生涯一お笑い芸人宣言~『大日本人』
20070606140810.jpg

 ダウンタウンの松本人志が満を持して完成させた初監督作品。日本をから救う
ヒーロー「大日本人」こと大佐藤大(松本人志)を主人公に、シニカルでシュールと思
いきや意外とベタでわかりやすい笑いが満載の一作

 近頃はご無沙汰しているけれど昔は「ごっつ」が大好きで、あのマラソン中継の日も
私は「とかげのおっさん」観てたよ、松っちゃん! あの松本の初監督作だ、カンヌ
招待
だ、事前に情報は一切なし、一体どんな映画なんだ・・と騒がしい中、行って
きました。劇場は意外にも(?)大入りでビックリ(土地柄?)。私の後ろの列の中学
生くらいの集団は、「お茶の間か」っていうくらい大ウケしていた。私も彼らの大
笑いが伝染してか、結構爆笑してしまった。

20070606140854.jpg

 「以下、ネタバレ」


 画面が揺れるな、と思ったら、あれはドキュメンタリーを撮影しているっていう
演出なんですね。主人公の大佐藤は、野良猫と二人暮らしの哀愁漂う中年男。別居
している子どもと会うときのうれしそうな顔や、折り畳み傘や「ふえるわかめ」に自分
自身を投影している感じがなんとも孤独で哀しい。世襲制度や死生観、「数字(視聴率)」
にこだわるテレビ界への批判なども散りばめられてはいるけれど、そこら辺りはちょ
っと中途半端な描写になっていたのは否めない。

「映画を撮る」とは言っても、それはあくまで「お笑い芸人として」映画を撮る、という
ことだったのだなと改めて感じた。まぁ、松っちゃんがいきなり芸術映画を撮るわ
けがないのかもしれないし、芸人としての彼が好きな私にとってその「志」は嬉しい。
しかし、映画としてはどうなんだろう?

 チャンネルをつけたら観ることができるテレビと違って、映画は観客がお金を払
って、劇場まで足を運んで観るもの。テレビとは違うものが求められて当然だと思
う。この作品がテレビとは違う「新しいお笑い」を見せてくれたかというと、ちょ
っと疑問。「大日本人」のキャラは大きなスクリーンでこそ映えるとは思うものの、
ラストでいきなり「実写」ときたのは面食らった。しばし呆然。しかもいきなり「おし
まい」って、後ろの中学生「ええっ、もう終わり?!」って叫んでたし(笑)。オチの
「反省会」をエンドロールに持ってきて、最後までサービス精神発揮してはくれたけど、
ちょっとテレビ的になってしまったかな、という感じは残ったかも。

「賛否両論ないと、お笑いは残らない」「たけしさんを意識していないと言ったら嘘に
なるし、だからこそ勝ちたい」
これからも叩かれたり、批判はされるだろう。けれど、
そう言い切れる松っちゃんには、それも先刻承知のはず。これからも茨の「お笑い映画
道」
を歩み続けて欲しい。応援していますよ。

『大日本人』監督・企画・脚本・主演:松本人志/2007・日本)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:大日本人 - ジャンル:映画

[2007/06/06 14:15] | 映画 | トラックバック(20) | コメント(10) |
<<超現実的だけど素敵~『ノッティングヒルの恋人』 | ホーム | 旅は道連れ、世は情け~『明日へのチケット』>>
コメント
真紅さん

TBありがとうございます。あのレビュー
携帯でほぼ書いてたので(苦笑)ちょっと
書きなおしました。」自分は「松本人仁」
が監督ってことを考えなかったら映画として
面白いのか?と思いながら観てたんですけど
^^多分CG部分以外は面白んじゃないかと
思うんです。
完全にダメとは思わなかったけど、有名タレントがネタみたいに出てきたところで、あぁ惜しいな
~って思ってしまった映画でした。
[2007/06/07 08:54] URL | kazupon #mQop/nM. [ 編集 ]
真紅さん おはようございま~す♪
そうなのよね、TVと違って映画はお客がお金を払って劇場まで足を運んで観るものなのよね。
なのにこの内容っていうのは・・・映画として成り立ってるのか疑問が残りました。
それでも私も松ちゃんのお笑いセンスは好きなので、今後に期待を持ちたいとは思っています。

真紅さんがご覧になられた劇場はそんなに笑い声も聞こえたんですねぇ。
私の所は、昨日レディースデイだったので女性が多かったのですが、クスッとも笑い声が聞こえませんでした。
投石のシーンだけ、近くの人が「うわ、ビックリした」とつぶやく声が聞こえてきました。
[2007/06/07 09:03] URL | なぎさ #- [ 編集 ]
kazuponさま、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます!
ええ~、あのレビュー携帯で書かれたのですか!凄い~。。
確かに「松本人志」っていうブランドがなかったら成立しない映画かもしれないですね。
私はかなり好意的に観てるほうだと思うのですが、ついていけない・・っていう意見も当然ありだろうなぁと思いました。
有名人と素人さんみたいな役者さんとのギャップは激しかったですね。
その辺りのバランス含めて、次があるなら観てみたいと思ってます。
ではでは、またお伺いします~。
[2007/06/07 09:08] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
なぎささま、こんにちは~。コメントありがとうございます。
映画の印象って観るときの気分や、劇場の雰囲気に左右されることってありますよね。
クスッとも笑い声が聞こえないって、それはむちゃむちゃサブイですね~。
そういう場にいると、醒めますね、確実に(笑)
うちはなんか、若い子たちがむっちゃ受けてたんですよ。笑いって伝染するんですかね?
でも、観てから数日経ちますが、思い出したらやっぱり面白かったな、と思います。
まぁ、初監督作ですから、秋子さんの気持ちで温かく見守りましょう(笑)
ではでは、またお伺いします~。
[2007/06/07 09:16] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちはー。
コメント遅くなりまして、すみません。
(家のネットが切断中でして・・・)
おおお、大佐藤さんの名前、「大」なんですか。気がつきませんでした。
私はベタベタコテコテの関西な笑いは得意ではないんですが、
私もまっちゃんの笑いは大好きなので楽しかったですー。
まっちゃんは前から万人受けを狙っていないっていうスタイルが好きでした。
老人や子どもに受けるより、わかる人にだけわかればいいっていう・・・。
これも中学生にはその面白みは丸ごとわからないんじゃないかなと
思いながらも、私としてはツボでした。
あとはカメラや編集など技術面で有能なスタッフに恵まれることを期待。
[2007/06/07 12:38] URL | かえる #- [ 編集 ]
かえるさま、こんにちはー。コメント&TBありがとうございます。
ネット切断、大変ですね、早く回復するといいのですが。
「大」は、公式サイトか何かで知ったと思いますよ。
この映画は、今までの「わかる奴だけにわかったらええ」っていう彼のスタイルを変えて、万人にわかる笑いっていうのを表現した、みたいなことを松っちゃんは言っていたのですが、それが具現されていたかというと「?」ですね(笑)
そもそも、万人にわかるとか、世界に受け入れられる笑いっていうのが存在するのか?みたいな話にもなってきますし・・。
優秀なスタッフは大事ですよね。いくら松本人志といえど技術的な面は素人ですもんね。
私も彼の今後に期待していたいと思います。
ではでは、またお伺いしますー。
[2007/06/07 18:42] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんばんは。
確かに「映画」としてはどーかと思いますけど、
じゃあ「映画って何?」と訊かれれば、
俺なんかは返答に窮してしまいます。
TV的笑いが大スクリーンに通用するかという、
実験映画として観てもいいんじゃないですかね。
[2007/06/13 20:54] URL | 栗本 東樹 #NozZD2n6 [ 編集 ]
栗本東樹さま、こんにちは。コメントありがとうございます。
「映画」の定義ですか。難しいですね。。
確かに感覚的なものでしかないのかもしれません。
松っちゃんの初監督作ですし、まさに「実験的映画」として評価されてもいいのかもしれませんね。
次回作も注目していたいと思います。
ではでは、またお伺いします。
[2007/06/14 06:36] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
そうですね。
なんだかんだで結構面白かったけど、
やっぱりちょっとテレビ的な感じはしましたし、
映画館でお金を払って観る作品ではないかもなぁ~
って感じはしました。
[2009/12/27 17:40] URL | miyu #- [ 編集 ]
miyuさん、こちらにもコメント&TBありがとう!
私はこの映画はまだ許容範囲(甘アマで)だったのですが、『しんぼる』にはガッカリしました。
松っちゃんの映画は、もう観ないかも?
今は板尾さんの初監督作に興味アリです。
来月公開よ~。
[2009/12/28 11:44] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/245-ce203d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大日本人/松本人志
北野武監督の次に期待される人物として名前の挙がっていたダウンタウンの松本人志の長編映画初監督作品がついに公開です。吉本興業の映画製作第一作目でもあり松ちゃんのTV露出も最近かなり多くてかなり気合いが入ってるのが伝わってきますね。先日「笑っていいとも」に出演
[2007/06/06 17:17] カノンな日々
『大日本人』
監督:松本人志 脚本:松本人志、高須光聖CAST:松本人志、UA 他STORY:ひっそりと独りで暮らす大佐藤(松本人志)は、大日本人として、突如地上に現れる怪獣を防衛庁の依頼によって退治する事を生業としていた・・・前にも書いたように、幼い頃から毎日お笑いに触れてき
[2007/06/06 17:23] Sweet* Days**
『大日本人』
マツモト印がOKだから、OK本作は、気が向いたら、余裕があったら、観ようかなぁくらいの思い入れだったんだけど、うちのパソコンがネットに繋がらなくなって悲しきネット難民状態となり、ブログ更新もできないから気楽に楽しめる映画でも観ようかしらという気分になった。と
[2007/06/06 17:58] かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
大日本人
子供の頃、怪獣映画やテレビのヒーローものとか、ワクワクしながら観てるとき・・・人間が演じるドラマ部分は「早く終われ~」っていつ怪獣が出てくるか・・子供たちはみんなそう思ってたはず。 監督・松本人志もそんな怪獣モノを観て育った子供だったんじゃな...
[2007/06/07 08:49] It's a Wonderful Life
大日本人
感想にしにくい映画ですが,嫌いではありません。
[2007/06/08 18:21] Akira's VOICE
映画「大日本人」感想
映画「神童」見ました★感想は続きから読んで下さい (´▽`)この後多分グラナドのプレイ日記書きます。
[2007/06/09 18:53] 自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪
「大日本人」 松本人志、それははぐらかす男
僕はあまりお笑い番組を見ないので、松本人志という人物の人となりはよくは知りません
[2007/06/10 20:26] はらやんの映画徒然草
大日本人&銀魂
銀魂は似蔵と銀さん&高杉と桂が対決で来週はクライマックスみたいだし大日本人は松ちゃんの初監督作品と言う事で公開前から話題になり13日の水曜に観賞したけども結論から言えば僕は好きな方だね獣に海原はるか・竹内力・板尾・原西・神木と少しだけの出演だけだが
[2007/06/15 21:14] 別館ヒガシ日記
★「大日本人」
今週の平日鑑賞は、たけしと松本の芸人監督対決。こちらは「川崎チネチッタ」で見た1本目。カンヌ映画祭での評判は、イマイチ良かったんだか、悪かったんだか、テレビのワイドショウ見ててもわからなかったね。
[2007/06/17 02:52] ひらりん的映画ブログ
大日本人
松本人志、第1回監督作品。ドキュメンタリータッチで描かれた本編は、序盤こそ淡々としているものの、ストーリーが進むに連れて、どんどん笑いのツボを刺激された。カンヌ国際映画祭では、上映中に席を立つ人もチラホラいたそうだが、それもそのはず。この映画は松本人志と
[2007/06/17 10:28] Tokyo Bay Side
【2007-76】大日本人
『大日本人だよ!』
[2007/06/18 00:09] ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
大日本人
ダウンタウンの松本人志氏が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。話題になってますねー、この映画。映画館で鑑賞。都内に一人暮らしをしている平凡な中年男・大佐藤大は、高圧電流を浴びて巨大化する特殊能力を代々受け継ぎ、その力で正義のヒーローと
[2007/06/18 12:36] 映画、言いたい放題!
映画「大日本人」
映画「大日本人」に関するトラックバックを募集しています。
[2007/06/22 00:36] 映画専用トラックバックセンター
映画「大日本人」
2007年41本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。松本人志監督デビュー作品。独自のお笑い哲学でその道をストイックに探求し続ける孤高のお笑い芸人、松本人志。これまでにも、コントなどの形で映像分野でもその才能を発揮してきた松本人志が満を持して放つ注目の第1回監..
[2007/06/22 00:36] しょうちゃんの映画ブログ
真・映画日記(1)『大日本人』
6月2日(土)◆460日目◆この日は池袋で松ちゃんとたけしの映画をハシゴ。まずは松ちゃんの『大日本人』を「シネマサンシャイン」で見る。ところどころで笑える箇所もあるが、全体的に映画監督1年生の作品かな。カンヌは早すぎたね。電流を浴びて巨大化する「大日本人」を代
[2007/09/11 21:10]           
大日本人-(映画:2008年7本目)-
監督: 松本人志 出演: 神木隆之介、竹内力、UA、松本人志、板尾創路 評価:70点 んん?神木隆之介ってどこにでてた? あの赤ん坊怪獣か? 松本人志の初監督作品と言うことで期待して見たのだが、結論から言えばDVDレンタルにしておいてよかったというところ...
[2008/01/23 00:24] デコ親父はいつも減量中
mini review 07275「大日本人」★★★☆☆☆☆☆☆☆
ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。映画配給会社の松竹とタッグを組み、映画製作に乗り出した吉本興業の第1作目でもある本作は、松本自身の考える“ヒーロー像”を描いた異色作。脚本は松本の盟友で人気放送作家の高須光聖との共
[2008/02/25 16:55] サーカスな日々
大日本人
 コチラの「大日本人」は、ダウンタウンの松本人志の監督デビュー作となったコメディ映画です。第2弾の「しんぼる」は、1カ月フリーパスの期間中だったこともあって映画館で鑑賞したのですが、これはず~っとスルーしちゃってたんですよね~。  なんかあんまり評判良さ...
[2009/12/27 17:40] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
松本人志 UA 竹内力 / 大日本人
ワケもなく訪問介護 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの中村雅俊担当、ブロッケンです。 松本人志監督・主演の映画『...
[2010/01/29 19:10] 中川ホメオパシー 
大日本人
07年/日本/113分/コメディ/劇場公開 監督:松本人志 企画:松本人志 脚本:松本人志 出演:松本人志、竹内力、UA、神木隆之介、海原はるか、板尾創路 <ストーリー> 有事の際に政府の依頼を受けてピンチを救う男・大佐藤の戦いの日々をドキュメントタッチで...
[2011/06/19 02:38] 銀幕大帝α
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!