それでも生きる動物たち~『北極のナヌー』
20071015092024.jpg


 ARCTIC TALE


 今年度のノーベル平和賞に映画『不都合な真実』における啓蒙活動が評価され、アル
・ゴア
氏が選出された。再び地球温暖化阻止のための議論が活性化されるだろうか。

 現状のまま地球温暖化が進行した場合、今から約30年後の2040年には、北極の
海氷は全て融けてなくなってしまう
という試算があるらしい。知っていましたか?
北極に氷がなくなれば、そこで生きる動物たちはどうなってしまうのだろう・・・。

 本作は、海洋研究家でもある映像作家のアダム・ラヴェッチとパートナーのサラ・
ロバートソン
が、10年以上に渡って北極圏で撮影したフィルムを基に製作したドキュ
メンタリー。
ホッキョクグマの子「ナヌー」とセイウチの子「シーラ」を主人公に、激変
する厳しい自然環境
の中、地球のてっぺんで逞しく生き抜こうとする動物たちの姿を
追った感動作。「一体どうやって撮影したんだろう?」と思わずにいられない驚異の映像
の数々と、命のバトンを繋げようとする動物たちのありのままの生態。これは是非
とも多くの人に、とりわけ子どもたちに観て欲しい。

20071015092120.jpg

 地球と、そこに生きる動植物が今危機に瀕している、というのは紛れもない事実
だろう。この作品は地球温暖化の犯人探しをするわけでも、誰かを告発するわけで
もない。けれど、動物たちの生きる姿、弱肉強食という厳しい掟の中で生き抜こう
とするありのままの彼らの姿から、命の尊さが自然と伝わり、胸を衝かれる。この
地球で、私たちがこうして生きていることの奇跡を思う。10年後も、100年後も、
この「命のバトン」を繋ぐために、私たちが今、すべきことは何なのだろう。

 ナレーション脚本には、アル・ゴア氏の娘、クリスティン・ゴアも参加している。
日本語版ナレーションは稲垣吾朗、悪くはないができれば字幕で、クイーン・ラティ
ファ
の声が聴きたかった気もする。

『北極のナヌー』監督:アダム・ラヴェッチ、サラ・ロバートソン/
           日本語版ナレーション:稲垣吾朗/2007・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられた映画 - ジャンル:映画

[2007/10/15 09:27] | 映画 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<碧い瞳~『スターリングラード』 | ホーム | こわれゆくものたち~『キャンディ』>>
コメント
真紅さん、こんにちは。
昨日のコメントはやっぱり反映されていなかったみたいですねー。
失礼しました!
(もしダブっていたら1つ削除お願いいたしますね。)
ただ静かに彼らの生活をカメラを通して見守りながら、「この環境を私たちのエゴで破壊してはいけない」という思いは更に強くなりました。
大きなことはできなくてもできる範囲で1人1人が行動することが大切ですよね。
[2007/10/16 13:11] URL | sabunori #JalddpaA [ 編集 ]
sabunoriさま、こんにちは~。TBとコメントをありがとうございます。
コメントはダブっておりませんでした、お手数おかけしました!
30年後に北極がなくなる・・っていうのはショッキングですよね。
なくなったら具体的にどうなってしまうのか、動物たちの姿で見せてくれた映画でした。
こういう映画を観て、地球を守ろう・・っていう意識を一人ひとりが持つことが大切なんだと思います。
自分ができることは、地道にやっていきたいと思いました。
ではでは、またお伺いします~。
[2007/10/16 14:34] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/318-b37ef313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
北極のナヌー
雪と氷に閉ざされた北極に春がやってきた。雪穴から見る、空にポッカリと浮かぶ月・・・。この風景を見て6ヶ月間、母親、双子の弟と一緒に雪穴で過ごしていた子熊のナヌーが雪穴から初めて顔を出す。これから3年間かけて母親から生きる術を学ぶのだ。しかし地球温暖化の影響
[2007/10/15 22:40] 龍眼日記 Longan Diary
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!