FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅   ★劇場鑑賞した映画はインスタにアップしています@ruby_red66

『Little Women/若草物語』 49年版、94年版

     IMG_0869.jpg

 刊行以来150年、一度も絶版になったことがなく何度も何度も映像化されているルイーザ・メイ・オルコットの小説 『Little Women/若草物語』。
2019年のグレタ・ガーウィグ版を観る前に、49年版と94年版の映画化作品を観た。
94年版は25年位前に観た記憶がうっすらとあるくらい。49年版は初見。

 94年版では四女エイミーを幼少期と成人後で別の女優が演じている。
幼少期のキルスティン・ダンストが圧倒的に(いい意味でも悪い意味でも)印象に残る。
この94年版はウィノナ・ライダー=次女ジョーが限りなく 「かわいい」。(ウィノナの映画だからね)
そして「美人」のはずの長女メグとエイミーの影が薄すぎる。(ウィノナの映画だから)
三女ベスのクレア・デインズも病弱なイメージではないし、クリスチャン・ベイル=ローリー、スーザン・サランドン=マーミーもちょっと違う(当社比)。
いい映画なんだけどキャストが合っていないと感じてしまった。
まぁ(ウィノナの映画だから)いいんですけど。

 49年版は刺繍の絵で構成されたオープニングタイトルが美しく、物語が始まる前から心を鷲掴みされてしまう。
オーバーアクトと感じてしまうほどおてんばでガサツなジョーはジューン・アリソン。
なんと彼女は32歳でこの役を演じたのだとか。。とてもジョーらしいけれど、がらっぱちな声に年齢が出てしまっていたかも。

この49年版の特徴は三女ベス、四女エイミーの年齢をひっくり返していること。
リズ・テイラーのエイミー、もう美し過ぎてハマり過ぎて眼福。
小さな末っ子ベスがおとなしくて儚げでかわいくて、この設定変更も悪くないなぁと思う。(原作ファンがどう思うかはわからないけれど)
そして長女メグはなんとジャネット・リー様ですよ! お美しい~♪
キャストがいいなぁ、ブルック先生もローリーも。私は94年版よりこちらのほうが好き。
エイミーと結婚したローリーに 「これからもずっと変わらないでいられるよね?」 と言われたジョーが
 「いいえ。男と女ですもの」 と返すのがいい。
少女時代に自ら別れを告げるジョー。ジーーーンとして思わず涙してしまった。

そしてもう一つ、この映画を観て驚いたのはエイミー=リズが洗濯バサミで鼻をつまんだまま眠るシーン(鼻つまみ者という自虐ネタなのか?)。
このビジュアルだけは憶えている。映像ではなく、子どもの頃雑誌か何かのモノクロ写真で観た記憶がある。
何故って、私も真似して洗濯バサミで鼻をつまんでいたから。

典型的な東洋人顔のわたし。ちいさな頃から鼻が低くて、祖母によく 「鼻筋をつまみなさい、高くなるように」 と言われていたほど(涙)。
懐かしく少し痛い記憶が甦ったのも、この映画が愛おしい理由なのだった。
キャサリン・ヘップバーン=ジョーの33年版も、いつか必ず観たい。

ちなみにシアーシャ・ローナン=ジョーのグレタ版は金曜日の初日から三日連続で鑑賞。
泣きすぎて月曜日は使い物にならなかった私。
ハマり映画のお約束でスクリプトもDLしてプリントアウト。
感想はまたゆっくりと(書けたら)。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2020-06-21 : Little Women : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
エイミーの洗濯バサミは鼻が低い事を気にして、だった気が(リズのエイミーではまったく説得力がないですが)。もしかしておばあさまも若草物語を読まれていたのかもしれませんね。
49年版のジョーはやけにクリストファー・コロンブス!を連発していましたが、今回の若草でも一回だけ言っていて(ワタシの聞き違いじゃなければ)、ウフフと思いました。
2020-06-21 21:21 : 猫茶園 URL : 編集
No title
猫茶園さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
「鼻つまみ者」なんて言い回しはアメリカ英語にはないですよね~(笑)。
今スクリプトを少しずつ読んでいるのですが、ダンスに行く場面でメグがジョーにいろいろ注意する中に、
「クリストファー・コロンブスって言わないこと」とありました。
ジョーの口癖なんですね~、それもあまりよくない口癖。
私はそう言ってる場面はわからなかったので、今度観るとき耳をそばだてたいと思います!ウフフ♪
2020-06-22 19:08 : 真紅 URL : 編集
No title
こんにちは~。
49年度版もご覧になったんですね♪セット感バッチリでしたけど、とても良かったですよね。
マーガレット・オブライエンはまさに「小さなベス」でしたね。エリザベス・テーラーのまあ!ゴージャスなこと!!
94年度版のクレア・デインズが上背もあって彼女の方がジョーっぽいのですが、あの悲しみのシーンにはヤラレマシタ。ベッドに赤い花びらを撒くシーンが今も記憶に残ってます。
ガブリエル・バーンの教授に胸キュン!(死語笑)でした。

グレタ版!すごい、もう3回もご覧になったんですね。
現在シーンと過去シーンが交互に描かれていることや、驚きは、ジョーと教授のラブシーンがああいうことになっているとは!!
まさにグレタ版ならではですね。オルコットへのリスペクトを強く感じました。ラストシーンもまさに新版ならではだと思いました。
2020-06-23 16:06 : 瞳 URL : 編集
No title
瞳さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうなんです、49年版はキャストがとっても好きでした♪
94年版、はおっしゃる通りクレアが身長があるので(ウィノナが小さいこともありますが)バランスがね。。
ガブリエル・バーン素敵でしたね。ベイルさん大好きなんですが若い頃より今の方が断然素敵と思いました。

で、グレタ版ですが。。
多分、今年のマイベスト1はこの作品になるかも。。(気が早すぎる?)
3回観ましたけどもう、毎日でも観てられますよ。
本当に素晴らしかったですね。先に49年版、94年版を観ていたことでより本作のユニークさが際立って感じられたせいもあると思います。
この映画への、シアーシャ=ジョーへの愛を語るには、『ブルックリン』『レディ・バード』から書き始めないと十分でない気がしています。
早く自分の言葉で感想を叫びたいです。
その折には一番に瞳さんのところに伺います!
引き続きお付き合いくださいませ♪
2020-06-24 13:02 : 真紅 URL : 編集
真紅さんも?(笑)
真紅さんへ。
こんばんは。お元気ですね?(断定・笑)
3日連続?それは凄いです。さらに記録は伸びているとか?
僕は1日置いて2回観ました……気に入ったのです。
実は、シアーシャ・ローナンって初めていいと思いました。
初めて愛らしいな……って。彼女、良くも悪くも現代っ子。
メアリー・ステュワートはもう少し時代を感じさせて欲しかったし。
でも、いい女優ですね、遡って作品を拾ってみようかな?
メリルの次世代は2人のケイトなんて言っていた時代もありましたが、
もうさらに次の世代が出て来た感じです(苦笑)

たった1回「7年前のこと」と出る以外は画面の色調で見せましたね。
その辺も非常に映画的だと思ったし、キャストのアンサンブルも良かったです。
ピュー嬢ってはじめに「ミッドサマー」観ちゃったので、
本当、カメレオンっていうか、実態がまだ分かりません(苦笑)
ところで、真紅さんも洗濯バサミで鼻を?(笑)
実は僕もやったことあるんです(爆)
だって、母方の叔母が「お前は小さい頃は鼻の穴しかなかった」って言うくらい、
鼻が低いことがコンプレックスだったんですもん(笑)
でも、リズじゃ説得力ないですね。しかも金髪は全く似合わないし。
スクリプト!読まれてどうでしたか?実際の作品との違いは?
また観賞する楽しみが増えたじゃないですか(笑)
ところで、ティモシーの「ティ」の字も出て来ませんが(笑)
きっとそれはまた今度のお楽しみでしょうか?
「デューン」……今から楽しみですね!
そうそう「ペイン・アンド・グローリー」ご覧になりました?
僕は今のところ今年のナンバーワンです!

ブノワ。
2020-06-24 19:45 : ブノワ。 URL : 編集
はい、私も(笑)
ブノワ。さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
元気ですよ(笑)。でもちょっと仕事が、、、大変です。

>実は、シアーシャ・ローナンって初めていいと思いました。
ありがとうございます^^
私は『ブルックリン』を観てシアーシャが一番好きな女優さんになりました。
実は私がティミー、ティミーと騒いでいるように皆さん思われているかもですが(笑、実際騒いでいますが)、
『Little Women』が楽しみだったのはシアーシャが主演、というのが一番です。
>2人のケイト
そうですね。お二人ともオスカー女優となりすっかり大御所の仲間入りですよね。
そして次世代はシアーシャが間違いなくトップランナーでしょう。
今、旬はフロピューかもですが、私は断然シアーシャ派です。フフフ
アカデミー賞ノミネートもされ、エイミー=フロピューが随分もてはやされていますが、いやいやシアーシャでしょ!←めっちゃ大声で言いました
映画についてはまた記事を書きたいと思います。
しかしいつのことになるのやら。。。トホホ
記録もまだ3回のまま伸びていないのです。もちろんまた観に行きますよ!

『ペイン・アンド・グローリー』、観ましたよ~。
おお、お気に召したのですね。
私はいつものアルモドバル節、と思ったのですが、美術や衣装に釘付けでした。
ほぼ監督の私物だそうで、、さすがですね。
めっちゃ目の保養になりました。あんなお部屋&衣装で暮らしたい~。
私のナンバーワンはもちろん『Little Women』です。
今年のベストかもしれません(気が早すぎ??)

真紅拝
2020-06-25 19:18 : 真紅 URL : 編集
No title
こんにちは!!
キルスティン・ダンスとウィノナ・ライダー思いだしていました。
洗濯バサミで鼻をつまんだまま眠るシーンはわたしも覚えてます。マンガで見たのかなって思いつつ、今はハウス世界名作劇場をAMAZONでみようって思っていました(笑)
2020-06-28 22:36 : Nakaji URL : 編集
No title
Nakajiさん、こんにちは~。コメントありがとうございます。
ウィノナ版懐かしいよね。
ハウス世界名作劇場だったのね。私が観てた頃はカルピス世界名作劇場だったから、アニメの記憶がないんだ。
おっと年がバレるぜ(笑)。
2020-06-29 13:41 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Archives

Search this site

Thank You!