4回目鑑賞、あれこれ~ブロークバック・マウンテン#7
 5月も半ば、BBMの上映もいよいよ今週限り、という映画館も多い。4回
目の鑑賞、ミニシアターだけど半分以上は埋まっていて驚いた。「もう一回観
ておきたい!」
っていうリピーターの人が多いのか? 男性のお一人様が目立
つ。整理番号一番、いつものように最前列中央をゲット。

 今日は二人の再会後、山で話し合う場面から号泣モード。寝転がって月を仰
ぐイニスの穏やかな表情。どうしてこんなに好き合っているのに一緒になれな
いのか・・・。終盤まで鼻水垂らしながら大泣きしてしまった。というのも今、
ジェイムズ・ボールドウィンの『もう一つの国』を読んでいる。今四分の一く
らいまで進んでいるが、これが何と言うか・・行きの電車の中で読みながら、
既に泣いてしまっていたのです。泣きのスイッチが入ってしまっている状態だ
った。

 初見時からずっと思っていること。ジェイクって睫毛が長過ぎる。特に下睫
毛。長過ぎて時々マルコム・マクドウェル@時計じかけのオレンジ、に見えて
しまうのは私だけだろうか? あの黒い帽子といい・・。
 ついでにもう一つジェイク、もみ上げ&髭はいいけれど、もみ上げ髭ナシは
似合ってない!
 イニスの「離婚成立」にうれしくて鼻歌まじりのシーン、あ
のジャックだけはイケてない! あれだけは「コント仕様」と言われても逆ら
えない。大地真央主演の舞台『ローマの休日』で理髪師役だった時の井上順に
見える
(すごくわかりにくい例え)。
 そのせいか(いや違うと思うが)、ヒースってめっさカッコイイ~と思う。
トラックから降りてくるイニス初登場シーンは勿論(うわ、足長~)、ブロー
クバックでのイニス、馬に乗る姿が超決まっている! 背筋がピンと伸びて、
全盛期の中田ヒデみたい(これはわかりやすいか?)。対してジャックは馬に
乗るとき「どっこいしょッ」て感じのシーンがあっていつも笑ってしまう。
 笑ってしまうけれど、私はジャックが大好き。おんぼろピックアップを蹴飛
ばす初登場シーン、心を開いて話すイニスに聴き入りながら、うれしくて口角
がググ~っと上がるところ、拗ねて体育座りするイニスを迎えに行くやさしさ、
シャツを盗んで、自分のと重ねて、20年間も大切にしまっていたけなげさ。
でもやっぱり一番好きなのは、テント二夜目のジャック。おずおずと入ってき
たイニスを包む、やさしさ、切なさ、悲しみ、欲望が入り混じった碧い瞳
最高に美しいシーンだと思う。

 最後にエンドロール。”In loving memory of Geraldine Peroni”これは
ゴールデン・グローブのスピーチでアン・リーが「ジェラルディン・ペローニ
の冥福を祈り・・」と言っていた、亡くなった編集担当の方のためのクレジッ
トなのですね。・・合掌。そして”for Sheen Lee”の文字。エントリBBM
#6で『父性』について書いたけれど、アン・リーはこの映画を「父のために
作った」と語っている。彼が(BBM完成前に亡くなった)お父様のために、
この映画に込めたメッセージとは何だったのだろう・・? 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブロークバック・マウンテン - ジャンル:映画

[2006/05/12 11:44] | ブロークバック・マウンテン | トラックバック(0) | コメント(14) |
<<コメンタリ・マジック?~『ムーンライト・マイル』再見 | ホーム | BBMはなぜ普遍的な愛の物語なのか?~ブロークバック・マウンテン#6>>
コメント
真紅さん、こんにちは。
コメントとTBありがとうございました、レスしてありますので。
4回目の鑑賞記、楽しく拝読しました。ジャックの「コント仕様」、苦笑しながら同感です。

「もう一つの国」を読んでらっしゃるのですね。私も久々に再読中ですが、2部に入ったら進まないのなんの、困ってます。ジェイクの愛読書なんだから、なんとか読破して感想を書かないといけないのに~。
[2006/05/12 12:56] URL | びあんこ #w4Ib0zSU [ 編集 ]
 びあんこさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
TBやっと届いたみたいでめっちゃうれしいです。よかった。。
『もう一つの国』は、もちろんびあんこさん宅で存在を知り、ぐりさんのレビューを読んで「自分も絶対読みたい」と思ったんです。
でも、この本絶版なんですね・・。図書館の書庫から出してもらいました。
手元にあるのは1980年発行の集英社世界文学全集83、ボールドウィンです。
訳は野崎孝氏、いまのところ訳文に違和感はあまりないです。
読了したら私も感想をアップするつもりです。
びあんこさんのエントリも楽しみにしております。もうすぐBBM#100ですね~、その節はお祝い(?)に馳せ参じます。
ではまた遊びにいらして下さい。ありがとうございました。
[2006/05/12 14:53] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは~コメントありがとうございました!
ステキなブログに感動!そして目からウロコの深い考察の数々・・・すごい!さらに文章がうまくてうらやましいです~私も真紅さんのように書けたらあんなおバカさんなブログになってなかったかも(笑)

ジャックはかわいいなと思いつつもイニス寄りな私ですが(笑)、3回目を観てジャック役のジェイクの演技に唸ってしまいました(今まではイニス=ヒースに主に目が行っていたと思われ・・・)。イニスに向けるまなざし、悲しみに満ちた表情・・・もう胸をぐぁしぐぁしと締めつけてくるんですよね~愛すべきジャックです☆
またお邪魔させていただきますね~
[2006/05/13 00:43] URL | kabio #- [ 編集 ]
kabioさん、こんにちは。いらっしゃいませ~
コメントありがとうございます!お褒めいただいて恐縮です。うまいなんてとんでもないですが。。
ずっと内向き(というか自分のためだけに)書いてきたので、もっとopen doorな文章が書けるようになりたいと思っているところです。
私もkabio's eye楽しみにしてるファンの一人です。こちらこそまたお邪魔しますね、よろしくお願いします。
ありがとうございました。
[2006/05/13 02:53] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さんこんにちは。
もみ上げ、激しく思います。自分のブログに”気になるシリーズ”でいつか書こうと思っていたくらいです。二人とも途中でもみ上げになっていますが、あの頃に流行?プレスリーか?変です~。
でもジャックは大好き!!真紅さんの~おんぼろピックアップの~から始まる文章激しく激しく同意します(鼻息!)失礼しました。
[2006/05/13 07:30] URL | しじみ #- [ 編集 ]
しじみさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。コメントいただけるとホント、うれしいです。
もみ上げ、同意していただけましたか? ジャック派の方には顰蹙買うかな~とも思いましたが(笑)
ジャック、いやジェイクの碧い瞳は本当に美しい・・というか魅惑的、でしょうか? あの眼が胸に焼き付いて離れません。
また遊びに来て下さいね。ありがとうございました。
[2006/05/13 10:28] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、はじめまして。
びあんこさんのところからやってきました。いろいろなブログを読んでいますが、やっぱり皆さんすごい~~~としかいいようがありません・・・。
真紅さんの洞察は鋭くて、身悶え・唸りながら読ませていただいてます(なんか文が変ですが)

しかしあのもみあげ。公開前にあの頃のシーンの写真をよく雑誌で見かけましたが、わたしも正直「・・・」と思っていました。でもあのもみあげをもってしても、わたしたちのジャック(ジェイク)への愛を変えることはできないのでございます。イニスのように、ジャックが夢に出てきた、なんてことも今後あるかもしれません♪
それでは今日はこのへんで。またお邪魔させてくださいね。
[2006/05/14 13:30] URL | かいろ #- [ 編集 ]
かいろさん、はじめましてこんにちは。拙ブログにお越しいただき、コメントありがとうございます!
もみ上げ問題、今のところ同意していただける方ばかりでホッとしてます(笑)
ジェイクに夢で逢えるなら、是非もみあげナシでお願いしたいですね。またジェイク愛を語ってください。
ではでは。また遊びに来て下さい、お待ちしてます♪
[2006/05/14 19:08] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
はじめまして、真紅さん。いつも読ませていただいてます。真紅さんの感受性の鋭い文章大好きです。

いや~確かにイニスもといヒースはかっこいいですよね。特に馬に乗る姿すごくかっこいい!ジャックじゃなくても見惚れる。
馬に乗るのって本当に大変なんですよね。私などジャックのどっこいしょどころか、半分よじ登ってるような始末でした。うう、かっこ悪ぅ~。
あと、私もあのもみ上げはイケてないと思います。あの時代の流行?にしても…。

テントでの2夜目のシーンでのジャックを観ると私はダヴィンチの絵画を思い出します。ジェイクの口元がダヴィンチの描く人物の口元に似てるからかもしれないんですが。何故か宗教画的なイメージがボーっと浮かびます。なんででしょう?(って人に尋ねても…)
そして、あまりに美しいシーンなんで、一時ファンの間で話題になっていた、セリフをどちらがしゃべってるかを聞き分けようとしていても、画面に観入ってしまい、どうしても聞き分けられません。困ったもんです。
[2006/05/15 02:08] URL | ライチ茶 #- [ 編集 ]
ライチ茶さん、はじめましてこんにちは。拙ブログにお越しいただき、コメントありがとうございます! びあんこさん宅で私もライチ茶さんのコメントは拝読しております。お話できてホント、うれしいです。
もみあげ、日本版DVDでは少なめにCG処理してもらいましょうか(笑)
テント二夜目のジャックは、ホント神々しいですよね~。。ライティングが絶妙なせいでしょうか? 宗教画、うんうんわかるわかる。
4回目の鑑賞の時、耳ダンボにしてたらジャックが”Come on”って言ってるのが聴き取れましたよ。
またお話しましょう。ありがとうございました。
[2006/05/15 02:45] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは。またこちらにおじゃまさせてもらってます。
前回キャシーについて書かれていた回にコメントさせていただきましたが、実はあれは書かれた日付を1ヶ月間違っておりました。
もう6月だと言うのに5月だと思っていたのですね。(で、最近のブログかと....)

で、遡って1回目から読ませていただいています。
今回、お気に入りのジャックのシーンにすごく納得したので、書かずにいられなくなりました。
ピックアップを蹴飛ばすところ、口角がキューッとあがる顔、体育すわりのイニスに向かうところ、どれもこれも私のツボです。ジャック、なんてかわいいの!
ついでにイニスの登場シーンと、ジャックが「仕事がきつくてやだ!」とすねたので仕事を交代して(くわえタバコでチッチッと舌で合図して)馬で出かけて行くところ、このイニスにもほれぼれしました。

そして、モミアゲについても「はれれ~?」ですね(笑)「こういうのが流行りだったのか?大人の男はモミアゲをのばしたのか?」って疑問だったのですが、それにしても鼻歌を歌いながらの車中のシーンは、顔がみょーに長くてなんだか....。で、「井上順」に思わずひざを叩きました。誰かに似てると思ったら(笑)

ついでに、ジャックの歩き方も変ですよね? なぜかいつもひょこひょこしてると思うのですが。4年ぶりの再会の時に車から降りて歩いてくるところや、メキシコで闇に消えていくところや、あとどこだったか忘れましたが、これは演技なのかそれともジェイクの歩き方なのか、見るたびに気になってしまいます。
あ、ジャックの下まつげも同感。そしてあの瞳にはイニスじゃなくてもとろけてしまいそうです。

今頃古いブログにコメントするのもなんですが、ちょっと書きたくなってしまったので。また、続きを読ませていただきます。
(あ BBM#6は内容が難しすぎてコメントできませんでした(笑))
[2006/06/09 21:18] URL | spring-n #1fN/OmPY [ 編集 ]
spring-nさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
古い記事でも、いつでもコメント大歓迎ですよ。
「井上順」に同意下さったのは、spring-nさんが初めてです(笑)
ジェイクっていろんな人に似て見えると思いませんか? それだけ表情豊かなのかな。
歩き方は特徴ありますよね。
ヒースの格好良さは、共演した某女優さん(ミシェルではない)が「見つめられたら膝から崩れ落ちそうだった」と語っているのをどこかで読みました。彼は誰でも口説き落とせるだろう、と。
『カサノヴァ』楽しみですが観るのがちょっと怖い、心を奪われそうで。ハハハ。
BBM#6は、冬ソナと村上春樹とBBMを絡めて語るという暴挙ですから、気になさらないで下さい(汗)
ではまた気軽に遊びにいらして下さいね。ありがとうございました。
[2006/06/10 01:38] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
カゴメは、終盤に出て来るジャックの両親がかなり好きなんで、
アン・リー監督の「父の為に作った」のコメントを聞いて、真っ先に浮かぶのはジャックの父親の姿ですね。
「やっぱの家族の墓に葬る」と言った時の、
苦渋と哀切の沁みた表情にグッと来たです。
[2006/10/24 00:03] URL | カゴメ #- [ 編集 ]
カゴメさま
最近になって、『父親三部作』と言われるアン・リーの初期の作品を観たのですが、アン・リーのお父様に対する深い深い思いが感じられる気がしました。
ジャックの両親はホント、素晴らしい演技だったと思います。特にジャックママには助演女優賞をあげたい。
ジャック父も、彼なりに息子を思っていたのですよね・・。その一言に思いが込められていると思いました。
[2006/10/24 09:07] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/23-bc8de277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!