傍流六景~『ホルモー六景』
ホルモー六景

鴨川ホルモー続編と言うべき、スピンオフとしての短編集。正直、本編(?)
よりもこちらの方が数段面白かった!万城目氏の才能に改めて感嘆
『鴨川ホルモー』裏エピソードが、恋愛話を軸に語られる。処女作を執筆中、著者
頭の中には全てこれらの物語が構想として在ったのだろう。何気ない伏線が、
切なくも心温まる結末に収束していく運び方は見事

 特に『もっちゃん』壮大な時間軸の仕掛けと、『長持ちの恋』リインカーネー
ション的純愛譚
には唸った。特に後者は、読みながら滂沱の涙を流してしまった
ほど。

 この勢いで、本編の方の続編も読んでみたいな。安倍「告げ人」になったのか?
楠木ふみとのその後は? 影が薄かった三好兄弟のエピソードも膨らませて欲し
い。マキメワールド、結構ハマリます

 (『ホルモー六景』万城目学・著/角川書店・2007)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

[2008/07/21 11:32] | 読書 | トラックバック(2) | コメント(4) |
<<結婚恭喜~トニー&カリーナ、おめでとう! | ホーム | 陰陽的式神合戦奇譚~『鴨川ホルモー』>>
コメント
真紅さん、すっかりマキメワ-ルドにはまっていますね。
筆知のほうは、関西が舞台・もてない大学生が主人公・ファンタジーノベルと共通項で、おなじみの森見ワールドのほうに、はまっています。
「太陽の塔」「四畳半神話体系」と続けて読んでおります。
祇園祭の暑いころは、森見ワールドやマキメワールドが、よく似合うのでしょうか。
[2008/07/22 22:35] URL | 筆知 刻久 #- [ 編集 ]
筆知刻久さま、こんにちは。コメントありがとうございます。
マキメさんと森見さんの作風、似通っているという指摘を他のブログさんで見かけました。
私は森見さんの本は読んだことがないのですよ。
今度チェックしてみますね。
関西は、本当に暑いです。。脱出したい(笑)
ではでは、また私もお伺いしますね。
[2008/07/23 10:10] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こちらにも・・・。
「もっちゃん」が誰であるか知った時は驚きました。
そして「長持ちの恋」は思わずウルッときてしまって(笑)
マキメさんは時間軸を超えて・・・っていうのが上手いですよね。
すっかりやられてしまってます。
[2008/07/24 21:43] URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集 ]
ミチさま、こちらにもコメントとTBをありがとうございます。
マキメさんって常人よりも、時間と空間を多く使って生きている人のような気がしません?
若いはずなのに趣味とか昭和っぽいし、物知りだし。
心のスケールの大きな人なのでしょうね。
『鹿男』が早く読みたいです!
ではでは、またお伺いします~♪
[2008/07/25 00:57] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/509-c1e87005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホルモー六景 万城目学
イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。初出「野性時代」+プロローグ書き下ろし。デビュー作『鴨川ホルモー』読了後に読むのが...
[2008/07/22 02:51] 粋な提案
「鴨川ホルモー」 「ホルモー六景」 万城目学
{/book/}「鴨川ホルモー」 万城目学 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。 表紙を見ると、ビートルズの「アビィ・ロード」を模したようなデザイン。 イラストの奥の方に見えるのは八坂神社。となるとこれは四条通りですね。 「鴨川」とタイトルにあるくらいですから...
[2008/07/24 21:38] ミチの雑記帳
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!