僕の美しい人だから~『マイ・ビューティフル・ランドレット』
マイ・ビューティフル・ランドレット


 MY BEAUTIFUL LAUNDRETTE


 パキスタン移民の青年オマール(ゴードン・ウォーネック)は、アル中で廃人同然
の父(ロシャン・セス)
の世話に明け暮れる毎日。事業家の叔父(サイード・ジャフ
リー)
の元で働くことになったある日、幼馴染ジョニー(ダニエル・デイ=ルイス)
再会する・・・。

 サッチャー政権下のサウスロンドンを舞台に、移民、人種、階級、職業など、様々
差別の中で生き方を模索する若者と、異郷で事業を興し、一族の固い結束
元で逞しく生きるパキスタン移民たちの姿を描く。監督はスティーヴン・フリアーズ
「ダニエル・デイ=ルイスの若き日」鑑賞シリーズ第二弾。

 英国の白人が移民たちに向かって「Paki!」という蔑称を使うことはやさしく
キスをして
などでも描かれていたが、この映画に描かれる差別は白人から移民
たちへの一方通行ではない。ジョニーが属しているような、労働者階級の中でも
下層な階級の白人は、成功した移民たちからも蔑まれることがある。オマールの
叔父の愛人白人女性であるが、自分の愛人の娘タニアから蔑まれる。そして、
新聞記者であったオマールの父は、ランドリー経営「アンダーパンツを洗うよう
な仕事」
と蔑む。知的職業に従事する者が肉体労働者を下に見る、職業差別
存在することがはっきりと描かれている。

 ジョニーオマール幼馴染で、オマールの父は幼いジョニーたちを可愛がっ
た。しかしジョニーたちは移民排斥デモに加わり、オマールの父はそのショック
からアル中となり、母は電車に飛び込む。そしてオマールは大学進学の夢を断た
れてしまう。しかし、このオマールという青年が全く屈託の無いキャラクター
描かれていることで、この映画は設定ほどには暗い印象を受けないポコポコ
いう水の中の空気が弾けるような効果音も、不思議な浮遊感を生んでいる。

マイ・ビューティフル・ランドレット2

 ジョニーとの久々の再会に、心躍らせるオマール。タニアの肉感的なアプローチ
にも全くなびかなかった彼の心には、ジョニーだけが住んでいたのだろう。一緒に
叔父のランドリーを再建しようと持ちかけ、ジョニーの差し出す腕の中に自然に抱
かれるオマール
。唐突な展開に一瞬たじろぐが、あまりにも自然な若い二人のキス
に、ああ、彼らはずっと昔から愛し合っていたのだな・・・と腑に落ちた。

 ランドリーの完成の日、愛し合う二人。しかしそこには「移民と白人」「同性愛」
いう二重のタブーがある。オーナーである叔父がランドリーを訪れ、愛人と愛を交
わすさらに内側に、ジョニーとオマールの姿が映し出される。「移民と白人」であり、
「不貞」の関係である叔父たち以上に、同性同士で愛し合う彼らは身を隠さねばな
らない存在
であるということなのだろう。

 しかし、労働者階級「ゴロツキ」を演じたダニエル・デイ=ルイス美しさ、しな
やかさ
はどうだ・・・!スノッブな英国貴族を演じた眺めのいい部屋同年の作品
だとはにわかには信じ難いほど、屈託のある貧困層の青年自然体で演じている。
不良仲間への絆とオマールへの愛に引き裂かれながら、恩人を裏切った罪の意識
にも苛まれ続けているジョニー
。階級や人種が混じり合い、ねじれた差別を描きなが
らも、全てを水に流そうとするかのような明るいラストシーン安堵する。

 そしてジョニー、いやダニエル・デイ=ルイス。彼がたまらなく、愛おしい

『マイ・ビューティフル・ランドレット』監督:スティーヴン・フリアーズ
     主演:ダニエル・デイ・ルイス、ゴードン・ウォーネック/1985・UK)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

[2008/04/07 22:57] | DVD/WOWOW | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<母の祈りを~『マイ・レフトフット』 | ホーム | 英国名画ここに在り~『眺めのいい部屋』>>
コメント
ダニエルにはまりましたね!
素敵でしょ?
洗濯機をひらりと飛び越える場面など、あの軽やかさは彼だけの物!
シルエットだけれどベッドシーンあったでしょ?
どっちが上になる?下になる?ってい監督が二人に相談したらしい(笑)
[2008/04/09 14:48] URL | シュエット #- [ 編集 ]
シュエットさま、こんにちは~。コメントありがとうございます。
私の場合、ダニエル・デイ=ルイスは「Take off your cloth」の人でしたから・・・(照)。
逆に言うと、そこで止まっていたんですよ(笑)。
素敵ですね~。重厚でいて軽やかな魅力。本当に彼ならですね♪
ベッドシーン、ありましたね~。ビックリ!!
彼の作品、全部観たいくらいです!
[2008/04/09 16:31] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/437-c213fd46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!