FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

『スモーク』

スモーク




 SMOKE


 映画(DVD)のいいところは、時間を経て観返すことができること。新しい発見や解釈が出来て、より深く作品を知ることができる。そういう時、歳をとるのも悪くないと思える。

 原作は 『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』。原作者であるポール・オースターが脚本も書いているとは知らなかった。彼が投影されているのであろうスランプ中の作家はウィリアム・ハート。オーギーはもちろんハーヴェイ・カイテル。ウェイン・ワンによるこの名作、一体何年ぶりの再見だろう? デジタルリマスター版がリバイバル公開され、WOWOWで放映してくれたのだ。ミラマックス、ワインスタインの名前に、ちょっとギョッとする。Time goes by.

 これは自分の身体の一部(文字通りの意味でも、精神的な意味でも)を無くしてしまった人々の物語だった。何かが欠けている、それでも生きている人々の。そう、私たちみんなの物語。正直、クリスマスストーリーの部分しか記憶には残っていなかったから、アフリカ系の少年のエピソードなどすっかり忘れていた。自分の記憶って本当に当てにならない。

 しかし、ハーヴェイ・カイテルよ・・・。オーギーと盲目の老女とのふたりきりのクリスマスは、映像として記憶に残っていた。まさかそれが、彼の語りによってもたらされていたとは・・・! 14年前の出来事を語るハーヴェイ・カイテルの演技は、演技を超えて私を物語へと引き込んでいく。小汚いカフェのテーブルに座って、身振りを交えながら掠れた声で語るオーギーから、目が離せない。これは演技なのか? そうだとしたら神! 神演技と言うしかない。くわえ煙草のウィリアム・ハートも素敵だけれど、ハーヴェイ・カイテルの凄さを改めて感じたひと時だった。

スモーク2

スモーク3

スモーク4

スモーク5

 ( 『スモーク』 監督:ウェイン・ワン
         /主演:ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート/1995・独、日本、米)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
ジャンル : 映画

2018-05-29 : DVD/WOWOW : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!