行動力と好奇心~『わたしのマトカ』
私のマトカ

 個性派女優・片桐はいりによる初めてのエッセイ。映画かもめ食堂のロケで
訪れたフィンランドでの一ヶ月余りの旅の記憶が、ユーモア溢れる文体で活き活
きと描き出される。『かもめ』が好きだった方、旅好きの方には是非読んでいただ
きたい、オススメの一冊。ブックデザインもとっても素敵。ちなみに「マトカ」とは
フィン語で「旅」の意味だそうだ。

 旅って、本当はこういうものだよなぁ・・、としみじみ思いながら読んだ。基本
は一人で、現地で知り合った人々と交流し、現地の食べ物・飲み物をいただく。
道に迷ったり、あわや・・という怖い目に遭うのも旅の醍醐味。私は「生まれ変わっ
たら男に生まれて、世界を放浪してみたい」なんて思っていたのだけれど、それは
勇気のない自分に言い訳してるだけなんだな、と反省する。行動力と好奇心を持
てば、男だろうと女だろうと、言葉が通じようと通じまいと、異国も旅もきっと
受け入れてくれるのだろう、片桐さんが乗ったバスの運転手さんのように。
彼女は自分のことを「大して過去のない女」なんて自嘲するけれど、この旅の経験
は何ものにも変えがたい、誇ってもいい「過去」なんじゃないだろうか。

 フィンランドという国は、ムーミンアキ・カウリスマキの映画の世界でしか
知らない。カウリスマキの映画では、なんでこんなに皆が無表情なんだろう(そこ
が面白いんだけど)
と思っていたけれど、フィンランドの人々は本当に皆が素で
照れ屋さんで、おとなしくて無口で内気なんだそうだ。

 私もいつか、フィンランドに行ってみたい。無口で内気な、アルコールが入る
と人が変わったように能弁になる、不思議な人たちに会ってみたい・・
それまでは、カウリスマキの映画を観てを膨らませることにしよう。

『わたしのマトカ』片桐はいり・著/幻冬舎・2006)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

[2008/01/11 14:42] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<奏で、歌い、生きる~『僕のスウィング』 | ホーム | 記憶が紡ぐ物語~『クリクリのいた夏』>>
コメント
真紅さま~こちらにも☆
つい数日前、この本を読んだばかりです。
感想記事は書くか、書かないか解りませんが、確か、真紅さまんちに、この本のレビューあったよな、と掘って来ました^^

あの日本好きな不思議キャラの青年がバンドをやってた・・とか、フィンランドの俳優さんは地位が高くて仕事をしてない時でも最低保障してもらえる・・とか、フィンランド気質とか、なかなか面白かったです☆

私もいつかフィンランドに行ってみたいなぁ~。
でも食べ物が不安・・・。トナカイとか食べられそうにないしな・・・。毎日鮭とシナモンロールかな・・・^^
[2008/07/15 17:19] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさま、コチラにもコメントありがとうございます。
掘っていただき感謝です♪

トンミくんですね、結局かもめ食堂に一円も払わないままの彼(笑)。
『過去のない男』の方は亡くなられたんですよね~。悲しい・・。
私も、北欧とかアイスランドとか、すっごい憧れがあるんですよ。
何故だかわからないんですけど・・・。
永瀬くんの『コールドフィーバー』っていうアイスランドが舞台の映画があるんです。
それを観たときも、すっごく行ってみたいと思ったなぁ。。
トナカイって、どんな味でしょうね? 馬肉みたいなのかな、それさえ食べたことがない私。。
せめて大人気のフィン・エアーにだけは乗ってみたいです!
ではでは、またです~。
[2008/07/15 22:12] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/375-4a3e625c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!