映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

~ポール・ニューマン追悼~BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID

ポール・ニューマン

 先月26日、ポール・ニューマンが亡くなりました・・・。享年83歳。彼の出演作は
あまり観ていないのですが、一番好きなのはやはり『明日に向って撃て!』です。

 アメリカン・ニューシネマの傑作と誉れ高い、ご存知「涙の大天才」ジョージ・ロイ・
ヒル監督
による1969年の映画。鮮烈なラストはもちろんですが、忘れ難いのは
ポール・ニューマン扮するブッチとエッタの自転車のシーン。そう、バート・バカラ
ック
です。

 Raindrops Keep Fallin'on My Head♪

 観たのは随分前ですが、また観てみたいな・・。新たな発見があるかも。
名優が去るのは悲しく寂しいですが、映画は永遠に残りますから。

 BUTCH CASSIDY,as the Eeternal. R.I.P.

ポール・ニューマン2

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

2008-10-05 : 映画雑談 : コメント : 12 : トラックバック : 2
Pagetop
記録はウソをつく~『悪意』 «  ホーム  » 恩寵としての恋の病~『コレラの時代の愛』
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「新・明日に向って撃て!」~「明日に向って撃て!」
「新・明日に向って撃て!」  BUTCH AND SUNDANCE: THE EARLY DAYS 1979年/アメリカ/112分 レンタルショップの棚でも見かけてはいたけれど、「明日に向って撃て!」の人気にあやかってか、なんと身の程知らず、恐ろしいことを考えるんだ、と横目で見ていました。 ...
2008-10-06 13:08 : 寄り道カフェ
私の青春映画の金字塔
「俺たちに明日はない」 「明日に向って撃て!」  誰でも青春のやわらかい感性の時代に、強烈にインプットされてしまった映画ってあると思う。何度観ても、いつ観ても、わくわくして、胸が疼く。私の青春。絶対に外せない映画。私はこの2本。 いまでも鮮烈だ。色褪せ...
2008-10-06 13:08 : 寄り道カフェ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

真紅さん、はじめまして。Saraと申します。
いつも素敵なレビューを拝見していましたが、丁度私も同じテーマで記事を書いたところでしたのでTBさせていただきました。
(もしかしたら二度送信してしまったかも。もしそうでしたらお手数ですが削除していただけますか?申し訳ありません!)
ポール・ニューマンは私の初恋の男です♪
時代も違いますが、もうこういう映画スターは出てこないでしょうね・・・・。

今後もお邪魔させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
2008-10-05 15:14 : Sara URL : 編集
「次はオーストラリアに行こうぜ」と未来を語った直後にふたりは、ドアの外へ・・

同じ「死」で締めくくられたラストでも「俺たちに明日はない」とは違い、なんとな~く温かみが残ったのは不思議ですね。

高校生で鑑賞以来、全然見ていないので、ぜひ再見したい作品です
2008-10-05 20:01 : anupam URL : 編集
Saraさま、初めまして!拙ブログへようこそ~。コメントありがとうございます。
TBは残念ながら届いていないようです、ごめんなさい!
URLが入っていないので、貴ブログへもお邪魔できずにすみません。
ポール・ニューマンが初恋、いいですね~!
アメリカで、全世界で愛された名優でしたね。ご冥福をお祈りします。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
ではでは~。
2008-10-05 23:38 : 真紅 URL : 編集
anupamさま、こんにちは~。コメントありがとうございます。
あのラストのストップモーション、粋でしたね。
その後の二人は何となく暗示されているものの。
『俺たちに明日はない』とは対照的なラストですね。あちらも凄い衝撃を受けましたが。。
私も、再見したいです。BSあたりでやってくれないかな。。
ではでは、またです~。
2008-10-05 23:40 : 真紅 URL : 編集
真紅さま
きゃ~、TBの件、失礼しました。こちらからは送信されているようなんですが・・・・。
URL入れておきますので、よろしければ一度お越しになって下さいませ。
では、また♪
2008-10-05 23:57 : Sara URL : 編集
Saraさま、再びお越しくださりありがとうございます!
TBはやはり届いていないようです・・・。
が、気を取り直してこちらからお伺いしますね。
ではでは、後ほど~♪
2008-10-06 00:18 : 真紅 URL : 編集
友人に「イントゥ・ザ・ワイルド」良かったメールしたときに、その返事で訃報を知り驚きました。
「明日に向かって撃て!」はまさに私の青春映画の金字塔!
最後にみたのは「ロード・トゥ・パーディション」渋みがあって、いい役者人生を歩んできたんだなってつくづく思った。「評決」も忘れがたい。
2008-10-06 12:00 : シュエット URL : 編集
シュエットさま、こちらにもコメントとTBをありがとうございます。
この映画、アメリカン・ニューシネマの大傑作ですね。
数年前シネフェスタっていう映画館が閉館するとき、記念上映された記憶があります。
私は観に行けなかったのですが・・・。
いつかスクリーンで観てみたいです。
『ロード・トゥ~』は未見なので、観なくちゃですね!
ではでは、後ほど~。
2008-10-06 20:20 : 真紅 URL : 編集
真紅さん、こんにちわ
 P・ニューマン好きでした、何故か「明日に向かって撃て!」も「スティング」も未見ですがもっと若いころの「熱いトタン屋根の猫」や「暴力脱獄」「動く標的」など見てます、若い頃の影があるカッコいいニューマンは大好きでした。特に「熱い・・・」は苦悩する姿がセクシー?(確かゲイが題材だったような・・・)渋くなってからの「ロード・トゥ・・・」や「ハスラー2」も良かったけど・・・やはり若い時はとてもセクシーでしたね、名作「明日に向かって」もぜひ見ないと!でもきっと大満足の一生だったでしょうね。ご冥福をお祈りします。

 そして日本でも緒形拳さんが・・・、とても残念です。「復讐するは我にあり」の熱演は忘れられません。ご冥福をお祈りします。
2008-10-08 10:25 : イニスJr URL : 編集
イニスJrさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうなんですか、有名どころは未見なのに、渋い作品をご覧になっているのですね!
『明日~』も『スティング』も面白いですよ。是非ご覧になって下さい。
私は『ロード・トゥ~』(しかし酷いカタカナ邦題ですね)を未見なので、近々観たいと思ってます。

緒方拳さん、突然で私もビックリしました。
随分老けられたなぁと思っていたのですが、ガンを患っていたのですね。。
しかし亡くなる数日前まで普通に仕事をこなされて、凄い人だと思います。
あと10年は十分、俳優として活躍されたでしょうに・・。残念ですね。
ご冥福をお祈りします。ではでは・・。
2008-10-09 09:04 : 真紅 URL : 編集
「今度はオーストラリアだ」
ブッチはユーモアがあってヤバい状況の時でも心に余裕のある人でしたね。
ああいう風になりたいな~(惚れたいな~じゃなく)自分はいつもどーしよーどーしよーってあせるタイプだから。
ところでボリビアって未だにどこだかわからん。
意外と忘れられているみたいなのがSマックイーンと競演した「タワーリングインフェルノ」。
TVで見たときに、もっと早く生まれてたらスクリーンで見られたのになあと思ったもので。
遅まきながらご冥福をお祈りします。
2008-10-11 22:56 : garagie URL : 編集
「英語が通じる」
garagieさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
私も「どうしよう」タイプですね。大らかな方がうらやましい。憧れます。
『タワーリング・インフェルノ』 決して忘れているわけではないのですが、あの映画はポール・ニューマンの、というよりも「マックイーンの」映画として記憶されている方が多いのではないでしょうか。
私も大昔にTVで観たきりですが・・・。
名優の死は寂しいですが、映画で偲びたいと思います。
ではでは!
2008-10-12 09:22 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!