何を食べ、どう生きるか~『食品の裏側:みんな大好きな食品添加物』
飽食の時代」と言われて久しい。コンビニは24時間、空腹を即座に満たしてくれ
るし、ファミレスファーストフードも日常生活の一部だ。主婦向けの雑誌には
『食費をいかに削るか』が特集され、食品は底値で買うのが賢い主婦の務めだと
喧伝されている。
 そんな世の中に「待った」をかける本書。食品添加物商社のトップセールスマン
だった著者は、業界のまさに「裏側」から、溢れかえる「加工食品」と「食の崩壊
に警鐘を鳴らす。

 告発本といえば、『買ってはいけない』シリーズや、最近では『脳内汚染』など
が記憶に新しい。思えば、『買ってはいけない』を読了後は何ともいえない不安で
頭がいっぱいになった記憶がある。人間の身体に悪いものを、平気で売って利益を
上げる大企業に対する怒りや不満は理解できるが、「じゃあどうすればいいの?」
買ってはいけないと槍玉になった商品を買わないという選択しか読者には提示され
ておらず、それでは消費者は置き去りにされるだけだ。
『脳内汚染』に至っては、テレビゲームパソコンインターネット)を利用すれ
ばするほどこの世は恐ろしいことになっていく、という不安を煽りに煽り、あまり
にもその語り口が大袈裟で、矢追純一のUFO番組を観ているかのような気分になって
くる(例えが古過ぎ、笑)。もちろん、書いてある内容の多くは納得できるもので
あったことは間違いないのだけれど・・。

 これらの本と『食品の裏側』の異なる点は、告発の元になる食品添加物をただの
悪役にせず、その利点も明らかにしながら消費者が取るべき態度にまで言及してい
ることだ。食品添加物は便利で安価な商品であり、今更これなくして食生活を営も
うと思えば無人島にでも行くしかない、と著者自身も認めている。その上で、添加
物を複合摂取する場合の安全性や味覚の麻痺などの問題、食育の重要性などの観点
から「食品添加物とどう付き合うか」を読者に語りかけてくる。
「どうしてこんなに安くできるのか、どうしていつまでも腐らないのか。疑問に思っ
てみませんか?」と。

 本書に「ドレッシングくらい手作りしましょう」という一文がある。これは効い
た、かなり痛い。恥ずかしながら、ドレッシングを作ったことがない。ほとんど
毎週末ファーストフードに行っているし、おやつも手作りしない。ダメダメな私で
ある。実際「ドレッシングくらい、買わせてよ(安いし)」というのが多数派の本音
ではないだろうか?しかし本書を読んで「手間をとるか、添加物をとるか」と問わ
れれば、少なくとも「一回作ってみるか」と思わずにいられないだろう。
飽食の時代であればこそ、「安く買えるのがいい」という価値観や、便利で手早く
食事が作れる食材を求める傾向を根本から考え直すべき時期にあるのかもしれない。
食べ物を安価に手早く得られた反面、我々が失いつつあるものは何なのか?
一読の価値ある本だ。

(『食品の裏側:みんな大好きな食品添加物安部司・著/東洋経済新報社/2005)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

[2006/07/18 14:51] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<よくできてると思う、それでも~『クラッシュ』 | ホーム | 予習!復習!準備OK?~『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』>>
コメント
真紅さん、こんばんは。
面白そうな本ですね。本屋で探してみます。図書館で借りられたらいいなぁ。

食品添加物については怖い話はいろいろ聞くものの、たまに食べるどん兵衛やポテトチップス、ビッグマックの美味しさは逆らいがたい魅力がありますよね。
しかし、あまり食べ過ぎると身体が拒否するのも事実で、昔レトルトカレーにハマった時期がありまして、1週間に3~4度食べていましたが、ある日突然一口食べた瞬間吐き気がして、それ以来全く食べられなくなりました。友人も同じような経験があるそうです。単に食べ過ぎだったのかもしれませんが。
でもやはり手作りが一番美味しいですね。安いし。
ちなみに手作りドレッシングは超簡単ですよ。
オリーブオイルとお酢を2:1もしくは3:1で混ぜて塩&胡椒を上からふって終わりです。オイルはいい物を、塩は自然塩を、粒胡椒を使う寸前にすった物を使用するのがポイント。美味いですよ。
ただゴマドレッシングだけは面倒くさくて買っちゃいますけど…。
[2006/07/19 01:19] URL | ライチ茶 #- [ 編集 ]
ライチ茶さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
この本もそうですが、私は読みたい本があったらほとんど図書館で借ります。全て買っていたら大変なことになりますから(笑)
ただかなり人気で、予約してから結構待ちました。やさしく読み易く書かれていますので、立ち読みでもOKかもしれません。
ドレッシングのレシピもありがとうございます。サラダオイルじゃなくても、オリーブオイルでもできるのですね。
ちなみに「粒胡椒をする」ということもしたことありません(恥)まずは荒挽きコショーでやってみますね。
この本は添加物の問題について書かれていますが、食に関しては農薬の問題も大きいのでしょうね。
まず私たちが「安いほう、見映えがいいほう」を選択するのを止めることから始めないといけないのですが・・。
また面白い本があったら紹介しますね。ありがとうございました。
[2006/07/19 09:17] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは。
『買ってはいけない』、人から借りて読んで絶望的な(大げさ)気持ちになったおぼえがあります。じゃあどうやって生きていったらいいのよ~と当時は思ったのに、結局大して変わっていないわたしなのですが、えへへ。
真紅さんは『ボウリングフォーコロンバイン』ご覧になりましたか?あの映画の中でM。マンソンも‘今の時代は国民の不安を煽って物を売ろうとする奴が多い’というようなことを言ってました。マンソン見直しました(もともとそんなに知らないのだけど)。
わたしもコンビニ大好き人間で手軽な方に流れがちなので、ちょっとだけ心を入れ替えてみようかな・・・。実践できるかは謎ですが~。
それではこの辺で失礼いたします。『ゆれる』すんごく楽しみ~なかいろでございました。
[2006/07/19 22:25] URL | かいろ #- [ 編集 ]
かいろさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
『ボウリング・フォー・コロンバイン』観ましたよ~。マリリン・マンソンって素顔どんなんやろね(笑)
私もコンビニ大好きです。特に夜入ると安心します。「ああ、何でもあるわ~」みたいな・・。
でもその便利さが、逆に命取りだったりしてね・・。
『ゆれる』観られるのですね、いいないいな~、超観たい。オダジョー大好きです。観られたら感想アップして下さいね!
ではまた覗いてみて下さい、ありがとうございました。
[2006/07/20 00:26] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
お休み中にアッチャコッチャのぞかさせてもらってまして、おんや~~、私も読んだよ~コレってなもんでちょこっとオジャマを。^^

要は真紅さん、あれですよ~、「安いモンにはワケがあって安いんですわね~」ですわね。^^

こんな便利で何でもあるご時勢に何でも手作りにしましょう、な~~んてムリムリ。

で~~~も、知っておかねばならないことは知っておかねばね!♪

実はこういう手合いの本が大~~~好きな私なのです。(笑)
真紅さんのマネッコして、ではでは♪
[2007/08/21 13:24] URL | viva jiji #kzLu3bv6 [ 編集 ]
viva jijiさま、こんにちは~。コメントありがとうございます。
北の大地では秋の気配でしょうか? こちらはまだまだ「あっつうぅぅ~~」です。ハァ~。。

さてさて。この本を読んだのは早一年以上前なのですが、食をめぐる状況は消費者にとってますます悪くなる一方ですね。
某国の輸入品、加工品から野菜までもう絶対に買う気は起こりませんし、賞味期限の改ざんなど、企業倫理も地に落ちた感がありますね。
(「白い恋人」・・・。残念ですねー)
「安いモノには理由がある」、まさに!まさにその通りなのですよね。
地産地消、手作りが理想なのはもちろんなのですけれども、アンテナを張り巡らして利用できるものは利用し、「賢い消費者」を目指したいと思います。
私もまたお伺いしますね。ではでは~(笑)
[2007/08/21 15:25] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/55-a75beef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!