しかし私はガリレオシリーズの新作長編は読もうと思っています。
理系の方らしく、簡潔な文体ですがこれだけベストセラーを連発するって凄いですよね。。
ではでは、またです~。
[2008/10/26 15:24] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
わたしは 原作を読んでから映画だったのですがかなり原作に忠実で わたしも驚きました。
映画を見るまでは 石神が 堤さん?そこが心配だったけど
これは見事にクリア、彼の演技力でしょうね~。
木村祐一(キム兄)=石神 これ良いかも(笑)
映画で 湯川が犯行に気が付いたのは石神が自分の風貌のことを気にしたからという台詞がやっぱりナットクいきませんでしたから。
わたしも同じです、原作より松雪泰子が演じたからここまで献身できたことが理解できるし、そうです!ダンカン、これがミスキャスト~~石神が言うように ほんとに悪い人かと思いました(笑)
内海刑事は わたしも映画ではいらないと思いました・・草薙=北村一輝と湯川で充分ですよね~。わたしも堤さん、松雪さんの登場でかなり完成度の高い映画だったと思います。
[2008/10/27 10:15] URL | yoko #qx6UTKxA [ 編集 ]
yokoさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
原作を先に読まれた方は、皆さん石神のキャスティングに懐疑的だったようですね。
しかし、その懸念も杞憂だったようで、さすが堤さん!という感じでうれしいです。
確かに福山くんは若々しいですが、堤さんも素敵ですよね♪
ダンカンとコウちゃんは、やっぱりテレビ的なキャスティングですよね。
その辺りを突き詰めれば、もっともっとよい作品になったのでは・・、と思います。
原作者の東野さんも、満足の映画化作品ではないかと思いました。
ではでは、またです~。
[2008/10/27 10:51] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
映画は原作にわりと忠実でしたよね~
柴咲さんのキャラと雪山を抜かして(汗)
柴咲さんのキャラは、ドラマに華を持たせるためだったのでしょうが、映画だと・・・ちょっと軽さが目立ちましたよね。
湯川、草薙、石神の3人の男の心理を浮かびあげた方がもっと重厚感があった気がします。
それにしても堤さんの石神は素晴らしかった!!
原作ではどう~も石神のやったことに引いちゃったのですが、映画だと涙涙でした。
もちろんいけないことをやったのですが、、、哀しみがズーンと伝わってきました。
[2008/10/27 13:50] URL | 由香 #- [ 編集 ]
由香さま、こんにちは! こちらこそコメントとTBをありがとうございます。
そうそう、あの雪山のシーンは無理に映画的にしようとした気がしましたよね。
あと、最初のニュース映像もいらなかったですよね。。
でもやっぱりテレビ局製作だから、いろいろと縛りがあるのかもしれないですね。
原作だと絶対に堤さんの顔は浮かばないと思うのですが(笑)、彼の演技はとってもよかったですよね~。
私も、この映画でまさか泣くとは思ってなかったのでビックリでした!
石神のしたことは絶対に犯してはならない罪なんですが、愛する人のためにそこまでできるのか、という・・・。
でも作品としてキチンと裁いていますからね。
映画と小説、両方堪能できましたね!
ではでは、またお伺いします~。
[2008/10/28 09:15] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こちらにも。
自分で配役考えるのって楽しいですよね。
この作品は有名だから、皆さん、色々イメージ
もっていたことでしょうね。
工藤の↑配役ね。
<緒方直人とか。上川隆也・・>
うん!!ダンカンよりずっといいよ~~~笑
どっちかといえば私は上川さん押すかな。
お店でお酒飲んでいるイメージが湧くから。。。
[2008/10/28 12:02] URL | みみこ #mQop/nM. [ 編集 ]
みみこさま、こちらにもコメントとTBをありがとうございます。
ダンカンっていうのがビックリでしたね。
私は原作を読んで、工藤の印象が「真面目で誠実そうな紳士」だったことに驚きましたよ。。
万人が納得するキャストっていうのはあり得ないですが、原作のイメージは大事にしたいですよね。
東野さんは、原作と映像作品は全く別物と捉える方のようですが。
映画と小説、両方楽しめた作品でした!
ではでは、またお伺いします~。
[2008/10/28 20:16] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/568-500e73e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
容疑者Xの献身
東野圭吾 著
[2008/10/25 15:48] Akira\'s VOICE
容疑者Xの献身、東野圭吾
装幀:石崎健太郎。2005年ミステリ各賞1位。第134回直木賞受賞作。 「ゲームの名は誘拐」「トキオ」「レイクサイド」など作品が立...
[2008/10/26 01:39] 粋な提案
「容疑者Xの献身」東野 圭吾  感想
オチ(トリック)には、びっくり!全く想像もしてなかった事だったので。そこは本当に凄いわ~!って唸ったのだけれど、どうもそれ以外の部分、この主人公の石神といい、靖子といい、あんまり惹かれる処のないキャラだったというか・・・。
[2008/10/26 08:15] ポコアポコヤ
【本】容疑者Xの献身
         『容疑者Xの献身』     東野圭吾     文藝春秋        ~*第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞受賞作品~【comment】  No,1『探偵ガリレオ』    No,2『予知夢』《湯川&草薙シリーズ》の↑の2作品読んだ後、一刻も早くコチ
[2008/10/27 13:41] ★YUKAの気ままな有閑日記★
容疑者Xの献身 著  東野圭吾
容疑者Xの献身    著  東野圭吾 映画の内容参照 感想   映画を観てから、原作を読みました。 あらすじは、映画と同じな...
[2008/10/28 12:03] ちょっとお話
幾何の問題に関数の解法で臨む愚か
東野圭吾「ガリレオ」シリーズは、つい先達て単行本が2冊同時に刊行となった。私は『探偵ガリレオ』から『容疑者Xの献身』まで文庫本で揃えているので最新刊は文庫落ちを待つつもりだ。とは云っても、石神の事件の後の湯川や草薙の消息は気になる。ああ、悩ましい。
[2008/11/04 06:47] MESCALINE DRIVE
本 「容疑者Xの献身」
やはり東野圭吾さんは長編の方が合っているような気がします。 さらさらと読みやすい
[2009/01/04 07:29] はらやんの映画徒然草
「容疑者Xの献身」を観てきました・・・プチレビュー
ドラマ「ガリレオ」の映画版、「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました。 ドラマ版は全部見ておらず、とりあえずドラマの第1話のみと昨日放送された エピソード0をチェックしました。エピソード0のラストシーンがオープニングに つながっていたり、学生時代の石神が登場し...
[2009/08/20 01:34] 気ままな映画生活
東野圭吾『容疑者Xの献身』
容疑者Xの献身文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『容疑者Xの献身』を紹介します。本書は、直木賞の受賞作ということで、結構評価が高いとおもいますが、私は普通に面白いとは思いましたが、そんなに評価が高いと言うことに驚いています。私は、本書より...
[2009/08/30 00:44] itchy1976の日記
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!