fc2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅 (言葉を探す人)   ★劇場鑑賞した映画は Instagram にアップしています @ruby_red66

Netflixおすすめドラマ① 『クイーンズ・ギャンビット』~アニャ・テイラー=ジョイのアイライン(あるいはベス・ハーモンのナチュラル・ハイ)

          クイーンズ・ギャンビット

母の死後施設に預けられた少女ベス・ハーモンは、地下室で一人チェス盤と向き合う用務員と出会い、チェスに興味を抱く

1950年代~60年代のアメリカで類まれなチェスの才能を発揮し、上り詰めてゆく少女の十数年を描くNetflixオリジナルドラマシリーズ、全7話

ある理由から配信ドラマを観ることを自らに禁じているのですが、RottenTomatos100%フレッシュ、且つかのキング・オブ・ホラー、(ツイ廃)エンタメご意見番スティーヴン・キングをして
 
「今年は本当にたくさんの作品をテレビで観たけど、最高オブ最高はThe Queen's Gambit シカゴ7裁判に勝るものはないと思っていたけどね」
 
と(tweetで)言わしめたと知るや、観ないという選択肢はございません
そして、禁を破るに値する面白さでした
(ただし、個人的には映画館で観た シカゴ7裁判 に軍配を上げます)

この作品の一番の美点は、主人公ベスと「チェス」にしっかりとフォーカスし、余分なエピソードがないこと
そのせいかとても潔い印象が観了後に残ります
孤児、養護施設、養子というワードからは何となく暗い 「主人公がいじめられ、苦労する」 パターンを想像しますが、「チェスまっしぐら」 な本作のベスはある意味共感性の低いキャラクター(天才)であり、彼女を苦しめるのは薬とアルコールへの依存だけ
そして最終的に彼女がどう変わり、何を成し遂げるのかが描かれます

この特異なキャラクターを体現したアニャ・テイラー=ジョイがとにかく素晴らしい!
彼女を初めて観たのは 『ウィッチ』、その後Mナイトシャマラン作品を経て 『マローボーン家の掟』(好き♡)で要注目女優のマイリスト入り
1996年生まれで憧れた俳優は2人、その中の一人が我が推しシアーシャ・ローナンなんだとか!

ドッカーーーーーーン(好感度爆上がりの音)

一度観たら忘れがたい印象を残すファニーフェイス、バランスの悪いエマ・ストーンのようで、でもどこか気品漂う意志的な瞳(というか、デカ目)
ベスは口数が少なく(特に説明セリフは一切ない)、返事もロクにしないのですが瞳が全てを物語っている
これほど雄弁な瞳を持つ女優はそういないでしょう
回を追うごとに洗練されてゆく彼女のファッションも見どころの一つ
パリで着ていたワンピースなんか最高!ですよ

ベスと養母の関係性も新しい
つかず離れず、友情のような同志のような…シスターフッドと言ってもいいような親子関係
その養母を演じたマリエル・ヘラー、なんと 『ある女流作家の罪と罰』、『幸せへのまわり道』(どちらも佳作) の監督をされた方なのです!! ぎゃー、何それアメイジングすぎる!!!

そして懐かしの元子役2人も重要な役で登場します
『ハリーポッター』 シリーズでハリーをいじめた、いとこのダドリーことハリー・メリング
売れっ子なのか最近4作立て続けに出演作を観ました(うち3作はNetflix、半専属状態?)
すっかりスリムになって印象が変わり、いい性格俳優に化けそうでこれからの彼にも期待
もう一人は 『ラブ・アクチュアリー』 恋するサムことトーマス・サングスター(本作でのクレジットはトーマス・ブロディ=サングスター)
彼はハリー・メリングとは対照的に、子役の頃と顔が全く変わっていません
大人になったなぁ、でも髭を生やしても隠せない超童顔がかわい過ぎ!
ハリー・スタイルズ(好き♡)に似てる…と思いながら観ていました

まぁ何はともあれ、本作はアニャ・テイラー=ジョイの魅力に尽きます
マッドマックス 怒りのデス・ロード スピンオフで若き日のフュリオサを演じることも決まっている彼女、これからも要注目ですよ~!

Anya Taylor-Joy nation rise up! Let’s go!

 ( 『クイーンズ・ギャンビット』 主演:アニャ・テイラー=ジョイ/2020・USA/Netflix)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Netflix
ジャンル : 映画

2020-11-05 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ありがとう!
真紅さんへ。
スッカリご無沙汰です。
元気にしていらっしゃいますか?
あのですね、未だに「Netflix」加入を渋っていますが(笑)
「これからの人生」を切っ掛けに加入しようかと思案中。
そんな時、真紅さんのインスタの記事を読んで焦りました……。
明日、急遽「マンク」と「ヒルビリー・エレジー」を観ることに。
情報、ありがとうございます。楽しんで来ますね!

ブノワ。
2020-11-28 06:01 : ブノワ。 URL : 編集
どういたしまして。
ブノワ。さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
もう11月も終わりですね。。コロナに怯える毎日ですよ。
でも引きこもっていても後悔するので、観たい映画はなるべく観ています。
Netflix、いいですよ~。私は遂にドラマも解禁してしまいました。
『マンク』も『ヒルビリー』も配信されますが、やはり初見はなるべく映画館で、と思っています。
もうご覧になったかな? 『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』もオススメです。
2020-11-30 17:42 : 真紅 URL : 編集
No title
これは真紅さんおすすめで、Netflixで一番最初に見たTVシリーズです。
見応えのある素敵なドラマでした。
入会当初は他のTVシリーズに夢中でレビューは書かずじまいでした。

>最高オブ最高はThe Queen's Gambit シカゴ7裁判に勝るものはないと思っていたけどね...
Yes!ですね。
これかなり一気に近い感じで見ました。
アニャ・テイラー=ジョイはキャラにぴったりで、そうあのデカイ瞳が印象的でした。
今頃ですが、おすすめに感謝。
2021-09-18 00:33 : margot2005 URL : 編集
No title
margot2005さん、こちらにもありがとうございます。
うわ~、この記事読んでいてくださったのですね? うれしいですありがとうございます。
私もスティーブン・キング氏のおすすめで観たので、口コミって結構影響力ありますよね。
まぁ私の口コミはキング氏に比べれば月とアリンコくらい違いますが(笑)。
私もほぼ一気ミでした。アニャはすっかりハリウッド若手ナンバーワンに躍り出ましたね!
Netflix本当にもう止められませんね~。
『ザ・クラウン』と『ピーキー・ブラインダーズ』の新シリーズが今から楽しみです♪
2021-09-18 17:51 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Recent TrackBacks

Archives

Search this site

Thank You!