記録はウソをつく~『悪意』
悪意

 人気作家・日高邦彦が自宅で殺害された。被害者の幼馴染で、第一発見者である
野々口修によって記録された事件は、野々口の元同僚、加賀恭一郎刑事によって
推理される。誰が、一体何の為に? 動機に潜む「悪意」の正体とは・・・。

東野圭吾の作品はこれで一区切りなどと言いながら、手持ちの本がなくなると
つい、彼の作品を手に取ってしまう。読み始めたが最後、一気読み面白いんだ
なぁ、困ったことに。。


 推理小説というジャンルはさほど好きではないので、謎解きは得意ではないし、
読みながら真相を考えたりすることはほとんどない。しかし、この作品にはすっ
かり騙された! 人間の「思い込み」第一印象がいかに頼りないものであるかを
痛感させられるし、記録(手記)とは人間の主観や私意抜きには残されないもの
と思い知らされる。鉄則。記録は疑ってかからねば。。

 人間の心に巣食う悪意偏見というものの理不尽さと不条理「理由なき悪意」
身震いする結末。お見事・・・。

 (『悪意』 東野圭吾・著/講談社文庫・2001)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

[2008/10/06 00:14] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<大人なヒーロー~『アイアンマン』 | ホーム | ~ポール・ニューマン追悼~BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID>>
コメント
こんにちは!東野さんは本当におもしろい作品ばかりですよね~。そんな中でも私が一番気に入っているのがこの「悪意」です。この動機の理不尽さって、ある意味でとてもリアルだと思うんです。ありそうでなかった作品ですよね~
[2008/10/06 04:31] URL | ミリアム #- [ 編集 ]
ミリアムさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
おお、この作品が一番ですか! 確かに、短めの長編ではありますが滅法面白いですよね。
リアル、そうですね~。自分でも理由のわからない感覚って、ありますものね。
東野作品、ホント面白いですね! ではでは、またです~。
[2008/10/06 20:10] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/555-3baf59bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!