人生は小説より素晴らしい~『主人公は僕だった』
20070522140127.jpg


 STRANGER THAN FICTION


 国税局に勤めるハロルド・クリック(ウィル・フェレル)は、規則正しく毎日同じ生活
を繰り返して生きている真面目な青年。そんな彼が、ある日「声」を聞く。彼の生活を
文学的に描写するその声により、自分の人生があと僅かだと知らされたハロルド。そ
のとき、彼が取った行動とは? アメリカの人気コメディアンであるウィル・フェレル
の主演映画は初見。豪華なキャストと、毎回全く違った作風の作品で楽しませてくれる
監督のマーク・フォースターに惹かれて鑑賞。心温まる素敵な作品でした。あまり話題
になっていないようだけれど、見逃すともったいないかも?!

 監督のマーク・フォースターによると、この映画は監督の前々作ネバーランドと前作
ステイとで一種のトリロジーを成しているそう。ええ~、全然作風が違うのに!と思い
きや、現実と作家の作り出すファンタジー(空想)が融合した寓話的な作品であるところは
『ネバーランド』と共通しているし、空間の使い方や格子状の窓、壁、鏡が効果的に多用さ
れているところ、大学に主人公が出没し、救いを求める
ところは『ステイ』と共通している。
そして「死」、もしくは「生と死」が重要なファクターであるところは三作に共通している。
ちなみにプロダクション・デザイン『ステイ』と同じケヴィン・トンプソン。「死」に傾
きつつある作家カレン・アイフル(エマ・トンプソン)ハロルドの部屋は無機質で冷たい
ビジネスホテルのような空間に、「生」の象徴であるアナ(マギー・ジレンホール)の部屋
やベーカリーはカラフルで温かみのある空間である対比が効いていた。

20070522140249.jpg

 キャストが皆いい。神経症的な孤高の作家を演じたエマ・トンプソンは、ほとんど
スッピンでパジャマのような着たっきり、悲劇作家の憂鬱を体現してくれている。ハロ
ルドにアドバイスする大学教授のダスティン・ホフマンも、コーヒーを飲みまくる様
も面白可笑しく、さすがの演技。ジェイクのお姉さまマギー・ジレンホールに至っては、
今まで観てきた彼女の出演作の中で一番素敵に見えた。初めて彼女を「綺麗」だと思った
(ごめんなさい)「疲れ果てた一日の終わりには、ママのクッキーが一番」この場面に
は思わず。主演のウィル・フェレルは、抑えた演技でギターを弾く姿がいいと思っ
たけれど、やはりビジュアルがちょっと苦手かも。ジム・キャリーが演じたらどんな
感じだったかな・・などとちょっとだけ思ってしまった。

20070522140400.jpg

★以下、ラストに言及しています★

 人気作家のもとへは、しばしば「私のことをどうして知っているんですか?どうして私の
ことを書いたのですか?」
という手紙が送られてくるらしい。この映画はそんな手紙を逆手
にとったような、フィクションとノンフクションの境目が作家の手によって描かれ、主人
公の人生を左右するという突飛な発想がうまい。平凡な毎日を送っていたハロルドは「死」
の影を感じて初めて自分の人生に能動的になり、を知り、それでも芸術のために死を
受け入れようとする。一方、作家であるカレンも創作と言えど殺人を犯しているという
痛みに蝕まれ、10年も新作を書けないでいる。やっとひらめいた結末を、傑作よりも
作家としての名声よりも、人間としての良心に従い変更するラストに安堵した。

 自転車に乗る少年と求職中の黒人女性が鍵になって、小説のラストに繋がる設定にも
なるほど、という感じ。温かく、人生と人間をどこまでも肯定しようとする、希望に満
ちたラストに大満足
でした。『男と女』もチラっと、ね。

『主人公は僕だった』監督:マーク・フォースター
    主演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、
                   マギー・ジレンホール
/2006・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

[2007/05/22 14:15] | 映画 | トラックバック(21) | コメント(22) |
<<物語の海~『「愛」という言葉を口にできなかった二人のために』 | ホーム | 罪と罰~『マッチポイント』>>
コメント
真紅さん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございました♪
確かにハロルドはジム・キャリーが演じたら似合いそう!彼の方が見た目も素敵だし(笑)

この物語の発想はとってもイイ!!と思ったのですが、展開が中途半端に思えて、鑑賞中に少し退屈してしまいました。
役者さんは良かったのですが・・・特にエマ・トンプソンは流石でした。彼女の演技はいいですね~
マギーは口元がジェイクに似ていますね♪本作ではキュートな魅力が光っていました。
[2007/05/22 16:25] URL | 由香 #- [ 編集 ]
由香さま、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
でしょ、でしょ~!ジム・キャリーに演じて欲しかったです。
でもジムには『トゥルーマン・ショー』っていう似たテイストの作品があるので、キャストされなかったでしょうね。
この映画設定に入り込めないとダメかもですが、役者さんはよかったですよね。
ダスティン・ホフマンって最近脇役専門ですよね・・。エマ・トンプソン大好きです!
マギーお姉様は、昔より段々ジェイクに似てきてるような気がします(笑)
彼女もいい女優さんですよね~。
ではでは、またお伺いします~。
[2007/05/22 16:48] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さま~こんにちは(^O^)
確かに!!ジム・キャリーで見たかった!!
そうか~あのオジサマ、有名なコメディアンなのですね・・・。ちょいと苦手なルックスだったわ・・・。

小説家の処に、そんな一般人からの手紙が届いているってこと、真紅さまのところで初めて知りました。そうなんだー!!

ちなみに、ネバーランドのレビューも拝見させて頂きました☆
私は・・・ネバーランドも、いまひとつ・・・ピンと来なかったんです。回りでは絶賛の声ばかりだったのだけれど、、、、。まだ2つしか見ていませんが、もしや、あんまりこの監督さんと相性が良くないのかもしれないかな・・・。
[2007/05/22 17:03] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさま、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
でしょ、でしょぉおおお~、ジム・キャリー、いいですよね!
私もウィル・フェレルの主演作って初めて観ました。うんうん、苦手かな(笑)

一般人というか、まぁ・・・な方々だと思いますよ。
でも、小説と全く同じシチュエーションとか、感情とかってあり得ますよね。
私も「この作家は、どうしてこんなに(私の)気持ちがわかるんだろー(感動!号泣!!)」とか思ったことありますもん。
あ、手紙は出したことないですよ(笑)
そうですね~、『ネバーランド』も入り込めないとキツイかな?
でも『ステイ』は機会があれば是非ご覧になってみて下さいませ~。
テーマは一貫していますが、作風は全く違いますから。
ではでは、またお伺いします~。
[2007/05/22 17:30] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんばんは。いつもお邪魔が遅くなってごめんなさい。
流石、フォースター監督、やっぱり今回も面白い作品でしたね。
とにかく最初から最後まで、脚本がとっても巧い。
作品の構成も、どの人物の描写も、笑い出しそうなくらい面白かったです。
語り始めたら終われないです。。。
これは、観る方によって評価が違う作品だけれど、
わたしは大好きな作品でした。
[2007/05/22 21:34] URL | 悠雅 #- [ 編集 ]
悠雅さま、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
私もとても好きな作品でした。好みが分かれる映画だというのはちょっと意外な気がするくらいです。
まぁ、奇想天外な設定ですから入り込めないというのもわかりますよね。
ハロルドのお友達の部屋とか、美術もとっても好きでした。
あとは、もうちょっと男前の主人公・・・、おっと、それは言わない約束かも、ですね。
マーク・フォースター監督、今後も注目ですね!
ではでは、またお伺いします~。
[2007/05/22 21:47] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、
そうなんですか。これとステイとネバーランドが
3部作・・うーんなるほどといえばなるほどですねぇ。作風もイメージも全部違うのがスゴイです。
ダスティンホフマンのコーヒーネタがなんだか
おかしかったです。
この映画、作家の書こうとしてた結末通りに
終わっても実は悪くないかも?なんてちょっと
思う部分あります^^
[2007/05/23 10:29] URL | kazupon #mQop/nM. [ 編集 ]
kazuponさま、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
そうなんですよ、三部作って監督に言われないと気付かないと思うんですけど、なるほどですよね。
私も、ハロルドがカレンの小説に感動して死を受け入れる、芸術にそこまで敬意を払うってところにちょっと感動したんです。
で、おっしゃり通り結末通りに書いてもハロルドはそうはならなかった・・っていうラストでもよかったかも?です。
心温まる作品でしたね!ではでは、またお伺いします~。
[2007/05/23 19:38] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
「なんで自分のことしっているんですか」という手紙が作家のとこに来るとは知らなかったな~。そうだったのか。面白いですねえ。私はこういうの苦手なので、あんまりいい評じゃありませんが・・・TBしていいすか?
[2007/05/23 22:01] URL | chuchu #- [ 編集 ]
chuchuさま、いらっしゃいまし~。コメントありがとうございます。
そうらしいですよ、作家さんも大変ですよね。「私のアイデアを盗んだわね!」とか。
TB、全然オッケーですよ~、もうドンドン飛ばして下さいませ!
私も伺いますね。ではでは~。
[2007/05/23 23:52] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんばんはv-22
これと『ネバーランド』と『ステイ』が3部作・・・そうなんですか~・・・。
私はまだ実は『ステイ』を見ていないのですが、見てみたくなりました。それ以外の二つを考えると、確かに、創造性についての物語かもしれない、なんて思いました。
風変わりな設定の物語でしたが、とても良心的なエピソードが素敵でしたネ。
[2007/05/25 00:43] URL | とらねこ #.zrSBkLk [ 編集 ]
とらねこさま、こんにちは。コメントとTB、そして四葉のクローバーをありがとうございます♪
『ステイ』、ちょっとむむむ・・なところもありますが、是非ご覧になってみて下さいませ~。
きっととらねこさまは気に入られると思いますよ。
私もこういう変(?)な設定は結構OKなので、楽しめました!
心温まるいい作品だと思います。監督の次回作も期待してしまいます。
ではでは、またお伺いします~。
[2007/05/25 14:02] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さま、TBとコメントありがとうございました♪
この監督の映像に私は惹かれてしまいます。
誇張せず、淡々と話が進むところなど、ウォン・カーウァイを
無機的にしたような作風だと感じます。(ジュード・ロウ主演のコメディ楽しみですね)
[2007/05/27 16:50] URL | パフィン #2fJLHROY [ 編集 ]
パフィンさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
私は『チョコレート』は今ひとつ・・だったのですが、後の三作はどれも好きです。
映像、綺麗ですよね。
ウォン・カーウァイを無機的に・・。う~ん、凄い表現です!
初英語作品、どんな感じに仕上がっているでしょうね♪
ではでは、またお伺いします~。
[2007/05/27 19:29] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんばんは。
邦題でシカトしてたんですけど、
前評判がワリと上々だったので観ました。
最近はこういう設定勝負みたいな映画が多いですけど、
これは設定頼みになってなくてよかったです。
ただ、ハロルドのあの歯の磨き方じゃ、
すぐに虫歯にはなりますよね(笑)。
と、関係ないことも思ってみたり。ではでは。
[2007/05/28 19:50] URL | 栗本 東樹 #NozZD2n6 [ 編集 ]
栗本東樹さま、こんにちは。コメントありがとうございます。
これホント、観る気が失せそうな邦題ですよね(笑)
まだ直訳、というかカタカナ邦題のほうがマシかも?しれません。
ハロルド、実はデンタルフロスもしてたりしそうですね~。
ところで私、ルー大柴、大・好きですよ!!
関根勤がルーを好いているのに負けないくらい好きですから。
ではでは、またお伺いしますね。
[2007/05/28 20:32] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは。
TBが成功したかどうかはわかりませんが一応トライさせていただきました。
ダメな場合はまた後ほど・・・。
大好きな作品でした。
大切に引き出しにしまってたびたび取り出してはながめたい宝物みたいに。
アイディアの奇抜さだけに終わらずキッチリとテーマが描かれていますしたね。
地味な公開がものすごく残念!
[2007/05/29 18:06] URL | sabunori #JalddpaA [ 編集 ]
sabunoriさま、こんにちは~。コメントとTBをありがとうございます。
TB(コメントもなんですが)承認制にしたので、わかりにくくてすみません!
さて。この映画、私も大好きでした~。マーク・フォースター監督の映画って偶然!全部観てるんですけど、この作品が一番好きです!
こういう人生肯定ムービーっていいですよね♪
なんかちょっと『素晴らしき哉、人生!』みたいな・・。
この地味さは、邦題のせいですね。いい作品ですよねホント。。
後ほどお伺いしますね。ではでは~。
[2007/05/29 21:20] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんばんは、いつもお世話になってます。ゆきちママです。

今頃でナンですが、DVD鑑賞して記事にしたのでTB送りました。
ものすごく愛をこめて書いたのですが、読み返すと、またまた駄文のオンパレードになってました(涙)。あらすじばっか。

この作品の真紅さんの記事は、中身もいいですが、タイトルのコピーに参りました。さすがだー!

コメディアンとしてのウィル・ファレルはよく知りませんが、私はこのハロルド、大好きですi-80
[2008/01/16 03:15] URL | ゆきちママ #Qgbz5rXI [ 編集 ]
ゆきちママさま、こんにちは。コメント&TBをありがとうございます。
DVDでご覧になったのですね。気に入られたのですね、うれしい~♪
私もこの映画大好きで、昨年のベスト10に入れました。
地味であまり話題にもならなかった映画ですけど、オススメですよね~。
まぁ、駄文なんておっしゃらないで下さい。
素直に愛情を込めて書いたならそれだけで素晴らしいですよ。
楽しみに後ほどお伺いしますね~。ではでは!
[2008/01/16 09:37] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さま こんにちは
ほんとにこれ,はまる人にははまりますね。
不評な人には不評っぽいですけど。
登場人物がみんな 名優ばかりじゃないですか。
それぞれの個性もよーく描き分けてて。
ダスティン・ホフマンのコーヒー好きは可笑しかったですね。
エマ・トンプソンは,雰囲気のよく似た上司がいて,その方もとても素敵な方です。
そしてマギー。ショートヘアがとってもキュート。
確かに今までの彼女の作品の中では一番可愛いかった。
こんなふうに,人間や,人生について,あたたかく,さりげなく肯定してくれる作品って好きです。

[2008/02/04 16:51] URL | なな #- [ 編集 ]
ななさま、こんにちは~。コメント&TBをありがとうございます。
ご覧になったのですね。私も大好きな映画です。
昨年のベストにこれを入れてる方ってほとんどいなかったような気がするのですが、とってもいい映画ですよね?
名優の皆さん、きっと脚本に惹かれて出演されたのではないかな?
人生賛歌ですよね。こういう映画を観ると、映画も人生も素晴らしい!って思えます。
後ほどお伺いしますね、ではでは~。
[2008/02/05 09:21] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/233-de3a8964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
主人公は僕だった
予告を観て面白そうだったので鑑賞してみた―【story】国税庁の会計検査官ハロルド(ウィル・フェレル)は、ある日突然聞こえてきた女性の声に驚いた。その声は彼の行動を同時進行で描写している。そして、事もあろうにハロルドはもうすぐ死ぬ・・・と語ったのだ!不安に駆
[2007/05/22 16:17] ★YUKAの気ままな有閑日記★
「主人公は僕だった」 期待したよりは・・・
はてさて、最後はどうなるんだろう?と、そこが一番気になり、楽しみでもあったのですが、見終わってみれば、むしろ、ありきたりのつまらない変化のない毎日を送る主人公が、自分の命はもうすぐ終わってしまうかも!って
[2007/05/22 17:04] ポコアポコヤ 映画倉庫
主人公は僕だった
愛する彼女に‘フラワー’を…
[2007/05/22 21:18] 悠雅的生活
主人公は僕だった
なんとなく自分好みのニオイがしていた作品でしたが、予想以上に良かった!「もしどこかで書かれている小説の主人公が自分だったら」こんなワンアイディアの映画って面白いのが多いんですよね~。32歳のザック・ヘルムの手がけるユニークな脚本はこれが処...
[2007/05/23 10:36] It's a Wonderful Life
#75.主人公は僕だった
待ってました!ウィル・フェレルの新作。『プロデューサーズ』以来だわっ。にゃはえ、覚えてない?なんて、言いませんよね。あのヒトですよ、あのヒト。鳩と一緒にナチス敬礼してた、あのテンション高いあのヒト。あの時のウィル・フェレルは本当、面白かったぁ~。
[2007/05/25 00:33] レザボアCATs
主人公は僕だった
「STRANGER THAN FICTION」。これが原題。こちらの方が邦題よりずっといい。またしてもヘタな邦題でお客さん逃がしていませんか・・・?大好きな映画。作品のテーマが映画のラストで小説家によって語られるが、それはズバリそのまま私の人生のテーマと重なる。あまりにも私
[2007/05/29 17:59] 龍眼日記 Longan Diary
主人公は僕だった-(映画:2007年63本目)-
監督:マーク・フォースター出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ、マギー・ギレンホール評価:86点公式サイト(ネタバレあります)ちょっと前に「奥様は魔女」でニコール・キッドマンの旦那役で登場し....
[2007/05/31 23:41] デコ親父はいつも減量中
主人公は僕だった
 監督が「チョコレート」「ネバーランド」と一作ごとに異なる趣の映画を撮っているマーク・フォースター、主演は「プロデューサーズ」の強烈なナチ信奉者が記憶に新しいウィル・フェレルと聞いて異色の取り合わせがどう出るか?楽しみにしていた今作。(以下ネタバレビュー
[2007/06/04 16:24] 明け方シネマ
主人公は僕だった
几帳面すぎる毎日を送っている会計検査官ハロルド・クリックに、ある日突然、彼の行動を正確に描写する女性のナレーションが聞こえてくる。 声の主は、人気作家カレン・アイフル。10年の沈黙を破る最高傑作の完成を目前に
[2007/06/06 15:15] Cinematheque
『主人公は僕だった』
結びがステキ。でも、オチよりディテールなんだけどね。毎日決まりきった生活を送る国税庁の会計検査官ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が聞こえるようになり・・・。平凡な毎日を送っていた男が、どうやら自分は小説の主人公らしいと気づくなんて
[2007/06/07 12:30] かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
真・映画日記『主人公は僕だった』
5月30日(水)◆457日目◆朝、日記を書き更新するかしないか、という時に……書いた日記を消してしまった。。原因はケータイの誤動作。けっこうブルーだったねー。終業後、神谷町駅近くのスタバで日記の更新。午後8時、日比谷の「みゆき座」で『主人公は僕だった』を見る。
[2007/09/11 21:06]           
主人公は僕だった
 『男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。』 コチラの「主人公は僕だった」は、5/19公開になった&quot;人生のストーリーを書き直したいすべての人に贈る、奇想天外で心温まる感動作。&quot;小説の世界と現実が交錯する不思議なコメディなのですが、早速観て来
[2007/09/28 23:22] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
主人公乱射
「主人公は僕だった」 「松ヶ根乱射事件」
[2007/12/29 15:18] Akira\'s VOICE
主人公は僕だった
はいはーい、予告をするとほとんどそれを裏切る、嘘つき?ひねくれ?ゆきちママです(汗) ななさんへのコメント返しで、ヘンな弱音を吐いち...
[2008/01/16 03:08] ゆきちママの素直なキモチ
≪主人公は僕だった≫(DVDレンタル@2008/01/02@003)
主人公は僕だった   公式HP   詳細@yahoo映画 ちょっと設定が面白そうだなと思って観た作品 最初の数字が現れるデジタルな感じは好きだし面白いなぁ …と思いながら観てたんだけど、途中からちょっと退屈に… 脚本は素晴らしいと思うけど期待した分...
[2008/01/23 16:59] ミーガと映画と… -Have a good movie-
主人公は僕だった
もしも,自分がある小説の主人公で,一人の作家によって自分の運命が決定されるとしたら・・・?なんて不思議で,独創的な設定のストーリー!ファンタジーやコメディはいまいち大好物ではない私だけど,仲良しブロガーのゆきちさんが,どても感動したとオススメしてくださ...
[2008/02/04 16:40] 虎猫の気まぐれシネマ日記
主人公はイラブ似だった「主人公は僕だった」
ある日、自分の生活についてのナレーションが聞こえてきて…「主人公は僕だった」をレンタル。 主人公のハロルドにドドッと感情移入。めちゃ良かったです。 オープニング、エンディングもしゃれててグッド! またも主人公の声(吹き替え)、山ちゃん(山寺宏一)。...
[2008/02/08 22:10] 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」
mini review 08283「主人公は僕だった」★★★★★★★☆☆☆
もうすぐ自分の人生が終わってしまうと知った男が、死を阻止するために奔走するファンタジードラマ。監督は『ネバーランド』の名匠マーク・フォースター。自分の人生が有名作家の小説の中で進行していると気づく主人公の男ハロルド・クリックを『プロデューサーズ』のウィ...
[2008/04/04 22:59] サーカスな日々
主人公は “2人” だった●主人公は僕だった
キャッチャーなタイトルが、作品をミスリードさせる。 『Stranger Than Fiction』 主人公は僕だった - goo 映画 平凡で面白みのない男、ハロルド。...
[2008/05/23 04:40] Prism Viewpoints
映画『主人公は僕だった』
原題:Stranger than Fiction 事実は小説よりも奇なり、というけど、小説の主人公がそのまんま僕だったなんて、いかにも嘘っぽくて期待しなかったけど~意外に面白くて感動的な物語~ 主人公は国税局に勤め几帳面で計算にも強いハロルド・クリック(ウィル・フ
[2008/10/18 01:52] 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
『主人公は僕だった』\'06・米
あらすじ毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数だけ歯を磨き、同じ歩数でバス停まで歩き、毎晩同じ時間に眠る会計検査官のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)。そんな几帳面すぎる毎日が続くある日、彼の行動を正確に描写する女性の声が彼の耳に聞こえてくる。その声の主は...
[2008/10/29 07:03] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!