鹿男、世界を救う~『鹿男あをによし』
鹿男あをによし


 The fantastic Deer-Man


 あをによし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり

 研究室に居られなくなり、奈良の私立女子高に赴任することになった大学院生
(筑波大学?)の「おれ」長月(九月)の終わりのある日、彼は鹿に話しかけられ
る。「さあ、神無月だ--出番だよ、先生」

 TVドラマ化もされた、万城目学氏の第三作にして直木賞候補作。いや~、面白
かった!
 図書館での予約待ちが非常に長かったのですが、待っていた甲斐があ
りました♪ 鴨川ホルモー京都から、同じ関西の古都・奈良に舞台を移し、展開
される「ザ・マキメワールド」。万城目さん、間違いなく進化していてうれしい。

 私は大阪在住者ですが、実は京都よりも奈良の方に親しみを感じていたりしま
す。それ故、本作のロケ地マップ(?)が頭に浮かび易かった、というのも、非常に
面白く読めた理由の一つかもしれません。JRの「三都物語」といえば京都・大阪・
神戸
だし、ちょっと影が薄い感がある(かもしれない)奈良ですが、甘く見てはいけ
ません!「大和は国のまほろば」ですから!! そこには「神の使い」である鹿がたく
さんいらっしゃいます。神無月(十月)に本作を読むことができたのも、神の思し召し
かもしれません(笑)。

 ラストがいきなり『紅の豚』になってしまったことと、奈良が舞台なのに会話文まで
標準語
なことだけ、少し残念に思いました。しかし、豊富な歴史的知識に裏打ちさ
れた、千年の時空を越えるストーリー奇想天外なこと! これでマキメワールド
コンプリートしてしまった(4冊だけど)、寂しいな~。次はウワサの森見ワールド
突入
、かな。

 (『鹿男あをによし』 万城目学・著/幻冬舎・2007)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

[2008/10/11 15:09] | 読書 | トラックバック(3) | コメント(6) |
<<変人ガリレオの友情~『容疑者Xの献身』 | ホーム | 色彩の叙事詩~『落下の王国』>>
コメント
こんにちは!真紅さま^^
そうなんです、体調もいまひとつなのに、前々から計画していた旅行だったので、ふんばって出かけました。しかし旅行先でダウンしてしまい、、、全く・・・です(^^;)
帰ってすぐ真紅さまのブログを拝見しに来ていたんですよ♪
うわ~~話したい記事が一杯アップされてら!どれから手をつけりゃいいんだぁ!!状態で、後からゆっくりお邪魔しよう・・・と思っておりました^^
まずはこれ。
そうかぁ~やっぱり地元民?の方は良いなぁ~。風景や位置関係が浮かんで読めるなんて!!
それにしても、真紅さまって普段は大阪弁を話しているんですか?普段は標準語なので、全然イメージが沸いて来ないんです。(他の関西のブロガーさんたちも、殆どの方が文章では標準語なんですよね、不思議だ^^)

ところで・・・森見さん、先日2冊トライしたんですが、残念ながら私にはずぼっとハマらなかったみたいでした。他の方々には、すごーく評判が良いですよ♪
[2008/10/17 15:12] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
お疲れのところ、早速お越しいただいてすみません!
(私も速攻でお邪魔してしまいましたが)
ご旅行だったのですね。いいなぁ~。私は近年、もっぱら国内ですよ。

私、無茶苦茶なまってますよ・・・(汗)。
書き言葉って、小学校の頃から標準語で書く習慣がついてますよね、作文とか。
だから、地方の方でもみなさんブログは標準語になるんじゃないかな。。
友達とのメールも、標準語だったりしますよ。
だから万城目さんも標準語で書いたのかな~(笑)。

森見さんね、実は『夜は短し~』にトライしたんですよ。
でも、ちょっと挫折しそう・・・。『美女と竹林』も予約してるし。
もし読めたら、感想書きたいと思います。
ではでは、旅行記の続きも楽しみにしてます~。
[2008/10/17 16:53] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
はじめまして。
latifaさんのブログからたどってきました。

>ラストが紅の豚
確かに!そうですよね!w( ̄Д ̄;)
いつの世も男を救うのは女子なのかもしれません。
イトちゃんの潔さが好きです。

[2008/10/20 09:38] URL | 日月 #ffVU29mw [ 編集 ]
日月さま、はじめまして! ようこそいらっしゃいました♪ コメントありがとうございます。
あのラストはよかったのですが、やっぱり既視感ありますよね。
イトちゃん、カッコよかったです。本当に、潔い女の子で・・・。
面白い小説でしたね。
ではでは、今後ともよろしくお願いします♪ 後ほど伺わせていただきますね~。
[2008/10/20 16:39] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、おはようございます。
「鹿男あをによし」は、小説は未読なのですが、ドラマは大好きです。虚実入り混じった日本史の話が最高に面白いですよね。
いつか小説も読んでみたいと思います。

追伸

私も奈良が好きで、行くたびにドラマに登場した場所を撮っていました。
[2009/12/30 09:20] URL | Bell Bottom Blues #1VuCtGsk [ 編集 ]
Bell Bottom Bluesさん、こちらにもコメントとTBをありがとうございます~。
私は、ドラマは観ていないのですよ。
でも、とっても評判のよいドラマでしたよね~。
あれで玉木さんの人気は確たるものになった気がします。
万城目さんの小説は、どれもスロースターターなんですが、オススメですよ。
是非読んでみて下さい~。
奈良、いいですよね♪ 私もまた行きたいです。
[2009/12/30 21:27] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/559-1789d612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
鹿男あをによし 万城目学
イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。書き下ろし。 主人公で語り手の28歳の「おれ」は、大学の研究室から2学期限定で奈良女...
[2008/10/12 02:25] 粋な提案
「鹿男あをによし」「鴨川ホルモー」感想 万城目学
万城目学さんの本を2冊読んでみました。王様のブランチで、万城目さんのインタビューを見て興味を持ったのが一番のきっかけです。「鹿男」は既にドラマが始まっていたので、ドラマと原作とを比較しながら読みました。
[2008/10/17 15:14] ポコアポコヤ
「鹿男あをによし」ロケ地探し001
大好きだった「鹿男あをによし」。ドラマで登場した場所を実際に探してみました。 上記は第一話。小川先生が東大寺講堂跡で鹿と出会う場面...
[2009/12/30 09:15] memphis blues again
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!