『贖罪』の前に~『最初の恋、最後の儀式』
最初の恋、最後の儀式


 First Love, Last Rites

 by Ian McEwan


 英国のブッカー賞受賞作家、イアン・マキューアン処女短編集。1975年、著者
27歳の時の作品。有望な新人に与えられるサマセット・モーム賞受賞作
 マキューアンは言うまでもなく映画つぐない原作者である。『贖罪』を読む前
に、現代最高と言われる英国人作家の原点に触れてみる。

 表題作をはじめ、本作は8編からなる短編集。幼児性愛近親相姦、服装倒錯
ど、過激ともいえるテーマを静謐で巧みな筆致で読ませる。正直、これが処女作で
あるとは信じ難いほど完成されている印象
。一気に読めるタイプの小説ではないが、 
興味のある方は是非手に取っていただきたいと思う。ちなみに私が一番面白く読ん
だのは『押入れ男は語る』。ちょっと「ハルキ・ムラカミ」テイストを感じてしまった。

「訳者あとがき」によると、マキューアンはイースト・アングリア大学で学び、後に
カズオ・イシグロも彼と同じ教授の指導を受けたのだという。映画の脚本を手がけ
ているところ、ブッカー賞受賞作家であるところも二人の共通点だ。

 早く『贖罪』も読みたいけれど、『Jの悲劇』も観たい!

 (『最初の恋、最後の儀式』イアン・マキューアン・著、宮脇孝雄・訳/
                            早川書房・1999)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

[2008/05/28 09:18] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<一緒に帰ろう~『アフタースクール』 | ホーム | ~訃報~ シドニー・ポラック>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/470-c74b1e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!