ざわわ ざわわ~『八月十五日の夜会』
八月十五日の夜会

 An Evening Party on August 15, 1945



 大学生の東江(あがりえ)秀二は、亡くなった祖父の散骨のために沖縄を訪れる。

 児玉清氏が絶賛し、私も大好きな恋愛小説『水曜の朝、午前三時』で覆面作家とし
てデビューした、蓮見圭一氏の長編小説。当時は文壇から無視されたり、新潮社
の社長が書いたのではないかという噂
まであった蓮見氏だけれど、現在はプロフィ
ールを公開
している。

 本作は、題名と小説の語り口に『水曜の朝~』との共通点を感じた。朝と夜、日付
と曜日、時刻
。ある人物が受け取ったカセットテープ、そこから物語られる、長い
長い、忘れ難い記憶
。。70年代と第二次大戦末期、恋愛小説と戦時を描いた小説
いう違いはあるが、『水曜の朝~』にもヒロインの祖父が「A級戦犯」だった、という
「戦争の影」が織り込まれていた。

 究極の同世代体験であり、かつ個人的な体験でもある「戦争」沖縄の離島
起こったこと、起きなかったこと。夏の陽射しの中で知らされなかったこと、命を
奪われたものたち・・
若いということが「哀しいこと」だったあの時代。そして哀し
いはずのことを「哀しい」と口に出して言えなかったあの時代・・・。静かに語られ
るからこそ、凄みを感じる。今、こうして「生かされている」ことへの感謝の念と、
鎮魂の思いが溢れる。

 (『八月十五日の夜会』蓮見圭一・著/2008・新潮社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2008/09/18 00:27] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<飛び出す絵本・映画版~『パコと魔法の絵本』 | ホーム | TOKIOはスーパーシティなんだゾ!~『TOKYO!』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/542-c3194e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『八月十五日の夜会』 蓮見圭一
「蓮見圭一」の長篇小説『八月十五日の夜会』を読みました。 [八月十五日の夜会] 「城山三郎」の著作『指揮官たちの特攻 ―幸福は花びらのごとく― 』に続き太平洋戦争をテーマとし
[2013/09/11 20:42] じゅうのblog
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!