BBMはなぜ普遍的な愛の物語なのか?~ブロークバック・マウンテン#6
 4月19日に、「”Addiction”ハマる”ことについての一考察~『BBM』と
『冬ソナ』
」というエントリをアップし、ずっと考え続けていた。
日参するブログに、「内田樹の研究室」がある。神戸女学院大学教授にして
武道家、映画評論家でもある内田先生のブログ。私は「おじさん的思考、おば
さん(または少女)的感性
」の持ち主である内田先生の愛読者だ。先生、いつ
もありがとうございます。
 5月2日の研究室のエントリは、「村上文学の世界性について」。先日フラン
ツ・カフカ賞を受賞した村上春樹の文学が、何故世界的ポピュラリティを獲得
しえたのか、について論じている。(私は村上春樹の愛読者でもあり、内田先
生は村上文学の数少ない理解者でもある)それによると、「父性の不在ゆえ、
村上文学は世界的になったという。

 父性、もしくは父の存在、父であることはBBMでも描かれているテーマだ。
考え続けていたところに、5月8日のエントリは「『冬ソナ』と村上春樹の世界
」。あまりのタイミングのよさに小躍りしたくなる。
 確かに冬ソナにおいて、『父(アボジ)の不在』は重要なキーワードである。
ここでは、冬ソナは「父の不在」という欠性態の上にかろうじて成り立つ物語
であり、それゆえ(村上文学と同じように)世界性を獲得しうる、ということ
らしい。
 ちなみに、2005年04月28日のエントリでも冬ソナについて語られており、
「同一情景再帰の手法」=「予定調和的な宿命」に、観る者が「既視感の眩暈」
を覚えて泣けるのだとされている。つまり「『偶然の再会』を何回も観せられ
ていると、『お約束』とわかっていながら癖になって泣けてくる
」という意味
だ。冬ソナの持つ中毒性、”Addiction”の正体は間違いなくこれだろう
 
 一方、BBMはどうか? BBMにおいても、『父の呪縛』は物語に大きな
影を落としている。(原作では、ジャックも父から幼少時に虐待を受けたこと
が描かれているが、映画ではイニスの体験のみが語られる)主人公たちが愛を
求め、お互いに恋焦がれながらもそれを失うのは、イニスが父の呪縛に囚われ
ていたことが大きいだろう。一見、この父性との関わりは普遍的なテーマに見
える。しかし、内田先生の説を採れば、「存在するものは存在することによっ
てすでに特殊であり、存在しないものだけが普遍的たりうる」つまり存在しな
い、あるいは「見て見ぬふり、無かったこと」にされていることがじつは普遍
的なことなのだ
。BBMは「父性が存在することですでに特殊」であり、ロー
カルでドメスティックな物語にしかなりえないことになる。

 ここでもう一度、村上春樹が何故世界性を獲得し得たのかについて思い出し
てみる。父性の不在。父という、世界をマップする存在なしで歩き出し、自分
なりの「手描きの地図」を作り上げる。これが村上春樹の「仕事」であり、こ
の「ささやかだけれど、たいせつな」「絶望的に困難」な仕事に共感する世界
中の人々が、村上文学を支持しているのだという。その勇気と孤高の精神は、
BBMの製作者たち(原作者アニー・プルー、監督アン・リー、そしてもちろ
んヒース&ジェイクら)に通じるものではないだろうか?

 彼らは自分達で「手描きの地図」を創ろうとしていた。二人のカウボーイの
愛という、今まで語られなかった物語を、必ず語られるべき物語だと信じて
我々に届けようとした。「父のいない世界において、地図もガイドラインも
革命綱領も『政治的に正しいふるまい方』のマニュアルも何もない状態に放置
された状態から、私たちはそれでも『何かよきもの』を達成できるか?」これ
が村上文学に伏流する「問い」であり、「挑戦」または「信念」でもあるだろ
う。BBMの製作現場にあったという独特の空気は、この物語が正しく語られ
るよう、それぞれがこの「問い」に対する解を模索し、信念を持って挑んだか
らこそ生まれたのではないだろうか。
 8年間の紆余曲折を経て、手描きの地図は書き上がった。だからこそBBMは
普遍的な(愛の)物語」として、多くの人々の胸に残る作品となったのだと
思う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブロークバック・マウンテン - ジャンル:映画

[2006/05/10 14:32] | ブロークバック・マウンテン | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<4回目鑑賞、あれこれ~ブロークバック・マウンテン#7 | ホーム | 女優は結婚しちゃダメ!~『小泉今日子の半径100m』『私一人』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/22-26c96aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!