映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

I remember everything. ~『君の名前で僕を呼んで』#4

君の名前で僕を呼んで4

 アカデミー賞脚色賞を受賞した本作、もちろん字幕版にて鑑賞。字幕翻訳はあの松浦美奈さん。ブロークバック・マウンテン(BBM) を訳した方です。

 BBMではイニス最後のセリフが意訳され興醒めだったけれど、本作ではオリヴァー最後のセリフが名訳だと話題になっている。 「何ひとつ忘れない」。 まぁ、「全て思い出した」 だとジェイソン・ボーンになるので(笑)。

 エリオの家庭はイタリア語、英語、フランス語、ドイツ語はもちろん、ヘブライ語も解するマルチリンガルな環境。一人っ子のエリオは本を読んでクラシックを編曲して、ピアノを弾く。理解のあり過ぎる両親のもと、何でも知っていて早熟だけれど、反抗というものをしない。親は 「何でも話しなさい」 と読み聞かせ&膝枕。17歳でこれ? と驚く。しかしくるくる回ったり、泣きながら 「迎えに来て」 と電話したり、まだまだ子どもだな、とも感じる。

 この物語に、私は 「パールマン教授黒幕説」 という仮説(?)を立てていた。オリヴァーを招き息子に引き合わせ( 「エリオ/オリヴァー、オリヴァー/エリオ」 )、湖から引き揚げられた彫刻をオリヴァーに刷り込む(彫刻をなでるオリヴァーの指の動きと、秘密の場所でエリオに触れる彼の指のうごき!)。彫刻のスライドを見ながら 「欲望を喚起する」 とまたまたオリヴァーをけしかける(その時のオリヴァーの表情、いいですね)。そして、、、夏の終わり。傷ついた息子に向けた、あの言葉。穏やかに。敬意を払って。眼鏡を外して。一言一言が沁みて、沁みて・・・。
涙が溢れる。このセリフが聴きたくて、私は何度も劇場に通ったのかもしれない。やっぱり黒幕ですか(笑)。

 彼は父親として、自分が逃してしまった歓喜を息子に与えたかったのだろう。「ママは知ってる?」 と聞かれ、少しの逡巡ののち 「知らないと思うよ」 と答える。その母も、エンディングの 「エリオ、、、エリオ?」 が素晴らしかった! その呼びかけ方が、傷ついた息子をさりげなく気遣っていて。やさしく、やさしく響いて。自分もあんな母親になりたかったと思う。

 映像や音楽の美しさで観過ごしてしまいがちだけれど、エリオとオリヴァー、ふたりの表情はとても雄弁で細やか。レイバンでは隠しきれない、互いへの渇望。そして、文字通り絶対に忘れられないあのエンドロール。” I remember everything.” 何ひとつ忘れない。私も、何ひとつ忘れたくない。奇跡のような傑作だと思う。

続く。 Later!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2018-05-12 : CMBYN : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

知らないことを知っている。
真紅さんへ。
またまたこちらにも。
エリオは大事なものを知らない……。
そのことを知っていましたね。そこが重要です。
その大事なものを求めた先にオリバーがいる訳ですが……。
毎年〜別荘に招く学生を夫婦で選ぶでしょう?
美女だと母が嫉妬し、ハンサムだと夫が嫉妬する。
普通はそうなんだと思いますが、
パパったらお母さんは知らないって言っていましたが、
僕は知っていると思います(笑)
もうそんなことは超越しているんじゃないでしょうか。
もっと重要な、芸術の部分での結びつきも大きいし……。
僕はね、桃のシーンがダメだったんです。
「ムーンライト」の夜の砂浜のシーンあったでしょう?
終わった後に砂でさりげなく手を拭うシーン……。
あぁ言うのが好き。センスいいと思う。
何一つ忘れない……そうなんですよねぇ。
僕も大事なことは何一つ忘れていませんもん(笑)
まだ続くでしょう?楽しみにしています!

ブノワ。
2018-05-13 07:33 : ブノワ。 URL : 編集
ブノワ。さん、こちらにもありがとうございます。
私も、お父様が「知らないと思うよ」と言ったのは息子への思いやりだと思っています。
息子にしたら母親にはちょっと知られたくない秘密ですよね。。
しかしあのお母様が気付かないわけがない(笑)。
て言うかそのあたりがエリオくん、まだまだ青いな(笑)。
あの一家に私が感じたのは「余裕」ですね。
経済的なところももちろんですが、多様な文化と豊富な教養からくる余裕というか。。
余裕があるから周りはもちろん、我が子にもやさしく、寛容になれますよね。
私もそういう母親になりたかったです。
桃のシーン。。あれは「引く」方が多いかもですね。
私も最初は「ギョギョギョ?」となったのですが、3回も観ると慣れましたね。
『ムーンライト』、観た当時はあまり好きではなかったのですが、今思い出すといい映画だと思えます。
取りあえずあと1回は観に行きたいですね。
続きがあるならその後かな。。
またお伺いしますね!
2018-05-13 18:19 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!