TOKIOはスーパーシティなんだゾ!~『TOKYO!』
TOKYO.jpg


 TOKYO


 大都市・東京を舞台に、三人の外国人監督が競作したオムニバスミシェル・ゴン
ドリー
大好き♪だし、ポン・ジュノ『殺人の追憶』に唸ったし、レオス・カラックス
はやっぱり『ポンヌフの恋人』だし・・・、と、物凄く楽しみにしていた作品。
なのに、なのに、アレレレレ?

------------------------------------
 ★ インテリア・デザイン ★ Interior Design by Michel Gondry

 東京の旧友を頼って上京した「自称」映画監督(加瀬亮)とその彼女(藤谷文子)
住む部屋も見つからず、車はレッカー移動され、「志が低い」と言われた彼女は・・・。

TOKYO4

 期待したほどにはゴンドリー流・映像マジックが感じられなかった作品。舞台と
なる東京の「狭い」部屋もごちゃごゃしてやけにリアルで、ポップじゃない。映画監督
が上映する自主制作映画なんかは、いかにもゴンドリーが好きそうな感じだな、と
思ったけど・・・。あ、これ長回しだ、と気づいたシーンがあり。しかし、椅子になる
って凄い発想だなぁ。不条理劇みたい。
------------------------------------
 ★ メルド ★ Merde by Leos Carax

 マンホールから現れ、破壊と攻撃を繰り返す「下水道の怪人」メルド(ドニ・ラヴ
ァン)
。捕らえられた彼は裁判にかけられ、絞首刑となるのだが・・・。

TOKYO3

 これね、松本人志が観たら地団駄踏んで悔しがりそうな発想だな、と思いまし
た。オープニングの感じが大日本人みたいだったし。しかしこれは外国人監督
じゃないと絶対撮れない作品
だと思う。もちろん、日本人には撮って欲しくも無い
けどね。かなり不愉快
 何故って、こういうシニカルさを前面に出した映画にはユーモアが必要不可欠
だと思うのだけど、それがないから。全くない。そしてそれ以前に、東京への愛
が皆無
怒怒怒
 「糞」って自虐ネタですか。しかしドニ・ラヴァン怪人っぷりがハマリ過ぎです。
怖いよ
------------------------------------
 ★ シェイキング東京 ★ Shaking Tokyo by Bong Joon-ho

 10年間引きこもり生活を続けていた男(香川照之)が、ピザ配達人女の子(蒼井
優)
と出会い、外に出る決心をする・・・。

TOKYO2

 映像が綺麗で、一番「安心して」観られた作品だった。タイトルの「Shaking」
には地震と、「ゆれる」っていう意味もあるのかな。芸術の域にまで達した「整理
整頓」
は素晴らしいけれど、「東京よ、小さくまとまるな!」っていうメッセージ
にも感じられた。ラスト、蒼井嬢のかすかな微笑みに、希望が見える。
-----------------------------------

 三作品通して、外国人の見ている東京のイメージ、っていうのはこんな感じな
のか・・・、と、ちょっと悲しくなってしまった。狭くてゴチャゴチャしてて、暗くて
湿っぽくて
。私は東京に住んではいないけれど、もうちょっと愛情を込めて、日本
の首都
を撮って欲しかったと思う。東京が、クールでポップで魅力的な街だと思う
のって、田舎者の幻想なんだろうか。

 (『TOKYO!』2008・仏、日本、独、韓国/
    :『インテリア・デザイン』監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
                  主演:藤谷文子、加瀬亮
    :『メルド』監督・脚本:レオス・カラックス
                  主演:ドニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメ
    :『シェイキング東京』監督・脚本:ポン・ジュノ/主演:香川照之、蒼井優
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

[2008/09/17 22:42] | 映画 | トラックバック(14) | コメント(13) |
<<ざわわ ざわわ~『八月十五日の夜会』 | ホーム | 一人と三匹~『アルビン/歌うシマリス3兄弟』>>
コメント
そうなんですよ~。
東京を題材に撮るなら愛情を持って撮って欲しかったなぁ~って
思っちゃいましたよね~。
映画としては面白いところもあったけど、
やっぱり日本人としてはちょっと不愉快な気持ちに
なってしまうところが大きかったように思いましたよね。
確かに、日本人には撮れない、撮って欲しくない
内容ではありました。
コレはコレでいいとして、日本や東京への愛情、
敬意の感じられる東京をテーマにした作品が
作られることを願います。
[2008/09/17 23:04] URL | miyu #- [ 編集 ]
miyuさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
そうそう。。どの作品も別に東京が題材じゃなくても。。っていう内容だったし、プロデューサーはどういうコンセプトで監督の人選をしたのかと思いますよね。
誰か、この映画を観た監督が「オレがもっと愛を持って東京を撮る!」とか言って立ち上がってくれませんかね~。
出資したいです(笑)。
これが外国人の見る東京の普通の姿だとしたら、悲しいです。。
敬意も感じられませんでしたよね。残念です。
ではでは、またお伺いします~。
[2008/09/18 00:07] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは。
いや、本当に、せっかくの企画なのに、寂しい出来栄えでありました。
愛はなくとも、もうちょっと魅力的な東京を見せてくれたっていいのになーって感じでしたよねぇぇ。
プロデューサーがなっとらんってまず思いました。
こんなことなら、日本の新鋭監督にやらせた方がよかったって思いまする・・・
[2008/09/18 01:44] URL | かえる #- [ 編集 ]
かえるさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
TB、また承認できないんです・・。『レッド・バルーン』は承認できたのですが、ホントにすみません!(土下座)
私も、これは本当にこれでいいのかとプロデューサーに問うてみたいです。
最近観た『転々』の東京がとても素敵だったので、尚更ガッカリ・・・。
今年のワーストにしてしまうかも。。
ではでは、またお伺いしますね!これに懲りず・・。映画は素晴らしいと信じて。。
[2008/09/18 16:51] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん

ゴンドリーのはあの空気感で2時間くらいあってもいいかもって思ってます(笑)退屈すぎ?
いや、今回のは敢えてあんな作風にしたんだと
ちょっと思ってます。
カラックスのは見て感想書くころはギョ!って
印象悪かったんですけど、今いろいろ思いめぐらすとあそこまで悪意の塊のような映画はちょっと
撮れないだろうなぁと思います。日本出資で
日本人を挑発するような内容ですもん。
なんでちょっと感想に追記しました。
今回3本のオムニだったのであれはキッツイですけど、もっと沢山短編のあるやつだったら
あれは際立ってたような気もしますね。
そういう意味では出来よさげな
ポンジュノのが一番無難で
つまらなかった気もします(笑)
[2008/09/18 21:13] URL | kazupon #mQop/nM. [ 編集 ]
kazuponさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
うーん、ゴンドリーのはあれで2時間の尺だったら傑作になってたかもですね(笑)。
カラックスのはね、私記事アップしてからも気分が悪いですよ。
自分って大人じゃないのかなーとも思うんですけど、ガーデンシネマから駅まであんなに長く感じたことなかったですもん。
地下に書いてあった緋文字に目を疑いましたね。ショックでした。
そうそうポン・ジュノのパートも、面白くはなかったですよね。
今回、蒼井優嬢をかわいく撮るのにいっぱいいっぱいだったとか(笑)。
これ今年のワーストにしても許して下さいね(マジで)。
ではでは、またお伺いしますね~。
[2008/09/18 23:30] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
私も真紅さんと同じ感想を持ったけれど、その後思ったの。私はなにを期待していたんだろうって。ではどういうTOKYOが描ける?って考えたら、イメージがないんですよね。どういう風に描ける?って。ありそうで実態が見えてこない。「曖昧な」って言葉が浮かんでくる。
彼らからみたら、こういう風にしか、これ以上のイメージが浮かんでこない「曖昧な」ものかもしれない。この乖離こそが、世界の中の日本という国、日本人自身の問題ではないかしらって思う。
カラックスなどは、死刑制度のある国、第二次大戦の総括を未だに出消えない国。そういう視線もあると思う、それが地下にあった陸軍の弾薬であり。絞首刑ではないかなって、そこまで考えてしまった。
私は彼らが自分たちの感覚に正直に描いてくれたtことに敬意を評したいと思った。
外部からみたTOKYOって、マラソンなど街を俯瞰した映像みても。海外の都市と見比べると、ドラマが浮かんでこないもの。私たちの日本。ショックだったけど、外からみたがこんな風にしか映ってない。これはきちんと受け止めないといけないんではないかなって思う。
[2008/09/21 20:03] URL | シュエット #- [ 編集 ]
真紅さん、もうすこしゴメンね。
アメリカって今とんでもないとこまで来ていると思うの。日本の同じだと思うの。アメリカ映画で羨ましいと思うのが。コーエン兄弟『ノーカントリー」、ポール・トーマス・アンダーソン「ゼア・ウィル。ビー・ブラッド」ロバート・レッドフォード「大いなる陰謀」、ポール・ハギス「告発のとき」それから湾岸戦争を描いた「ジャーヘッド」などなど、内部から自分たちの病巣や恥部を自分たちの国の実態を抉って描いている。そこが一方ではアメリカの強さだと思うの。自浄能力も内部にもってている。でも日本の映画で、戦争をテーマにした映画もヒューマニズムで美化した映画が多いと思う。外部から見たらどうなんだ? 「TOKYO!」の製作意図もここにあるんではないかしら。
真紅さんなら、お話できるかなって思うこと書いてしまいました。私もショックだったけど、それ以上に、これは真摯に受け止めんといけないじゃないかなって思ったものだから。
[2008/09/21 20:42] URL | シュエット #- [ 編集 ]
シュエットさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
実はですね・・・。寄り道カフェに伺ったのですが、評価されてるのかな~、と思って帰ってきました。
でも、同じ感想を持たれたとは! ちょっと驚きです。
この映画、割と高く評価されてる方もいらっしゃるのですが、正直私は「どうして?」と思ってしまうんですよね。。
こんな風にコケにされて(カラックスだけですけども)、どうして楽しめたりするのかな、と。
そう思う自分って、芸術がわからないバカなのかな~、とか思ってしまってさらに落ち込み・・・。
結局、カラックスは東京=日本と捉えているんですよね。
でも、私にしたら「ごっちゃにすんなー!」と思ってしまうんですよ。
TOKYOを描くコンセプトのオムニバス映画に、死刑制度持ち出してくんなよ、と思ってしまうんです←過激?
結局、COOL JAPANだ、オタク文化だ、っていうのは一部の盛り上がりでしかないんですね。。
う~ん、確かにアメリカは今混迷を極めているように見えますけども、アメリカで作られる映画はしっかり現実を捉えているような印象ですね。
外国人監督が描いた映画で、日本の現状を知らされるというのも悲しいものがありますが・・・。
確かに、真摯に受け入れないといけないのかもしれません。。

しかし本当に、コメントありがとうございました。
ずーっと頭に血が昇ったままだったので。。真摯なご意見、感謝いたします!
それでは、また後ほど改めてお伺いします~。
[2008/09/21 22:58] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは。コメント&TBさせていただいたのですが久しぶりですね。
同じ作品を見た場合、真紅さんと感想が重なることが多いような気がなんとなくしていたんですが、この作品については反応が対照的ですね。ぼくのベストはなんとカラックスでした。
どの作品も、限られた予算(たぶん)と時間の枠内でよく練られているように思いました。でも、東京って、こんな感じなんじゃないでしょうかねえ...そう感じるのは、ある意味で、ぼくも部外者だからなのかもしれませんが。
[2008/10/06 22:01] URL | Ken-U #- [ 編集 ]
Ken-Uさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
お久しぶりなのにこんなネガな記事で、申し訳ないです。。
そうですか、カラックスがベストでいらしたのですね。
自分がここまでネガな感想になるのは珍しいので、ネットのレビューを割りと読んだのです。
カラックス編が一番よかったという評価の方も結構いらっしゃいました。特に男性が。
確かに、東京はこんな感じなのかもしれません・・・。自分こそ完全に「部外者」なので、イメージだけで思い込んでいるだけですが。
ではでは、後ほどお伺いしますね!
[2008/10/07 15:01] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは!
やっと見たけど・・・
まあ・・・評判悪かったので期待しないで見たから、この程度の気持ちで済んだけど、何も知らずに劇場に行ったら、私もかなりムッとしちゃってたと思う。
特に2作目のメルドは酷かったなぁ・・・。
なんか、昔ポンヌフとか見た時の気持ちとかが、しぼんでしまった感じ・・・・。
そんなつもりは無いのかもしれないけれど、日本をちょっとコケにしてる?って思っちゃうところ、あったな・・・
[2009/05/17 11:34] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こちらにもコメント、TBもありがとう!
これね~。。私もちょっと期待満々だったんで、どんだけ落ち込んだか。。
映画館から駅への道のりが、あんなに遠く感じられたのは初めてです。
いい映画観たあとは、あっと言う間に着くのに。。
メルドは、はっきり言って人生ワースト映画です。
ポンヌフか~、若かったよね~、ビノシュも。
コケにしまくりよね。バカにしてるわ。いや、カラックスは確信犯でしょう。
どうでもいいけどね。。←映画好きにあるまじき発言
ではでは、後ほど~。
[2009/05/18 19:56] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/541-a7e6d896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOKYO!
 『この街は進化し続ける運命にある──。』  コチラの「TOKYO!」は、驚異的なオリジナリティで世界の映画界をクリエイトするトップクリエイターが、ポップカルチャー溢れる世界でも最もクールな都市”東京”の今を鮮明に描いた8/16公開の豪華な競作オムニバス映画なの...
[2008/09/17 22:57] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
TOKYO!
ソウル、NY、パリという大都市で活躍する個性的な3人の監督たちが、 「東京」を舞台に独特な視点で描いた1作をまとめた本作。 世界上映に先駆けて16日から渋谷で先行上映だったので観てきました~。 これ、短編ではなくそれぞれ40分弱、3作はリンクしていなくて別の
[2008/09/17 23:11] 我想一個人映画美的女人blog
映画レビュー「TOKYO!」
TOKYO! オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆東京をテーマにした3話オムニバス映画。不安と不条理が東京をTOKYOへと変えていく。 【70点】  突然、体が木になってしまった女の子。マンホールから現れる怪人。10年間引きこもった男。どこかヘンテコな3...
[2008/09/17 23:58] 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
-
管理人の承認後に表示されます
[2008/09/18 01:39]
TOKYO!
オムニバス映画に傑作なし!と思っている割には オムニバス大好きで公開されたらイソイソと いろいろ観てる方なんですけど、 去年の「パリ・ジュテーム」とか「それでも生きる子どもたち」 とかは出来が良くってベストにも入れたくらい。 その「パリ・ジュテーム...
[2008/09/18 20:57] It\'s a Wonderful Life
「TOKYO!」
2008年/日本/110分 at:梅田ガーデンシネマ 日本「東京」を舞台に、日本人ではない映画監督たちミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノが日本・東京の断片を描いたらこうなったというオムニバス映画「TOKYO!」 本作のように数名の監督たちが競作
[2008/09/21 20:04] 寄り道カフェ
【2008-210】TOKYO!
人気ブログランキングの順位は? この街は進化し続ける運命にある──。 世界のトップクリエーターが、ポップカルチャー溢れる東京の今を鮮明に描く! 世界の巨匠たちが見た、光と希望と闇に包まれた真実の東京──。
[2008/09/22 02:44] ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
【TOKYO!】
三人の監督が東京を舞台に描くオムニバスストーリー 『インテリア・デザイン』 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋、でんでん 「若手映画監督と彼女がかつての同級生の家にやってきた。部屋が見つかるまでというこ
[2008/09/24 16:57] 日々のつぶやき
「Tokyo!」 破滅都市、東京
オムニバス映画 『Tokyo!』 (シネマライズ渋谷) それぞれの東京。 ***** ミシェル・ゴンドリー監督 『インテリア・デザイン』 台詞まわしに違和感があり、なかなか作品世界に入ることができなかった。外国人監督が日本語で撮るからこうなるのかもしれない、などと思...
[2008/10/06 21:54] BLOG IN PREPARATION
「TOKYO! 」 3話だけ面白かったです。
この映画は、こういう映画が今度作られるらしいって話を聞いた時から楽しみにしていた映画だったのですが・・
[2009/05/17 11:29] ポコアポコヤ 映画倉庫
TOKYO!
別に東京舞台がである意味がわからないけれど舞台に選んでくれてありがとうございました TOKYO! [DVD]posted with amazlet at 09.05.25VAP,INC(VAP)(D) (2009-03-25...
[2009/05/29 21:05] ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
「TOKYO!」-ゴンドリーの椅子。カラックスの怪人。ジュノの揺れ動く心。独自性に溢れた豪華なオムニバス
オリジナリティ溢れる作風で世界的にファンの多いクリエイター、ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノが東京を舞台に競...
[2009/08/13 10:43] シネマパラディーソ
映画「TOKYO!」
映像作家3人が、それぞれの視点で東京を描くオムニバス映画。 2008年/フランス=日本=韓国=ドイツ「TOKYO!」 第1話 インテリア・デザイン 監督:ミシェル・ゴンドリー(ミュージック・ビデオ集は宝物) 出演:藤谷文子(セガールの娘)加瀬亮(うー...
[2009/09/24 22:18] おそらく見聞録
『TOKYO!』'08・仏・日・韓
あらすじ「インテリア・デザイン」駆け出しの映画監督アキラと共に上京してきたヒロコ。部屋探し、就職・・・、物事が上手くいかない中でヒロコは自分の居場所が次第になくなっていくのを感じる。「メルド」東京の下水道から出没する謎の怪人「メルド」。人々が恐れる中、...
[2009/11/28 15:59] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!