ちょっと考えてみました~『ティファニーで朝食を』
ティファニーで朝食を

 BREAKFAST AT TIFFANY'S
  Truman Capote

  translated by

 Haruki Murakami


 とにかく、この「ティファニー・ブルー」装丁を見て下さい!ゴールドの縁取り
に、主人公ホリーの飼っている名無しの猫のイラスト。すっきりとしたソフトカ
バー
のこの本は、1950年代のニューヨークを風のように軽やかに生きたホリー・
ゴライトリー
そのもののようです。

 トルーマン・カポーティの中編小説と言うよりは、オードリー・ヘップバーン
の主演映画としてのほうが(多分)有名な『ティファニーで朝食を』村上春樹の
新訳
により、装いも新たに登場です。私は小説は初めて、映画も未見。ホリーを
演じたオードリーのポートレイトや、テーマ曲『ムーン・リヴァー』はもちろん知っ
ていますが、物語としての『ティファニー』に触れるのは初めてです。

 タイトルを知ったのは子どもの頃で、てっきりティファニーとはレストラン
と思っていました。でも、ある時某国のプリンスが、「プリンセスには、ティファ
ニーで買い物しまくるような方にはご遠慮いただきたい」と発言なさったのです。
「ティファニーで買い物? ジャムとか?」そう思った私が、そこが世界一有名な
ジュエリーショップ
だと知るのに、そう長い時間はかかりませんでした。

 この本には、表題作のほかに3つの短編が含まれています。いづれも、イノセ
ンスとその終焉
を描いたもので、決して心温まるハッピーエンドの物語ばかりで
はありません
。どこかに哀しみが潜ませてある、しかし心に沁みる物語だと
言えるでしょう。特に、ブラッシュアップの後に再録された『クリスマスの思い出』
は、忘れられない余韻を残す物語です。

 さて。「あとがき」にて訳者も「どんな女優がホリーにふさわしいか、ちょっと
考えてみて下さい」
とコメントされていますので、恒例のキャスティングをしたい
と思います。今回は監督&キャストの組み合わせで。

★勝手にキャスティング★

その1監督:ウッディ・アレン

 ホリー:スカーレット・ヨハンソン
 ポール:ライアン・ゴズリング


 ニューヨークといえばこの人。ホリーには監督の新ミューズ、スカ嬢。原作者
のカポーティはマリリン・モンローをイメージしていたらしいので、適役かも。

その2監督:マーティン・スコセッシ

 ホリー:ナタリー・ポートマン
 ポール:ポール・ダノ


 同じくニューヨーク派の巨匠麻薬王サリーのエピソードを膨らませそうです
ね。原作とは全く違う、ハードボイルドな作品にしていただきましょう。

その3監督:ソフィア・コッポラ

 ホリー:キルスティン・ダンスト
 ポール:ジェイソン・シュワルツマン


 実は原作を読んで、最初に思い浮かんだホリーのイメージは意外にもキキちゃん
でした。大ブーイングかしら(笑)。

 ポール暗黒王子系俳優で。ジェイソンダージリン急行でも自称作家
演じていたので。そしてどの監督が撮る場合でも、日本人ユニヨシ役香川照之
さんでお願いします!

『ティファニーで朝食を』トルーマン・カポーティ:著/
                        村上春樹:訳/新潮社・2008)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

[2008/04/03 00:10] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<~ Heath Ledger ~ | ホーム | ~まだ、旅の途中~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/433-482b981a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!