暗黒王子、見参!~『幻影師アイゼンハイム』
幻影師アイゼンハイム


 THE ILLUSIONIST


 19世紀末のウィーン幻影師として熱狂的な人気を誇ったアイゼンハイム(エド
ワード・ノートン)
は、皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)の婚約者で公爵
令嬢のソフィ(ジェシカ・ビール)
と再会する。二人は幼い日、身分の違いから引き
離された初恋の相手だった・・。

 「好きな俳優は?」と尋ねられたら、「エドワード・ノートン!」と答えていた時期
があった。『真実の行方』『アメリカン・ヒストリーX』『ファイト・クラブ』! どれも
大好きな映画。善と悪、天使と悪魔、純真さと狡猾さが同居したような彼の演技
痺れまくっていた。しかし「暗黒王子」も近年は元婚約者サルマ・ハエックに
全て吸い取られてしまったのか、精彩を欠く作品が続いたように思う。本作は
昨年公開されたプレステージ内容や時代背景が被るので、ひょっとしてDVD
ストレート?とヤキモキしていたが、無事公開されてよかった~。アメリカでも
評判を呼んだらしいけれど、これは久々にエド・ノートンのハマリ役じゃないだろ
うか。

幻影師アイゼンハイム2

 19世紀の中欧を再現した衣装やプロダクション・デザインにまず魅了された。
撮影はヴェラ・ドレイクと同じ人と知り、納得。深みのある、ソフトフォーカス
気味の映像
が、思わず息を呑むほど美しい。フィリップ・グラスの音楽はたまに
耳障りな作品もあるが(笑)、今回はその昇りつめていくような旋律が心地良い。

 主人公のアイゼンハイムは多くを語らず、物語は皇太子付きの警部ウール
(ポール・ジアマッティ)
の視点から、彼が見た出来事として描かれていく。
しかし、ポール・ジアマッティのこの哀愁漂う容貌はどうよ?! この人がエドと
2歳しか年が違わない
って、信じられます? 苦労したのねぇ、ポールさん。。
ルーファス・シーウェルも、腹に一物ある悪役、という典型的な役どころ。彼が
出てきた瞬間に「悪役やな」って思いますから。そして主要キャストの中で、
唯一不満だったのがジェシカ・ビール。貴族令嬢らしい繊細なところが私には
見えず、特に秀でた美貌でもなく。アイゼンハイムの「夢の女」にはちと、力不足
ではないだろうか?

幻影師アイゼンハイム3

 エドワード・ノートンは全体的に抑えた演技で、セリフにも過剰な感情は込め
ない。しかしだからこそ幻影師の正体不明な佇まいに説得力があり、失った
を取り戻そうとする野心が見え隠れする。そして我々はスクリーンの中で行
われるアイゼンハイムのショーを、実際に観ているかのような錯覚に陥ってし
まうのだ。劇場全体が、彼の演じる「イリュージョン」に引き込まれていた。
観客の「気」が体感できることも、映画を劇場で観る醍醐味だと感じる。

 アイゼンハイムが仕掛けた逃亡のトリックは予想通りだったけれど、彼が舞台
で行った「消滅」は何だったのだろう? そもそも、彼が呼び出していた「霊」たち
も、光と影「まぼろし」だったわけで・・・。まぁ、そんな無粋なことをいうのは止
そう。「誰かをずっと忘れられない」人間の神秘に、心地良く身を委ねた109分
だった。

 (『幻影師アイゼンハイム』監督・脚本:ニール・バーガー/2006・USA、チェコ/
      主演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

[2008/06/12 12:30] | 映画 | トラックバック(25) | コメント(14) |
<<Falling slowly~『ONCE ダブリンの街角で』 | ホーム | 陽だまり~『シークレット・サンシャイン』>>
コメント
真紅さま~こんにちは!
そうかぁ^^ 真紅さまは、エドワード・ノートンさんがお好きだったのね?♪
それじゃ、大画面で見る彼の怪しい魅力にノックダウン気味だったのではないでしょうかw
彼の指や手が綺麗でした~。
指フェチの人が見たら、くらっと来ちゃったに違いないわ☆
なかなか、この役に合っていましたよねー。
[2008/06/12 13:42] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
『プレステージ』?と似た感じかと思ったのですが違う作品なのですね?

私もエドワード・ノートンけっこう好きな俳優さんです
記事を読んで、観たくなりました♪
[2008/06/12 14:16] URL | D #- [ 編集 ]
latifaさま、こんにちは~!コメントとTBをありがとうございます。
そうそう、一時期ノートンにハマって、もう大騒ぎしてました。
久しぶりの映画で、もう初登場シーンからひとりで拍手してましたよ(大きな音は立ててませんが)。
「きゃ~!エド~♪ カッコイイ~~!!」と心で叫びながら(爆)。
手が綺麗な男性って、素敵ですよね。
ホント、これはハマリ役だったと思います!
ああ、ノートン熱が出そうだわ~、ヤバイ(笑)。
ではでは、またお伺いしますね~。
[2008/06/12 21:36] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
Dさま、こんにちは~。ご訪問ありがとうございます!
お嬢さまはもう大丈夫ですか~? お大事になさって下さいね。

さて本作ですが、『プレステージ』と被るところは大ですよ。
イリュージョニストのお話ですから。。
私はどちらの作品も好きです。三人とも素敵なイリュージョニストじゃないですか♪
Dさまもノートンお好きですか? いい俳優さんですよねー。
是非是非ご覧下さいね♪ ではでは~。
[2008/06/12 21:39] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんばんは!
ノートン、ミステリアスなイリュージョニストそのものでしたね。
恋愛ものを演じてる彼ははじめて観ましたが、なかなかよくてドキドキしてしまいました。笑
衣装、小物、たたずまいなど丁寧に描かれていて、当時の雰囲気にひきこまれますね。
[2008/06/12 22:48] URL | アイマック #- [ 編集 ]
こんばんは!
真紅さんもノートン ファンでしたのね!
彼が監督主演した「ぼくたちのアナ・バナナ」が大好きです!
これでは静かでクールなノートンが滅茶素敵でしたわね。
ストーリー展開も素晴らしかったです。
でもやはりエドワード・ノートンあっての作品かと感じます。
わたしも心地よく身を委ねた109分でした。
ノートン、次は「ハルク」でしたね?
どんな“ハルク”を演じるのか楽しみですね。
[2008/06/12 23:21] URL | margot2005 #- [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは。
おお、ノートンお好きだとは知りませんでした。
演技はもちろんすばらしく完璧で、出演作のセレクトのセンスもいいですよね。

フィリップ・グラスの音楽は、ちょっと耳障りな部分もゼロではなかったんですが、この時代と物語にはすごく合っていた気がします。
重厚さと幻想性の混合感がオツでしたー。v-120
[2008/06/13 00:27] URL | かえる #- [ 編集 ]
エドワード・ノートン良かったんだけどさー、やっぱプレステージと比べると格段落ちるのよね。
[2008/06/13 01:47] URL | チュチュ姫 #- [ 編集 ]
アイマックさま、こんにちは~。コメントありがとうございます。
当方からはTBのみ飛ばして失礼しました。
ノートン、素敵でした~。なんかこう、思いっきりラブストーリー!みたいなのもやって欲しいですね。
プラハでロケしたそうですが、あの石畳がたまりませんでした。
ではでは、またお邪魔させて下さい~。
[2008/06/13 08:37] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
margot2005さま、こんにちは!コメントとTBをありがとうございます。
そうなんです、ノートン命!の時期があったんですよ(照)。
『ぼくたちのアナ・バナナ』はね、ヒロインがちょっと好きじゃなかったんですよ、顔が。←こんなことばっかり言ってる
でも、面白かったですよね。ベン・スティーラーがいつ変なことするかとヒヤヒヤしつつ(笑)。
本作では、帰ってきてくれましたね~、私たちのダーク・プリンスが!
『ハルク』ではヒーローに変身するのかな?
聞くところによると、脚本を全部リライトしたとか・・。
どんな作品になってるのか、8月が楽しみです♪
ではでは、またお伺いします~。
[2008/06/13 08:44] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
かえるさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
そうなんです、ノートン好きは初公表かも? ウフフフフ。
なんかこう、彼ってものすご~く頭がいい人、という感じがしませんか?

フィリップ・グラスの音楽っていつも賛否ある気がするのですが、ハマると効果絶大ですよね。
重厚さと幻想性の混合・・・、まさにその通りです!
とっても引き込まれて観ました。満足です~。
ではでは、またお伺いしますね。
[2008/06/13 08:50] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
チュチュ姫さま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
「みんなちがって、みんないい」と、みすずになってみました・・(爆)。
ではでは、またです~。
[2008/06/13 08:52] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは!
私もノートン大好きでしたよ!
でもあんまり当たり作がないな~と
ずっと寂しく思っていたので
久々にノートンを堪能・・・
真紅さまが行きたいとおっしゃってた例のあの劇場で,
なんと,これと「インクレディブル・ハルク」の
二本立てをやってくれたのですわ。
オーナーの中に彼のファンがおりますね,絶対。
ノートンもこれを機会に恋愛ものやアメコミものも
どんどん出てほしいなぁ。
知性と憂いを含んだ彼の瞳に萌えました~。
[2008/08/04 11:15] URL | なな #- [ 編集 ]
ななさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ありません~。

さて。この映画と『ハルク』二本立てとはなんと贅沢な・・・!
私は全く時間がないので、『ハルク』観られるか微妙です。
『ダークナイト』さえ微妙!!!!!(号泣)
あ~、本当に素晴らしい劇場ですね。
私も通える範囲でそんな劇場があったらなぁぁ。。
エドはいい役者さんですよね。知性を感じさせるわ~。
これからもドンドン活躍していただきたいです。
ではでは、後ほどお伺いします~。
[2008/08/08 17:09] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/480-21286bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「幻影師アイゼンハイム」実話だと勘違い(^^;)
どこで勘違いしたのか、これ実話で、実在のイリュージョニストだとずっと思い込んでいた私。
[2008/06/12 12:54] ポコアポコヤ 映画倉庫
幻影師アイゼンハイム
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステリ...
[2008/06/12 13:08] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
幻影師アイゼンハイム/The Illusionist
blogお友達のきらりん{/kirakira/}がお誘いしてくれて行って来ました試写会{/hikari_blue/} 最初「幻影師アイゼンハイム」の試写なんだけど、、、ってメールもらった時 ん?聞いた事ないタイトル、邦画かな?って思ってた。 調べてみたらなんと{/ee_1/} 2006年 あちらで...
[2008/06/12 21:57] 我想一個人映画美的女人blog
「幻影師アイゼンハイム」
「The Illusionist」2006 USA/チェコ・リパブリック 天才イリュージニストと公爵令嬢の禁断の愛を描いたサスペンス・ラヴ・ドラマ。 幻影師アイゼンハイムに「ファイト・クラブ/1999」のエドワード・ノートン。 ソフィーに「エリザベスタウン」のジェシカ・ビール
[2008/06/12 23:13] ヨーロッパ映画を観よう!
『幻影師アイゼンハイム』 The Illusionist
格調高さと妖しさが入り混じった雰囲気が魅力。 ハプスブルク帝国末期、19世紀末ウィーン。ある日、人気のイリュージョニストのアイゼンハイムは、ステージで、幼なじみのソフィと再会する。マジシャンではなくて、イリュージョニストなのだ。幻影師という呼び方は原作...
[2008/06/13 00:10] かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
『幻影師 アイゼンハイム』-笑わせるな!
The Illusionist チュチュの2007年ミステリー・オブ・ジ・イヤー『プレステージ』をボロクソにけなしたSさん、「『ジ・イリュージョニストを観ろ...
[2008/06/13 01:47] 姫のお楽しみ袋 
「幻影師アイゼンハイム」
「幻影師アイゼンハイム」、観てました。 19世紀のウィーンが舞台なのに出演者がアメリカ人ばかりの、幻想の入り交じったミステリー。 ...
[2008/06/14 11:07] クマの巣
「 幻影師 アイゼンハイム  / THE ILLUSIONIST (2008)  」
【 幻影師 アイゼンハイム 】2008年5月下旬シャンテシネ系劇場で公開 ...
[2008/06/16 20:34] MoonDreamWorks★Fc2
幻影師アイゼンハイム
6月17日(火) 19:35~ チネ1 料金:0円(チネチッタTAKE5ポイント使用) パンフレット:600円 『幻影師アイゼンハイム』公式サイト マジシャンが復讐する映画だと一方的に思っていた。当たらずとも遠からずだけど、やっぱり全然違った。 予備知識はゼロで見たほう...
[2008/06/19 19:14] ダイターンクラッシュ!!
【劇場映画】 幻影師アイゼンハイム
≪ストーリー≫ 19世紀末ウィーン。ハプスブルク帝国末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術=イリュージョンが一世を風靡していた。中でも絶大な人気を誇っていたのは、アイゼンハイムという名の幻影師。ある日彼は舞台の上で、幼なじみのソフィと再会する。今では、皇...
[2008/06/23 19:41] ナマケモノの穴
幻影師アイゼンハイム 2008-37
「幻影師アイゼンハイム」を観てきました~♪ 19世紀のウィーン、君主制の末期のこの時代、一人のイリュージョニストが一世を風靡していた。彼の名はアイゼンハイム(エドワード・ノートン)。或る日、アイゼンハイムは、幼馴染のソフィ(ジェシカ・ビール)が皇太子(...
[2008/07/06 22:51] 観たよ~ん~
エドワード・ノートンの「幻影師アイゼンハイム」を観た!
日比谷のシネ・シャンテで「幻影師アイゼンハイム」を観てきました。実は同じシネ・シャンテで上映している「イースタン・プロミス」を観る予定でしたが、急転直下、「幻影師アイゼンハイム」を観ることにしました。「ローマの平日@裏話」のyuranoto さんの記事がそのき
[2008/07/09 10:02] とんとん・にっき
公開中「幻影師アイゼンハイム」 あとでじわっとくるタイプのお薦めムービー
この映画、去年にアメリカ版のDVDでみて気に入っていた作品。 2007-12-05に、「The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの」としてアップしてたもの。 インディペンデント系で2006年に制作されており、それが日本でも無事公開されたことはこ...
[2008/07/09 22:52] 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
【幻影師アイゼンハイム】
監督:ニール・バーガー 出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。 「19世紀のウィーン、幻影師アイゼンハイムのショーは人気があり観客で溢れていた。 ある日皇太子が観賞にきて、
[2008/07/17 14:04] 日々のつぶやき
幻影師アイゼンハイム
すべてを欺いても,手に入れたいもの・・・・それは君。一度でいいから,だれかに言われてみたいなぁ,こんな物騒な殺し文句。[E:lovely] あらすじ: 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼の評判を聞きつ...
[2008/08/04 11:02] 虎猫の気まぐれシネマ日記
「幻影師アイゼンハイム」:葛西駅前バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}地下鉄博物館って、昔の車両がいろいろ展示されているのよね。 {/kaeru_en4/}いまや簡単には見れない幻の車両。電車少年にとっては初恋の人と巡りあうような場所だな。 {/hiyo_en2/}幻の恋人と出会うなんていうと、なんか「幻影師アイゼンハイム」みたいね。 ...
[2008/09/26 21:41] 【映画がはねたら、都バスに乗って】
The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの。
てっきり日本でも既に公開されていると思い込んで紹介を見送っていたらどうも未公開らしく、追加で。 同様の種類の映画に「プレステージ」があったから見送られてしまったのだろうか.... リージョンのDVDでの鑑賞です。 主演は、エドワード・ノートン。 彼が、20世紀初
[2008/11/09 07:57] 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
映画『幻影師アイゼンハイム』を観て
56.幻影師アイゼンハイム■原題:TheIllusionist■製作年・国:2006年、アメリカ・チェコ■上映時間:109分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:6月19日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:二ール・バーガー□原作:スティーヴ...
[2008/12/08 06:49] KINTYRE’SDIARY
種も仕掛けも
エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。 「幻影師アイゼンハイム」を観た。 近頃、ウィーン市民を熱狂させるひとりの男がいる。 アイゼンハイムと名乗るその人物は奇術師だ。その腕前は芸術の域に達している。 以...
[2008/12/14 17:33] MESCALINE DRIVE
「幻影師アイゼンハイム」
2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
[2009/01/06 12:44] ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
「幻影師アイゼンハイム」 ミステリーとしてはどうか?
昨年公開されたエドワート・ノートン主演の作品。 舞台となっているのは19世紀末の
[2009/01/10 20:14] はらやんの映画徒然草
『幻影師アイゼンハイム』
幻影師 アイゼンハイム [DVD](2008/11/21)エドワード・ノートンポール・ジアマッティ商品詳細を見る 監督:ニール・バーガー  CAST:エドワー...
[2009/02/06 16:15] Sweet*Days**
【映画】幻影師アイゼンハイム…警部さん惜しくも髭男爵ならず
奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/} で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は…嫁さんと娘に付き合ってデパートとスーパーその他諸々でお買い物(近所にできた行ったこと無かったお店5件をハシ
[2009/03/21 23:16] ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
映画評「幻影師アイゼンハイム」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ=チェコ映画 監督ニール・バーガー ネタバレあり
[2010/05/11 16:14] プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
『幻影師アイゼンハイム』'06・米・捷
あらすじ19世紀末。幻影師アイゼンハイムは、皇太子と婚約した幼なじみソフィと再会した。ほどなく彼女は謎の死を遂げ・・・。感想このハンドパワー見破れるか?『プレステージ』...
[2010/05/24 20:17] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!