共犯者たち~『がらくた』
20070707231453.jpg

「文章には--書いたものであれ、訳したものであれ--底流として性質が流れる」

 翻訳家である45歳柊子と、帰国子女高校生美海、15歳。リゾートホテルの
プライベートビーチで出会った二人の女性を語り手に、愛と性、愛と裏切り、愛と
成熟(または若さと老い)について描く長編小説。


 新刊を心待ちにし、出たら必ず読む作家は何人かいて、江國香織もその一人。
絵本や翻訳ものは未読のものもあるが、小説は全て読んでいる。大ファン、という
わけでもないけれど、常に気になる作家の一人。直木賞受賞以来、刊行ペースが
ゆっくりになって来たのかな、と思っていたので、この久々の長編は堪能した。
最初の数ページ、やや固い文体に変わったのかと感じたけれど、徐々にいつもの
「恋愛至上」江國ワールドが展開する。

 配偶者以外に複数の愛人と関係し、それが夫婦の暗黙の了解になっている柊子
と夫
。友達を作らず、年上の者としか関係を築けない美海。本を読むことだけを
して生きてきたという柊子の母、75歳の桐子ゲームのような人間関係、今この
時、目の前にいる相手の存在だけが真実であり、信じることも裏切ることも意味
のない不思議な世界『がらくた』というタイトルに込めた、作者の真意はどこに
あるのだろう。

『がらくた』江國香織・著/新潮社・2007)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2007/07/07 23:19] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<赤ちゃんが来る!どうする、俺?~『9か月』 | ホーム | 猟奇的な少女~『ハードキャンディ』>>
コメント
真紅さ~ん、こんにちは!
影でコソコソ故郷のお話などをしよう~と思って、読書のレビューをさかのぼってみたの。意外と自分が読む前って、その本を、それよりずいぶん前に、お友達ブロガーさんが感想アップしていても、覚えてなかったりするもんなんだよな~と、掘ってみたの^^ で、発見♪
この本、真紅さんがアップした頃は読んでいなかったんだけれど、私も1年くらい前に読んだんだ~。(そのころには、真紅さんがアップされていたことをもう忘れちゃってたみたい(^^ゞ)

今となっては、なんか、ハイソな人たちだったなぁ~という印象^^
確か、リゾート地で優雅に過ごすおませな少女と、中年になってもくたびれてない人たちが出て来て・・・と、ムードが素敵だったというのだけ覚えていて、結構忘れちゃったな~。

で、真紅さんの故郷、きゃぁ~~!って思っちゃった。なぜなら、そこ、行ってみたかったからなの!!その有名な温泉(今じゃアミューズメント銭湯って感じらしいね^^)も!!
つい2週間くらい前にも、あるブロガーさんが、その真紅さんの故郷を旅されたらしく、そこに私も行ってみたいとかねがね思ってたんですよ~!ってコメント書いたばっかりなんだ。
まさか、そこが真紅さんの故郷だったとはー!!!
特定の場所名は書かなかったけど、これもプライベートなこと一杯書いちゃったので、鍵付きに変更しちゃっても良いですからね~^0^
[2009/10/16 16:22] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こんにちは~。コメントありがとうございます。
最近、江国さんあんまり本出さないよね。。これ以降、何か読んだっけ?思い出せない。。
これは確か、おばあちゃんと中年の娘が二人でリゾートに行って、美しい少女に出会う、というお話でしたよね。
で、その少女の父親と中年の娘がああなって、、みたいな。
私も、そんなに好きな小説ではなかったな~。

で、そうなんです~。温泉。
最近行ってないけど、アミューズメント銭湯??? うっそ~!!
あの由緒ある温泉がそんなことに。。。今度母に聞いてみよう。
是非行ってみてね、いいところですよ。。百貨店の店員は、愛想悪いけどね(笑)。
高速が千円だし。。って遠過ぎるか。。
[2009/10/16 20:42] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/266-389b1c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
がらくた 江國香織
「小説新潮」2005年7月号~2007年2月号掲載。Cover Jacket:(c)Maureen Gallace&quot;Sandy Road,2003&quot;(以下略)。装幀は新潮社装幀室のはず。横文字で、Design:Shinchosha Book Design Division(この...
[2007/09/22 00:23] 粋な提案
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!