デジタル・リマスターの誘惑~王家衛ウォン・カーウァイDVDコレクション
「発売予定日は2006/06/23です。ただいま予約受付中です。」
ああ・・。これを読んで何度溜め息をつき、何度「ぽちっと」してしまおうと思って
いるか。ブツは『王家衛ウォン・カーウァイDVDコレクション・デジタルリマスター版』。
『いますぐ抱きしめたい』『欲望の翼』『恋する惑星』『天使の涙』の四作品プラス
特典ディスク』(これが曲者)、という豪華な内容!ファン必携、垂涎のお宝という
ところだろうか。

恋する惑星』を初めて観たのは何年前だろう?当時、例によってミーハー的に金城
武くんにハマっていた。続けて観た『天使の涙』は大好きな作品とはいえないけれど、
その頃にはウォン・カーウァイの「世界」にすっかり魅せられていた。
その後『花様年華』を観て梁朝偉(トニー・レオン)に感電し、『恋する惑星』を再見
したらまぁ、トニーの素敵なこと(笑)。『恋する惑星』は前後半二つのパートに分か
れている作品なのだけれど、金城くんにハマっていた頃は前半が、そしてトニーに
痺れてからは後半パートが大好きで、『夢のカリフォルニア』は今に至るまで私の携帯
着メロのひとつだ。
どこ行く?」「君の好きなところへ」この最高なラストは、昨年のキネ旬邦画ベスト1
作品『パッチギ!』でもほとんど同じセリフが使われている(井筒監督が「パクッた」わけ
では決してないと思うが)。

欲望の翼』は何となく見逃していて、観たのは数年前。レスリーの死後だったように
思う。ショックだった。もしもこの映画を10年前に観ていたら、自分は違う人生を
歩んでいたのではないか?と思ったほど衝撃だった。『シネマ突貫娘』こと篠原弘子氏は
この映画を「愛し過ぎた」と語っておられるが、その愛が後に名作『ブエノスアイレス』の
製作・配給に結実するのだから凄い。
 60年代の香港、豪華すぎる、そして二度と叶うことのないキャスト達が繰り広げる
群像劇。張國榮(レスリー・チャン)、劉徳華(アンディ・ラウ)、張曼玉(マギー・
チャン
)、劉嘉玲(カリーナ・ラウ)、張學友(ジャッキー・チュン)、そして最後に
唐突に出てきて「完璧」な演技を見せる梁朝偉(トニー・レオン)。
灰色がかった緑色のくすんだ画面ラテン・ミュージック、レスリーの気障なセリフ
息苦しくなるほどの湿気を含んだ空気感。映画を彩る全てが主人公達の感情を呑み込ん
で、爆発寸前でかろうじて成り立っているような危うさ。そして極めつけはやはり、
脚の無い鳥」を体現した、レスリー・チャンという不世出の俳優の演技だろう。
この作品がデジタルリマスターでどんな風に蘇るのか、確認したくてたまらない。

特典ディスク』には、ウォン・カーウァイ自ら「俺の目」と語ってはばからない撮影
監督、杜可風(クリストファー・ドイル)のインタビューなども含まれているらしい。
ここのところ『ジャーヘッド』『グッド・ガール』など欲しいDVDはたくさんあるし、
ブロークバック・マウンテン』はいつ出るか気が気でないし。
「発売予定日は2006/06/23です。ただいま予約受付中です。」あと10日か・・・。
しかも「初回限定生産」の文字。ちょっと焦る。どうしよう・・・。

王家衛ウォン・カーウァイDVDコレクション デジタル・リマスター版
    監督:王家衛(ウォン・カーウァイ)、
        出演:劉徳華(アンディ・ラウ)、張曼玉(マギー・チャン)他)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:DVD情報 - ジャンル:映画

[2006/06/13 22:26] | DVD/WOWOW | トラックバック(6) | コメント(13) |
<<「中島ワールド」炸裂!~『嫌われ松子の一生』 | ホーム | 「Ture」でなく壮絶な「REAL」~『シティ・オブ・ゴッド』>>
コメント
真紅さん、こんにちは。
ウォンカーウァイ大好きのかいろです。そんなDVDが出るのですか・・・。うーん、困った・・・。
しかし、実を言うとわたしは「欲望の翼」の良さを本当に理解できているのか自信がありません(と言いながら「2046」のミミの登場シーンであの曲が流れたときははやばやと泣いてしまったのですが)。だから時間を置いて繰り返し観ようと思っています。あれ、それならDVDがいいですねえ。うーん、ほんとに困った・・・。
(ちょっと話がそれますが、CUTの「2046」特集号の中のレスリーに関する記事と、「ブエノスアイレス」について書かれた文がとても好きでした。真紅さんも買われてますか?)
それではこの辺で。
[2006/06/13 22:50] URL | かいろ #- [ 編集 ]
かいろさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ウォン・カーウァイお好きなのですね、うれしいです♪
記事にしたのはBOX仕様ですが、四作品それぞれ単体でも発売されるようですよ。
でもそれだと『特典ディスク』は付いてこない・・・。う~ん。悩ましいです。
『Cut』2046特集号はもちろん買っています。フェイ・ウォン、トニー、キムタクが表紙の号ですよね?ひっぱり出して読んでみます。
『2046』以来ずっと充電中だったトニーが、いよいよ新作の撮影に入るようでうれしい今日この頃です。
ではまたお話しましょう。いつもありがとう。
[2006/06/14 00:39] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
おはようございます、真紅さん。私も「恋する惑星」から、ウォン監督と、トニーにはまりました!
ウォン監督のトニーは、とにかく素敵です。私にとっては、ジミー以来の(え、、何年あいとんねん!って感じですか、、(焦))、ストライクゾーンの俳優さんです。あの、”捨てられた子犬のような瞳”に、完全に参りましたね。私的には、ジミーもトニーも同じ種類の哀感を湛えた瞳なんです。でも、「ブエノスアイレス」は、最初のシーンから驚愕でしたね、、監督もトニーにここまで演じさせるんだ、、と、、。私はこの映画のラストが大好きなんです。「花様年華」は、つれあいとめ観に行きましたが、”俺、この映画のストーリが全然理解できない、、どこがいいんだ?”に、悲しくて、、、。ウォン監督の映画は好き嫌いがハッキリでるのかな?でも、「パッチギ」もつれあいと観たのですが、私達夫婦の親友は偶然どちらも在日の方なんです。どちらも小学校からの親友なので、本当に大切な人達なのですが、映画の”お前達日本人に何がわかる!!”のセリフに
心の奥をえぐられたようようで、、でも、ラストの歌のシーンでつれあいも私も号泣、、2人共、心の中で親友を思い、、、。熱くて良質な映画でしたね。
[2006/06/14 11:12] URL | sumisu #- [ 編集 ]
真紅さま、こんばんは~♪
「カサノバカサノバ」と浮かれている武田です。
TB&コメントありがとうございました。
貴重な情報ありがとうございます♪私、まったく知りませんでした。
DVDいくつか持ってはいるのですが、「特典ディスク」にはよろめいてしまいますよね。
でも、そうなんです、「ジャーヘッド」(面白かったです~)と「ブロークバック山」は外せないし・・・。
あ、私アンディのファンですが、(それこそ、タイドではまったのです)トニーさんも大好きですよ。私の周囲だけかもしれませんが、「ブロークバック~」のジャックが好きな人は必ずトニーファンですね♪
トニーさんは、「裏街の聖者」や「ロンゲストナイト」が好きです。
ああ、それにしても困りますね。日にちが・・・
[2006/06/14 20:28] URL | 武田 #qs0owOX6 [ 編集 ]
武田さん、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
『カサノヴァ』もうすぐですね。私も楽しみです~♪
『欲望の翼』のアンディは確かに素敵ですね。スーが羨ましい。『裏街の聖者』大好きです。あの作品って日本の漫画が原作なんですよね、確か。
あ~、あと一週間で決断せねばなりませぬ・・・。
でも『ジャーヘッド』はやっぱり絶対買い、ですよね。2枚組みだし。
BBMのリリース情報も待っているのですが。。
というわけでまた遊びにいらして下さい、こちらからも伺いますね。ありがとうございました。
[2006/06/15 00:10] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
>真紅さん
私も金城くん目当てで「恋する惑星」見に行ったのに、帰るときにはすっかりトニーにハマってた一人です(笑)ウォン・カーウァイのような芸術性の高い作品に出て、カンヌで主演男優賞までとってるくせに、ちゃんとおバカな映画にも出るトニーの懐の深さがたまりません(笑)
もうすぐ「ソウル攻略」DVDの発売日、もう予約されましたか?(爆)私は予約してしまいました。ぜったトホホな映画なんですけどねぇ
[2006/06/16 13:03] URL | Boh #- [ 編集 ]
Bohさん、こちらにもコメントありがとうございます。
『ソウル攻略』もうすぐなのですね~♪『東京攻略』みたいにトニーが韓国語しゃべってるんでしょうか?
「アンニョンハセヨ~」う~ん想像できない・・・。レンタルで観ますね(笑)
『地下鉄』が観たいのですが、DVD情報ないですね。『無間道』のトリロジーBOXも欲しいんですけど(泣)
また是非いらして下さいね。ありがとうございました。
[2006/06/16 13:52] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは。
遅ればせながらこちらの記事にTBさせていただきました、よろしくお願いいたします。
結局予約はされたのですか???
わたしもパンフレットを見直してまたむらむらと観たくなってきてしまい困っております・・・。記事にも書いてますが、ウォンカーウァイの映画には魔力がある!(そしてBBMにも・・・。)
それではこの辺で。またお邪魔いたします。
[2006/06/28 17:36] URL | かいろ #- [ 編集 ]
かいろさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
結局購入しなかったんです。日本vsブラジルに気をとられていて、気付いたら23日過ぎてました。
でもやっぱBOXは高いよね~。単体で予約しとけばよかったかな・・。
『恋する惑星』は字幕も変わっていて、違和感あるという意見を聞きました。
やっぱり名作だけに、セリフひとつにもみんな思い入れがあるよね。
これからそちらにお邪魔します。いつもありがとう。ではまたね。
[2006/06/28 22:28] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは。
帰省中でお忙しいにもかかわらずTBありがとうございました!
私にとって「欲望の翼」(この邦題はちょっと・・・と思っているのですが)は他の香港映画とは比べられないくらい特別な作品です。
あまりに思いいれがありすぎると感想ってなかなか書くことができないですよね。
そんなわけで映画館で初めてこの作品を観てから15年もたってやっと感想を書きました。(笑)
・・・で、真紅さんは王家衛監督のこのDVDコレクション、購入に至ったのかしら??
[2007/08/15 21:31] URL | sabunori #JalddpaA [ 編集 ]
sabunoriさま、こんにちは。コメント&TBありがとうございます!
私は香港映画フリークというわけではないのですが、『欲望の翼』は私にとっても特別な映画だと思っています。
もちろん、sabunoriさまの思いには全然敵いませんが・・・。
15年ですかー、物凄く熟成された思いですね。しかも少しも古びていない!
言い足りない、書き足りない思いはどんどん記事にして下さいませ。
そして私は恥ずかしいんですけどとっても貧乏なので、DVDは購入しませんでした・・・。
でも、すごくすごく後悔しています。買えばよかった・・・。
王家衛の新作、楽しみにしています。早く観たいですね。
ではでは、またお伺いします~。
[2007/08/15 23:07] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
おはようございます,真紅さま。
ウォン・カーウァイ監督と初めての出会いは
「花様年華」でした。その後「恋する惑星」「2046」「ブエノ~」と続くのですが,彼の作品の中のレスリーも,トニーもカリーナもマギーも,みなとってもセクシーで素敵ですよね。
「欲望の翼」って邦題がアダルトっぽいので今まで観てなかったんですよ。・・・すごく損してましたね~,早く見ればよかった。
一言で語れない魅力がありますね,役者がみんなピタリとはまってて,最高にかっこよかったです。60年代の香港の雰囲気も,頽廃的で異国情緒もあって,それにあの湿気!
ところでトニーとカリーナ,最近結婚しました?
ちらっとそんなことを読んだような気が・・・。
ところで,
[2008/10/13 09:34] URL | なな #- [ 編集 ]
ななさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
『欲望の翼』アダルトですか~、ハハハ!
私も、この映画はレスリーの死後に観たので、公開時か、あるいはもっと早く観なかったことをすごく後悔しました。
ウォン・カーウァイって、役者をとことん、彼なりのやり方で愛してるんだと思います。
だから彼の映画の登場人物は皆輝いていますよね。。
中でも、一番愛されたのがこの映画のレスリーではないかと私は思っています。
大好きな映画です。
ではでは、後ほどTB持ってお伺いしますね!
[2008/10/13 23:44] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/41-6e3f73ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
細胞ごとよろめく男
11月も残すところあと1日。雨になると言っていたのに、結局明け方に降っただけで日中は青空が広がりました。年内に、あと何回映画館に行けるのか謎ですが、今年はここ数年分を取り戻す勢いでけっこう見ることができたので幸せでした。映画館でもTVでも、やっぱり映画はい
[2006/06/14 20:31] 終日暖気
レスリーを偲んで「阿飛正傳(欲望の翼)」
昨日4月1日には絶対にレスリーについて書こうと思っていたのだが、仕事が忙しくてとうとう書けなかった。前にも書いたとおり、一人DVDを観てレスリーを偲ぼうと思い、「阿飛正傳(欲望の翼)」を。が、疲れには勝てず、映画のムードとも相まって夢か現か定かでなく
[2006/06/20 22:43] 藍空
ウォンカーウァイの映画に出てくる人たち≒イニス?
この前Cut4月号を引っ張り出して読み直したのですが、その中のレヴューのイニスに
[2006/06/28 17:31] カイロの紫のバラライカ
ウォンカーウァイ
ウォンカーウァイ DVD-BOX
[2006/12/27 20:53] DVD-BOX
阿飛正傳(欲望の翼)
「1960年4月16日午後3時1分前の1分間、君は俺といた。                       この事実はもう否定できない」今まで書く勇気が出なかったのだが、自分にとって記念の香港・台湾・中国映画100本目レビューは香港映画の中で最も愛するこの作品にしよう
[2007/08/15 21:24] 龍眼日記 Longan Diary
欲望の翼
香港を舞台に繰り広げられる,若者たちの切ない群像劇。ウォン・カーウァイ監督の「花様年華」「2046」へと続く,60年代3部作への序章となる作品。 主要登場人物の若者を演じる俳優陣が,もう今では決して実現しないだろうと思えるくらい超豪華だ。主人公のヨディ
[2008/10/13 09:20] 虎猫の気まぐれシネマ日記
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!