名プロデューサーかく語りき~『仕事道楽―スタジオジブリの現場』
仕事道楽

 スタジオジブリのプロデューサーとして、数々の名作を世に送り出してきた
鈴木敏夫氏。高畑勲、宮崎駿という一筋縄ではいかない天才クリエイター
叱咤激励し、作品を完成させる「日本一の猛獣使い」。著者自らの歩みはもち
ろん、両監督との出会いと人柄、ジブリ設立や作品製作にまつわる秘話、プロ
デューサーとしての哲学など、ジブリファンならずとも得るところ大と思われる
「聞き書き」形式の新書写真やイラストも楽しめるし、とっても面白かったです。

 日本では「映画は監督のもの」とされ、プロデュース業って滅多に表に出ること
がない気がする。そんな業界の中で、鈴木さんは多分日本で一番有名な(表に
出る)プロデューサー
じゃないだろうか。

 宮崎駿に較べ、高畑勲の人となりはあまり紹介されたことがなかった気がする
けど、これ程の超「変人」だったとは・・・。でも、そんな高畑さんを宮崎駿は大好
きなんですね。鈴木さんを含めた三人の関係は、「尊敬し合っていない」と言い
つつも、とても強い絆で結ばれている。宮崎駿がどれくらい純粋に、真摯に作品
と向き合っているかも語られていて、私は感動のあまり、読みながら二度ほど
泣いてしまった


 どんなに素晴らしい作品が生み出されても、それがマーケットに乗り、多くの
人の目に触れなければ意味が無い。営業や宣伝で、如何に映画の運命が左右
されるか
もよくわかる。鈴木さん、これからもジブリをよろしくお願いしますよ!

 (『仕事道楽―スタジオジブリの現場』 鈴木敏夫・著/岩波書店・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

[2008/10/20 20:00] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<釘付け。~HONDA NEW ODYSSEY:「PARKING TICKET」篇 | ホーム | 天才マックスの世界~『ゲット スマート』>>
コメント
真紅さん、こんばんわ。
真紅さんが薦めていたので読みました。
”好奇心”と”細部へのこだわり”。これが、クリエイターに最も重要なキーワードだったとは、驚きました。感心しました。
何回やってもTB出来ませんでしたので、メールのみで失礼します。ではまた。
[2008/11/18 18:58] URL | 筆知 刻久 #- [ 編集 ]
筆知 刻久さま、こんにちは。コメントありがとうございます。
この本、読まれたのですね~、ありがとうございます!
新書ですが、とても読み応えのある本だったと思います。
TB、お手数かけてすみません。こちらからは届くと思うのですが・・・。
後ほどお伺いしますね。ではでは~。
[2008/11/19 14:08] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/565-66deb802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!